彼氏との恋愛を長続きさせよう!倦怠期を乗り越える4つの方法

shutterstock_169960775

「付き合いたては彼氏とラブラブだったのに、何故だか最近は冷めてしまい倦怠期かもしれない…」そんな経験はありませんか?出会った時のドキドキ感がいつまでも続くなんてことは珍しく、多くの場合は共有する時間と共にときめきはなくなり、二人の間の情熱も落ち着いてきてしまうものです。

今回はそんなカップルの危機である倦怠期を上手に乗り越える方法を紹介していきましょう。その方法をマスターすれば、永遠にラブラブなカップルで居続けることも夢ではありませんよ。


常に関係に刺激を与えてお互いに変化を楽しむ

倦怠期を上手く乗り越えるには、常に二人の関係に刺激を与えて、お互いに飽きる隙を作らないことが大切でしょう。

マンネリ化を防ぐには旅行に出掛けたり外食に出掛けるなどが一般的ですが、さらに強い刺激を与えたい場合は、呼び方を変えてみたり、二人の間の約束事を増やすなどがおすすめです。

呼び方を変えることで一つの設定を作ることになるので新鮮な気持ちになります。また、「新しく交換日記を始める」、「お風呂は一緒に入ることにする」などの約束事を増やすと、二人の生活に新しいハリが生まれます。

新しい呼び名や約束事の内容そのものは、実はあまり関係ありません。設定を作ることによって気分が変わり、リフレッシュすることが出来る効果があります。目先を変えるというのは重要なことでしょう。

時間の都合がつくのであれば、会う場所や会う時間帯を変えてみるというのも効果的です。時間によって相手の表情も変わって見えますし、「休日スタイルしか見たことがなかったけど仕事中のスーツ姿が新鮮で格好良い」と、新しいときめきが生まれる可能性もあるでしょう。

いい意味で馴れ合わず良い距離を保ち続ける

長年連れ添ったカップルというのは、もうお互いのことを知り尽くしてしまいパートナーの存在に馴れてしまっていることが多いです。お互いのことをよく理解するのは悪いことではありませんが、距離感がゼロになってしまうと、恋人というよりは家族のような印象になり、ドキドキ感も薄れていってしまうでしょう。

そんな事態を避けるためにもいい意味で馴れ合わないというのが大切です。パートナーにすべてをさらけ出してしまうのではなく、小出しにすることで「意外とこんな趣味があったんだな」とか「違う一面が見れて新鮮」と思ってもらえ、飽きられるということがありません。

多少ミステリアスな部分があった方が人は魅力的に感じますし、「相手の知らない部分を知りたい」という思いを抱くことは倦怠期を退かせることにも繋がるでしょう。

ただ、意外な趣味や新しい一面なんてものはそういくつもあるものではないので、恋人を飽きさせないためには常に新しい趣味を探し、敏感にアンテナを張っておくような努力が必要でしょう。

いつまでも恋心を忘れず「片思い」を持続する

片思いをしている時は、相手を振り向かせるのに必死になるものですし、相手を前にした時のドキドキ感やときめきは大きなものだったでしょう。

しかしいざお付き合いを始めると、片思い中のときめきは消え去り遠い思い出のものとなってしまいます。倦怠期を乗り切るためには、「片思い中の気持ちを忘れない」というのが大切であり、片思いの必死な気持ちを持続させることが、マンネリ化を防ぐ近道ではないでしょうか。

付き合って数年経つとお互いに遠慮がなくなりお化粧もオシャレもしなくなることが多いようですが、それは危険な兆候です。

「こんな格好で会ったら嫌われるかもしれない」

「幻滅されたくないし常に格好良いところを見せたい」

などの危機感や見栄を持ち続けることが重要です。何年も同じ相手に恋をし続けるというのはすごく素敵なことですし、常にときめきを忘れないということは老化防止にもなり、若さを保つ秘訣でもあります。

関係性の変化や二人の行動を振り返ってみる

倦怠期というのは、時と共に二人の感覚が変わってきてしまったことが原因であることが多いようです。

「同棲を始めてからデートの回数が格段に減った」

「昔に比べて手を繋いだりキスをすることが少なくなった」

など、よくよく考えるとお互いの関係が冷めているように感じる具体的な原因も見えてくるものなのです。

なので倦怠期の危機を感じたら関係性の変化や、過去の自分の行動を振り返ってみるといいでしょう。過去の出来事を見つめ直すことで、関係を保つために気を付けるべきことも見えてきますし、ときめきを取り戻すためのヒントも見付かることでしょう。

また、昔を振り返ることで過去の必死だった自分を思い出し、昔の情熱を取り戻すということもあり得ます。付き合いたての彼女が初めて見せてくれた新鮮な顔や、色々な表情などが記憶に蘇り、再び初デートの場所へ足を運んでみたくなるかもしれません。

どちらか一方ではなく二人共が過去を振り返り、お互いに新鮮な気持ちを取り戻すことが大切です。それが、マンネリ防止において重要なことと言えるでしょう。