【彼氏の本音】背が高いことを気にする女性の間違った気遣い3選

【彼氏の本音】背が高いことを気にする女性の間違った気遣い3選のイメージ画像

小柄な彼氏の横には、彼より頭ひとつ背の大きな彼女。今どき「男性の方が大きくてあたり前」なんて考えはナンセンスです。

今や自分より背の高い彼女をもつ男性たちは少なくありません。けれど実は本人よりも彼女のほうが気にしているようで、ときに「ありがた迷惑」な気遣いを受けていることもあるとか。

今回は彼らが女性に言ってほしくない、してほしくない気遣いをピックアップしました。大切な男性が、あなたより小柄な方なら要チェックです。

それって気遣い?彼氏が嫌がる彼女の変化

彼氏が自分より大きく見えますように。似たような背格好の彼氏がいる女性なら、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

彼氏にとっては不要な気遣い。こんな話を聞くことはありませんか?

「いつもローヒールばっかりの彼女」


彼氏 162センチ
彼女 163センチ

ふたりは隣に並ぶとほとんど差がわからないくらい、似たような背丈。女性としては背が高めの彼女は、ヒールの靴を履くと170センチ近くなることも。けれど彼女はファッションが好きだったため、気にせずヒール靴を履いていました。彼と出会うまでは。

ふたりがつき合うことになったのも、センスのいい彼女に彼が一目ぼれしたことがきっかけ。彼もスタイリッシュな服選びを得意としていたことから、すぐにふたりは意気投合したのです。

けれど最近、彼は彼女について不満に思うことが。彼女が高いヒールの靴を履かなくなったのです。実はこれまでつき合った歴代の彼女たち、皆がそうでした。なに食わぬ顔で、スニーカーやローヒールの靴をデートに履いてくるようになるのです。

「今まで通りお洒落してほしいんだ」過去にそう伝えたこともありましたが、当時の彼女は泣きそうな顔で謝り、ふたりには気まずさだけが残りました。そんな経験から彼は不満な気持ちを伝えることもできないまま、今日も憂鬱は続くのでした。

小柄な男性ほどファッションにうるさい

トップスは肩幅に合っているものを。パンツは裾上げをすればラインが変わってしまうから、少しタイトなものを。昔から、体型とのバランスを気にして服選びをしてきた小柄な男性たち。そんな彼らは、自分の彼女が体格をいかしたコーディネートをしないのが許せないのだと言います。

その気持ち、常にスタイルを気にする女性ならわかるはずです。例えば身長とヒール高のバランスについて。高身長の女性であれば6センチ以上のハイヒールが似合うとされています。けれど彼女が選ぶのはフラットシューズやミドルヒール。

思いあたる方もいるのではないでしょうか。服装は今まで通りなのに、靴だけは控えめのヒール。気にするのは自分を美しく見せることではなく「彼とのバランス」その結果、自身の良さが全くいかされないコーディネートになってしまうわけです。

モデルみたいな彼女に男性は鼻高々

人は自分より勝った同性には劣等感を抱きますが、自分より勝った異性には好感を持つと言われています。これはそのまま「身長差」に言い換えることができます。

つまり高身長の彼女とつき合う男性の多くは、気にしないどころか他の男性に対して優越感を抱くそうです。「俺の彼女、すらっとしていいだろー」彼は友だちにそう自慢しているかもしれません。

どういう心境?彼氏が不満に思う彼女の仕草

自分より身長が低い彼。でも二人の間には喧嘩もないし、いたって仲良し。何より彼が愛しくてしかたない。

一見なんの問題もないカップル。けれど実は彼氏のほうには気になることがあるようです。

「彼氏を可愛がる彼女」


彼氏 160センチ
彼女 172センチ

小柄な彼と向かいあうと顔は彼女の胸元あたりでしょうか。抱きしめると彼を包み込むような体勢に。けれど彼は彼女を愛していましたし、ふたりは身長差をマイナスにとらえたことはありませんでした。

ところが交際期間が長くなるにつれ、自分に対する言動が変化してしていることに気がつく彼。彼女のほうは無意識でしたが、それは度々起こるようになります。

まるで彼をだき抱えるようなハグ。頭をなでられるのは習慣になっていました。それにともなって彼女の言葉づかいも、まるで子どもを相手にするようなものになっていったのです。

「やだー可愛い!」「ヨシヨシ、一緒に行こうね」「寂しかったの?ごめんねぇ」決して彼が甘えているわけではありません。実際に「普通に話せよ」と注意を促したこともありますが、彼女には一向に響かないのでした。

