住む世界が違った!彼氏との合わない金銭感覚を実感した瞬間

住む世界が違った!彼氏との合わない金銭感覚を実感した瞬間のイメージ画像

恋愛にとって価値観の違いはかなり大きな障害ではないでしょうか。金銭面では特にトラブルが多いように思えます。

溝を埋めるには金銭面での価値観の違いで別れた方の話を聞くのが一番です。では、見ていきましょう。

彼氏が金持ちすぎて破局した

「玉の輿でいいじゃん」と言われそうですが、彼が金持ちすぎるのも結構、考えものです。食事はいつも一万越え、プレゼントは高級品、とその価値観の違いに疲れてしまうことも。

金持ちの彼氏と付き合い、その金銭感覚の違いから別れた方の体験談をみていきましょう。

ケチな金持ち彼氏の場合

元彼は金持ちでしたが、とにかくケチでした。レシートは必ずもらい、ファイリングするのは構わないのですが、飲食店に行って一円単位の割り勘はさすがにイラッときました。彼の方が食べているのに必ずキッチリ割り勘。

誕生日にプレゼントも貰ったことがありませんでした。家に遊びに行くと、消耗品の無駄遣いにもうるさかったです。そこまで使わないのに。価値観が合わないと思って別れを切り出しました。この人とはやっていけないと思いました。

散財タイプの金持ち彼氏の場合

私の元彼は金持ちで散財する人でした。何を買うにもその店の一番値段の高い物を買い、人には必ず奢り「一日にいくら使ってるの?」と考えると気が遠くなるほどでした。将来を考えられなくて別れました。

潤沢なお金があったとしても、ある程度、締められる人でないと将来が恐ろしいです。

金持ちなのを隠していたのはいざ知らず

彼氏は私に「実家が貧乏で」「病気の両親がいて」という話をよくしてきました。それでも好きだったのでサポートしていきたいと思っていました。お金の援助はしませんでしたが、飲食代などは私の方が多く払っていました。

彼とは良いお付き合いをしていました。プロポーズされて、OKし、彼氏の実家に行き、驚きました。豪邸だったのです。両親は健康で、私は唖然としました。

今まで、彼の両親の病気の心配をし、いいお医者さんなどを探したり、漢方薬だったりをプレゼントしてきたのに。

ご両親のいる前でそれらの事を彼氏に言うと「俺が金持ちだと知ったら、金が目当てになると思った」と言われました。即効、その場で別れました。

経済的な状況を隠すのは構いません。彼には彼の考えがあるのでしょうから。でも、両親が病気だという嘘は許せませんでした。お金がなくても彼を好きでしたが、お金があって嘘を言う人は好きじゃありません。

実家を当てにしてばかりいるボンボン

彼の実家はかなりの資産家。ことあるごとにお金をせびっていた彼を見ていたら「金持ちと付き合って結婚したい」と思っていた私はなんて愚かだったんだろう、と気付かされました。これからは自分の力で生きられるようにしていきます。

2、彼氏が貧乏すぎて破局した

若い時はお金が無いほうがいい。とはよくいいますし、実際そうだと思いますが、ある程度の年齢になっても安定した収入がないと、その後の生活が大変そうですね。

人柄などはあるのでしょうが、やはり乗り越えられない壁も多くあるのでしょう。

夢を追いかけているタイプ貧乏

20代後半で役者を目指している彼と付き合っていました。バイトか劇団の稽古かの毎日で、お財布は何時もカツカツでした。経済的な援助はしないと決めていましたので、彼の負担にならないデートをしてきました。

彼も私も30代になり、応援したい気持ちも勿論ありますが、不安な思いも大きかったです。そしてある日、言われました「結婚して俺をサポートしてくれ」と。好きでしたが、それがキッカケになり別れました。

貧しく卑しい彼の場合

私の彼氏はあまり裕福ではありませんでした。しかし、デパートが妙に好きで、買い物するわけでもないのによく一緒にブラブラしました。

デート中、彼がよく「ちょっと待ってて」といい、待たされることがありました。「何してるんだろう?」と疑問に思った私は、彼のあとをつけることに。

そして、辿りついたのが地下の食品売り場。彼は何食わぬ顔で客を装いあちこちで試食をしていたのです。

私はその時、一気に冷めてしまいました。貧乏でしたが、生活に困るほどでもありません。毎月煙草を買ったり、お酒を飲みに行ったりはしているのです。この人とは合わないと気付いて別れました。

零落した貧乏ダメ男タイプ

なにか事件があったらしく、会社を自社退職して、その後、働かなくなりどんどん貧窮していった彼と付き合っていました。

毎日のように酒を飲み、無気力にパチンコに通い、と荒廃した生活を送るようになりました。最初はそのうちに何とか持ち直すだろうと傍観していましたが、いくら経っても改善されないので意見をしてみましたが、右から左の耳へ流すようです。

しまいには、何日もお風呂に入らなくなり、家賃も滞る、と絵にかいたような転落ぶりに愛想を尽かして別れました。とても私の手には負えないと思ったのです。辞める前はとてもいい人だったんですが、私には支えられませんでした。

どうやって価値観を埋めるか

お金を持っている、持っていないというのも勿論ありますが、その人の人間性や育った環境に起因することもありそうですね。

お金持ちだから、貧乏だからではなく、彼の事が心の底から信頼できて好きでいられる事が大切ですね。