今すぐ実行!友達から恋人になるための「3つのきっかけ」作り

今すぐ実行!友達から恋人になるための「3つのきっかけ」作りのイメージ画像

私たちは「ただの友だち」想いを伝えたいけれど、今の関係を壊すのが怖い。

それならまずは、彼に意識してもらうためのきっかけ作りを始めましょう。きっとあなた自身の成長にもつながりますよ。

彼は遊び仲間

例えば、よく集まるメンバーの一人に恋をしたら。

告白が失敗すれば会えなくなる。そんなリスクもある中で、どのように自分をアピールすればいいのでしょうか。

「大勢の中の一人」な私

学生時代からの仲のいい集まり。その中のひとりがA子の片想いの相手です。

遊ぶときはいつも複数、ふたりきりで会ったことはありません。それでもA子は、明るく皆を盛り上げる中心的存在の彼に惹かれていきました。

そして彼女がいないことを聞いた日を境に、A子の気持ちは大きくなっていきます。告白したい、けどふられたらもう会えない・・・A子は葛藤します。

告白するために可愛くなろう!

A子は悩んだ末に決意します。告白できないのは自信がないから。まずは自分に自信をもてるよう、もっと可愛くなる!

それは容姿に自信がなかったA子にとっての転機。どうせモテないのだから、と諦めて放置してきた自分の外見。手を抜いていたことを認めざるを得ませんでした。

気持ちを入れ替えたA子は、自分を変えるべく行動を始めました。彼の好みをこっそりリサーチして、自分に似合うよう工夫して取り入れるようにしました。そして傷んでいた髪をケアし、サボっていたダイエットも再開したのです。

「おまえ偉いな」彼に見直されたA子

A子の変化は、仲間内でも話題になりました。隠すことなくダイエットについて話すことで、皆の共感を得たこともよかったのでしょう。

努力して可愛くなっていくA子。彼はA子の「一生懸命な姿」を目にして彼女を見直します

その結果、彼はA子を「女の子」として意識し始めるのでした。彼がA子に恋愛感情を抱くまでに、もう時間は掛からないことでしょう。

彼は会社の同期

例えば、戦友とも言える彼に恋をしたら。

失敗すれば会社で顔を合わせるのが辛くなる。それならどんなアプローチが最適なのでしょうか。

「気の合う同僚」な私

同じ年に入社して、仕事に励んできた同期の仲間。その中のひとりにB子は恋をしています。

初めて彼を意識したのは半年前。彼が社内で表彰されたときのこと。それまでは単なる同期としか見ていなかった彼の「社会人としての頼もしさ」を目にしたB子は恋に落ちました。

とはいえ簡単に公私混同するわけにもいかない。だけど、もたもたしてる間に彼女ができたらどうしよう・・・B子は不安に駆られます。

彼の目に留まる成果を出そう!

そしてB子が出した結論。それは彼が驚くような成果を自分の仕事で出すことでした。

もちろん他の方法も考えました。けれど、B子が好きになった彼はバリバリの仕事マン。そんな彼の心に響くとすれば、それは仕事しかない!

一念発起して仕事に集中することを決めたB子。これまでの身の入らない仕事ぶりを反省し、きちんと目標を決めて取り組むことにしました。さらに数字に繋がるような企画を出し、関係部署や上司にも積極的に掛け合ったのです。

「こいつ凄いな」彼に一目おかれたB子

それから半年が経ち、会社の利益に貢献したB子が手にしたのは社長賞でした。彼の目に留まりたい一心で始めた頑張りが、予想以上の結果を生んだのです。

社会人として成長したB子。B子は自身のスキルを上げつつ、彼の心を掴むことにも成功しました

彼はB子を意識し始め、もっと話をしたいと思っているようです。近々ふたりで食事に行こう、そんなお誘いがかかるのも間もなくでしょう。

彼は昔からの知り合い

例えば、お互いの恋愛遍歴を知っている友だちに恋をしたら。

他愛もないやりとりしか今までしてこなかったふたり。いったいどんな作戦で攻めればいいのでしょうか。

「ただのご近所さん」の私

実家にいたころ近所に住んでいた幼なじみのような存在。C子は今、そんな彼に想いをよせています。

彼を好きになったのは、年末の休暇を利用して帰省したときのこと。地元の友だちと近所の居酒屋で忘年会をしたときに再会したのが彼です。彼との楽しい会話はC子をリラックスさせ「もっと一緒にいたいな」そう思わせたのです。

けれどふたりは幼なじみ同然の仲。過去の彼女たちと比べると、明らかに彼のタイプではない自分。C子は全く自信がもてませんでした。

成長した私を見て!

けれどC子も彼も、休みが明ければ今の住まいに帰らなくてはなりません。そこでC子は決意しました。あの頃とは違うんだってところを見てもらおう、と。

本当はたいして変わっていない自分だけど、少しでも成長した所を見てほしい。そう考えたC子は、彼が帰る日を確認すると一心不乱に料理を始めました。

C子は彼のぼやきを思い出していました。仕事が忙しくて、ろくに食事もしてないと言っていた彼に少しでも喜んでほしい・・・実家を出たC子が唯一、成長したと言えるのが自炊。昔のC子を知っている彼を驚かせるにはこれしか手段がありませんでした。

「そばにいてほしい」彼を虜にしたC子

そして、C子より一足先に帰る彼を見送る日。新幹線の中で包みを広げた彼が目にしたのは、自分の好物ばかりが詰まった美味しそうなお弁当。

自分への気遣いと愛情にあふれた料理を見て驚く彼。ただの幼なじみだったC子は成長した女性として彼の心を掴んだのです

その後、C子にお礼の連絡をした彼。今までのように馬鹿話をしていても、なんだか楽しくて嬉しい気持ちになるのを感じます。次に会うときは「もっと一緒にいてほしい」そんな気持ちを伝えることを決めたようです。

目指すは「彼の好みにぴったりな女」

友達から恋人になるのは、ただの片思いを成就させるよりハードルが高いのではないでしょうか。

一番の近道は、彼の好みに近づくこと。それにはあなた自身の努力と成長が絶対不可欠です。意識してもらうための「きっかけ作り」一緒に頑張ってみませんか?