子ども扱いは男性をダメにする

高いところの物を彼女が取ってあげる。抱きしめたとき彼のほうが華奢。身長差のあるカップルにはよくあるエピソードですよね。そんなときの何気ない一言が彼を傷つけていたらどうでしょう。

小柄なのが可愛いから?なんだか頼りなく見えるから?確かに女性の母性を刺激するポイントなのかもしれません。しかし彼氏は男として彼女を守りたいと思っていますから、その気持ちを尊重すべきです

「可愛い」という言葉とともに頭をなでたり、なにをしても微笑ましく感じたり。これはなにも身長差があるカップルに限ったことではありません。彼女のほうが年上だったり、しっかり者だった場合にも同じことが言えるかもしれません。

可愛いと思えなくなったら終わり?

それでもまだ、ふたりの関係が良好なうちは問題ないでしょう。ふざけた彼が、あえて甘えてくることもあるかもしれません。けれどそれも度が過ぎると、甘えることが癖になってしまう男性がいます。

言葉づかいや仕草に男性らしさが全く無くなり、身も心も彼女に頼りっぱなしに。そうなっても果たして彼女は彼を可愛いと思えるでしょうか。考えただけでもゾッとします。「可愛い」の言葉をむやみに使うことで、ふたりの関係性を変えてしまうかもしれないのです。

自分に言い聞かせてる?彼氏が寂しくなる彼女の主張

元々は面食いだったという彼女。そんな彼女が自分を選んでくれたことは嬉しく思っている。

でもそれって本心じゃなかったのか?思わぬタイミングで知ってしまった彼女の本音を、彼氏はどう感じたのでしょうか。

「男は見た目じゃない」を力説する彼女


彼氏 159センチ
彼女 164センチ

あるとき彼女が、自分の友人たちに彼を紹介する場を設けます。身長差があることを知っている友人たちは特にリアクションすることもなく、ふたりが出会ったきっかけ話などで盛り上がりました。

楽しい時間が流れ、いつしか話題はそれぞれのタイプの男性についてに変わっていきます。友人たちは、すでに彼がいる彼女には話をふりません。ところがだいぶ酔ったのでしょうか、聞かれてもいない彼女が語り始めるのです。

「男はねぇ、やっぱり中身が肝心よ!」普段なら気にもとめない言葉でしたが、彼女の隣には苦笑いする彼氏が。友人たちも話を止めるわけにいかず、曖昧に相づちをうつしかありません。

「私だってまさか自分より小さい人とつき合うなんて思わなかったよ?けど彼、とにかく性格がいいのよぅ!」力を込めて話し続ける彼女に場は静まり返り、彼女以外の全員がひきつった笑顔で彼女の力説を聞くのでした。

彼女の必死さに男性は傷つく

本人が気にもしていなかった部分をフォローされるのは辛いものです。けれどそれとは逆に「気を遣えよ」と心で思っている男性もいます。とはいっても彼が身長差をどこまで気にしているか聞くわけにもいきませんから、その判断が難しい。それならこんなことを参考にしてみてはいかがでしょうか。

それは170センチ前後の男性は彼女との身長差を気にするが、165センチ以下になると女性のほうが背が高くても気にしない男性が多くなるというもの。これは男性の経験値の差がそうさせるのだと考えられています。

現在の男性の平均身長は約172センチ、女性は158センチ。つまり平均身長の男性にとっては自分より背の高い女性はまだ数少なく、違和感を感じやすいというわけ。一方で小柄な男性たちは自分と同じか、それ以上の身長の女性との関わりが多い。そのため接し方に慣れているのです。

そんなことよりあなたの見た目は大丈夫?

例えばこんな状況を想像してみましょう。彼氏が友人たちの前で彼女であるあなたについて話しています。「あいつ本当にいい女なんだよ。誰がなんと言おうと性格の良さは世界一!やっぱ見た目より中身だろ」嬉しいような寂しいような。見た目は好きじゃないんだなぁ・・・なんて思ってしまいませんか?

あなたも彼という男性から見られ、想われている存在だということを忘れてはいけません。彼の身長についていろいろ考える気持ちはわかりますが、まずは自分が綺麗でいること。彼があなたにとって大切な人であるのと同じように、彼もあなたに自慢の彼女でいてほしいのです。

彼との身長差を気にするよりも

彼との身長差が気になるのは、他人からどう見られているかを気にしてしまうから。

大丈夫、本人同士が想いあっていることが一番なのですから。それより大切なことなんて何一つないことを、本当は知っているはずですよね。