恋に恋していませんか?恋愛したいのに彼氏ができない理由

恋に恋していませんか?恋愛したいのに彼氏ができない理由

出会いがない、彼氏ができない、という悩みは非常に多いのですが、よくお話を聞いていると、なかなか恋人ができない人には、いくつかの特徴が目立ちます。

中でも必ずと言っていいほど当てはまるのは、傷つくことへの強い恐れか、高いプライド。

誰でも傷つくのは怖いし辛いことですが、その恐れが強すぎると、人と親しく付き合うことができなくなります。

恋愛は最も親密なコミュニケーションの一つなので、傷つくことを極端に恐れる人は、恋愛のチャンスを自ら遠ざけてしまうのです。

プライドが高すぎる人もチャンスを逃しやすいです。自分から動くのはプライドが許さなかったり、間口が狭くなりすぎたり。

良縁に出会えるかどうかは、運やタイミングの要素もあるでしょう。けれど、いくら運があっても、チャンスをつかむ前向きさや行動力がなければ、恋愛には発展しません。

彼を知り己を知れば百戦危うからず」とは古の兵法家、孫氏の言葉ですが、この発想は恋愛でも非常に大切。

普段の自分の考えや行動、言動を顧みて、具体的に何が恋愛を遠ざけているのか、チェックしてみましょう。

恋に恋する夢子さんタイプ

恋人がほしいと思いながら、生活に変化をつけることを拒み、いつもの毎日を繰り返すあなたは、本当はまだ、ノーリスクで甘い夢が見たいだけなのかもしれません。

ロマンティックな気分を味わいたいけれど、自らの責任で決めたり動いたりすることに不安を感じているのかもしれませんし、うまくいかなかったらプライドが傷つくと思っているのかもしれません。

いずれにしても、まだ心の深い所で、具体的に動く気になれていないのでしょう。それ自体は少しも恥じる必要はありません。恋に恋して心をときめかせるのは、本当の恋をするための準備期間。

ただ一つだけ心に留めておいてほしいのは、あなたは恋人ができないのではなく、好きな人ができるチャンスを、自ら避けて通ることで身を守っている段階にあるという事。

「できない」と「やらない」は全く違います。何かをする・しないは本人の自由。けれどそれを「できない」と錯覚してしまうと、自信を失う原因になってしまうので、その気になればいつでも出会いの扉は開けるという事を忘れないでくださいね。

白馬の王子様を待ち続ける、お姫様タイプ

合コンなどにも積極的に出かけるし、友達の紹介も大歓迎。出会い系なども活用しているのに、なかなか良縁がつかめない、そんな悩みを抱えているあなたは、ちょっぴりストライクゾーンが狭くなりすぎているのかも。

理想が高かったり、条件が厳しすぎると、どうしても希望をクリアしている男性の絶対数が少なくなりますから、よほど頑張らないと、なかなか苦しいものがあります。

イケメンでお金も時間もあって、性格もよくて…なんていう人は、競争率がスゴイし、モテる=選べる立場ですから、あなた自身もよほど魅力的でないとちょっと難しいかもしれません。

勿論、理想を追いかけるのもあなたの自由ですから、大物一本狙いもよいでしょう。けれど、もし、早く恋がしたいと思うのなら、理想から少し外れている人とも、とりあえずお話ししてみるのもいいかもしれません。

ルックスや条件が多少希望から外れていても、話が合うと素敵に見えてきたり、こだわっていた条件がどうでもよくなったりすることもあるものですよ。

コンプレックスが足かせになってるヤマアラシタイプ

「どうせ私は○○だから…」が口癖になっているあなたは、本当にそうなのかを見直してみる必要がありそうです。

ルックスがイマイチだろうと、スタイルが微妙であろうと、モテる人はモテますし、どんな悪条件でも恋人を作る人は作るのです。

コンプレックスが足かせになっていると、どうしてもネガティブな言葉を連発してしまいます。

「どうせ」「でも」「だって」「私なんか」「無理」「できない」などなど。そして十中八九、恋人ができない原因はその口癖にあります。

否定形の言葉、ネガティブな言葉を連発されると、それを聞いている側も気が滅入ってくるので、大抵の人は距離を置きたくなります。

男性は、女性が思うよりずっと拒絶や否定に敏感で、ポジティブな言葉が殺し文句になることもあるほどですから、ネガティブな口癖さえやめれば、それだけで恋愛運は格段に上がります。

試しに、否定形の言葉がでそうになったら、代わりに元気の出る、ポジティブな言葉を口に出してみてはいかが?それが板につく頃には、素敵な恋人ができているかもしれませんよ!