どう対処すればいいの?機嫌が悪い彼への上手な接し方7選

どう対処すればいいの?機嫌が悪い彼への上手な接し方7選のイメージ画像

彼が原因不明の不機嫌状態で困ってしまった経験はありませんか?

「なにか怒ってる?」と聞いてみても「怒ってねえよ!」という怒り口調。どうすればいいのかわかりませんよね。こちらまで腹を立ててしまったらもっと面倒なことになってしまうし…。

でも、だからと言って自分ばかりが我慢するのも考えものです。我慢ばかりしていたら、そのうちに溜まったストレスが爆発して大喧嘩、彼との関係にヒビが入るなんてこともあります。

そうならないためにも、不機嫌な彼への正しい対処方法を身に付けましょう。

1.発散できる場所へ連れ出す

彼の原因不明の不機嫌、イライラは、仕事などからくるストレスによるものかもしれません。だとすれば、ストレスを発散できるような場所へ連れて行くことが一番効果的です。

彼の好みは知っていますよね?まずは身構えることなく、いつものように自然な口調で誘ってみるといいでしょう。カラオケ、ボーリング、スポーツ施設、動物園や水族館、遊園地や猫カフェなどなど。

大声で歌ったり、身体を思う存分に動かしたり、絶叫マシンでスッキリしたり、動物に癒やされたり、彼に合ったストレス発散方法を見つけてあげることが大切です。

彼のイライラ、不機嫌の原因があなたにあるのでなければ、渋々ながらもきっとOKしてくれます。あとは自然の流れに任せて機嫌が直るのを待てばいいんです。

2.癒やしボイスで話しかける

イライラしたり、不機嫌状態の彼を癒せる唯一の存在は、彼女であるあなたではないでしょうか。もしかしたら彼は、無言のアピールで甘えたがっているだけかもしれないんです。

そこで、あえて穏やかに、スローな口調で話しかけてみることをオススメします。彼のささくれた気持ちを揉みほぐすように優しい口調を心がけて話しかけることです。

不機嫌な理由を無理に聞き出す必要はありません。話題はなんでもいいんです。できれば楽しくて、和めるような話が望ましいでしょう。

彼の反応を確かめながら、少しずつコメントを求めるような質問を織り交ぜて、のんびりと話を続けることです。決して焦ることなく、じっくりと取り組んでみましょう。

あなたの穏やかなペースが、彼の気持ちを少しずつ落ち着かせ、徐々に笑顔を取り戻してくれるはずです。

3.好きな話題を振ってみる

彼が夢中になっている趣味はありませんか?あなたが日頃は無関心でも、ここは彼の趣味の話を振ってみるといいでしょう。彼が興味を持っている物事を話題にするのは、とても効果的です。

彼が話に乗ってきたら、興味津々な様子で聞き役になります。適度に相槌をし、彼が得意になって答えるような質問をするといいでしょう。話に夢中になればイライラも吹き飛びます。

日頃から彼の趣向についてはしっかりチェックしておくことが大切です。あなたが今まで興味のなかったことでも、彼の趣味を理解する努力はするべきです。それがいざと言うときの特効薬になる可能性があるんです。

4.笑える話をする

あなたがトークに自信のある女性なら、ちょっとした笑い話をしてみるのも手です。身近な出来事、自分のドジ、テレビのバラエティー関連、なんでもいいんです。

日頃のあなたからは想像できないような、少しお下品な内容でもかまいません。とにかく笑わせれば勝ちです。笑顔さえ取り戻せれば不機嫌なんて忘れてしまいます

彼の反応を見ながら、少しでもクスリとしたらたたみ掛けましょう。感情表現が豊かな人間という生き物にとって、笑うということは百薬の長です。彼のイライラも嘘のように消えてしまうことでしょう。

5.話をゆっくり聞いてあげる

最もオーソドックスな手法ですが、男性でも女性でも、話を聞いてもらうことで気が治まることがあります。彼が話を聞いてほしい様子なら、「何かあったの?」と静かに耳を傾けてあげましょう。

