好意を持つ外国人男性に声をかけるために心がけたい3つのこと

好意を持つ外国人男性に声をかけるために心がけたい3つのこと

自分から外国人男性に声をかけられる女性になれば、外国人男性とカップルになれる率はグンと高まります。

「外国人の彼が欲しいけど、自分からナンパするなんて恥ずかしい…なんかガツガツしているみたいに思われるのも嫌だし」と思っている人、いますよね。

でも、そんなことではせっかくのチャンスを逃してしまいます!「あ、この人感じいいな」と思ったら自分から声をかけることを強くオススメします。

なぜなら、声をかけられて嫌な気持ちのする外国人男性は私の知る限りいないからです。

ということで今回は、どうしても男性に自分からアプローチするのが恥ずかしいと思っている人に、「意中の男性に声をかけられる女になる」ための心構えを3つ、お伝えします。

失敗しても失うものは何もないことを知る

まず一番肝に銘じてほしいのは、「失敗したからって何も失うものはないことを知る」ことです。

たとえばあなたがパーティーやバーに繰り出し、男性に声をかけ、あまりうまくいかなかったり邪険に扱われたとしましょう。

その時はもちろん傷つくと思いますが、そうなったらすぐにその場を去ればいいのです。

外の空気を吸って街の中にまた溶け込めば、自然と「あ、こんな失敗たいしたことじゃないじゃん」と思えるはずです。

もし失敗したとしても、自分の中で笑い話として消化するようにする

「男性に声をかけられない」人の多くは、「失敗が怖い」から一歩前に踏み出せないのだと思います。「拒絶されたらどうしよう」という気持ちですね。

でも、そこはもうちょっと大胆に明るくなって、拒絶されたことをむしろ自分の中で笑い話として消化してほしいと思います。

外国人男性は顔やスタイルだけで女性を拒絶することはあまりしません。それよりも全体的な雰囲気や会話の面白さ、そういったところに惹かれます。

だから、もし1回くらい拒絶されたとしても、「縁がなかったんだな」と割りきって、その拒絶された状況を自ら笑いとばすくらいのおおらかさを持ってほしいと思います。

場数を踏むことで、どんどん上手に声をかけれるようになって


ことを知る】
男性のナンパでもそうだと思いますが、「スムーズにナンパできる人」というのは、往々にして「何回もナンパしたことがある人」です。

場数を踏むことでスムーズさが出てくるのであって、最初から声のかけ方を知っている人なんていません。

「前回よりはちょっと話が弾んだな」とか「1カ月前よりは笑顔がひきつらないようになってきた」とか、自分の進歩を認めてあげて、どんどん前に進んでいくことが大切です。

場数を踏めば、よくなることはあっても悪くなることは決してないことを覚えておきましょう。

日本人女性は、男性に対してのみならず、基本的に初対面の人に声をかけるのを苦手にしている人が多いように思います。

パーティーやバーにいった時に西洋の人がいれば、彼らがどのように声をかけ合っているのか観察しながら、どんどん実践を積んでいってほしいと思います。