彼の話を聞く際に肝心なのは、彼の言うこと、意見などを否定せずに同調してあげることです。目的は彼に機嫌を直してもらうことですから、彼の目を見てしっかり頷いてあげましょう。

この方法で注意するべき点は、あくまで彼が何かを話したがっている場合にだけ用いるということです。間違っても無理に聞き出そうとしてはいけません。

見極めが難しいかもしれませんが、彼が「別に」と否定するような態度なら、「そう、よかった」と言って深追いしないことです。これが意外に効きます。

もっと追及されると思っていた彼は拍子抜けして、「いや、実は…」なんて話し始めることもあるんです。

6.いつものようにボディタッチ

恋人同士ならではの対処法です。彼が不機嫌そう、傷ついていそうだと感じたなら、そっと手を握ったり、肩や首を優しく包み込んでみましょう。

好きな女性との触れ合いは男性の気持ちを安らかにしてくれるものです。彼が嫌がる素振りを見せなければ、「何かあった?」と静かに聞いてみることです。

ただし、彼があなたの手を振りほどいてしまうようなら「今はまだ話したくない」というサインですから、深追いすることなくそっとしておきましょう。

もちろん感情的になどなってはいけません。動揺する気持ちをグッとこらえて、あなたはいつもどおりに振る舞うことが大切です。

7.彼が喜ぶ手料理を作る

あなたが料理を得意にしているなら、彼が好きな料理を振る舞ってみるのもいいでしょう。「ねえ、今日何食べたい?私作るよ」と聞いてみましょう。それに彼が答えてくれるようなら占めたものです。

あとは腕によりをかけて黙って調理するだけ。昔から“胃袋をつかむ”なんて言うくらい、彼女が作るおいしい食べ物は男性の気持ちをほぐしてくれるものなんです。あなたのさり気ない優しさに、彼は涙ながらに心境を語るかもしれません。

手料理がベターなんですが、もし料理が苦手なら、彼が好きな食べ物を買ってくるのもいいでしょう。一緒に外出できるなら、どこかに食べに行ってもいいかもしれませんね。

「何怒ってんの?」は禁句!

いかがでしょうか?これまでご紹介した手法で多少はお役に立てると思います。ただし、彼が不機嫌な原因が絶対的に自分ではないことが条件なわけです。あなたに思い当たることがあるなら素直に謝るしかありませんね。

さて、これまでの7つの対処法をまとめてみましょう。

① 彼の趣向に合わせてストレス発散の場へ連れて行く
② 穏やかでスローな語り口調で話しかける
③ 彼の好む話題を振り、会話を盛り上げる
④ イライラを忘れるような笑い話をする
⑤ 不機嫌な理由を優しく聞いてあげる
⑥ 手を握ったり、肩や首を優しく包み込んでみる
⑦ 彼が食べたいものを料理してあげる

いずれにしても女性が大人な振る舞いをする必要があるわけですね。ここは面倒臭いと言わずに、大好きな彼の信頼を勝ち取るためにも落ち着いて対処しましょう。

どう考えても彼の不機嫌な理由がわからない、そんなときでも彼への質問攻めはNGです。
「何怒ってんの?」
「なんかイライラしてない?」
「ねえ、ねえ、どうしたの?」
これらの問いかけは、ほとんどの場合事態を悪化させるだけの禁句です。直接訴えかけるのではなく、外堀から埋めていって、彼が自分から話したくなるように仕向けることが理想です。

そして、彼の本音、愚痴、悩みなどを聞き出せたなら、そっと寄り添って言うんです。「話してくれてありがとう。心配しちゃったよ」と。

男性は意地を張って話さないということが多い反面、すぐに態度に出てしまう生き物です。要するに、できればあなたに話を聞いてほしいんです。甘えたがっているんです。

こんなお子様な男性心理を理解してあげて、パートナーである女性がちょっと大人になることが、恋愛を長続きさせるコツなんですね。