恋愛を楽しめない女性が急増中!不安が引き起こす心の闇と解決法

1

なんだか最近一緒にいるのが辛い。彼といても楽しめない自分がいる。この不安定な気持ちが辛いから、いっそのこと別れたほうがいいのか思案中・・・

彼氏がいるというだけで楽しい毎日が送れるとは限りませんよね。原因のはっきりしないモヤモヤを抱える女性は多いものです。

たとえ別れないことを選んだとしても、このままでは二人にとってよくないことも事実です。本質を見ないまま限界を迎える前に、一緒に考えてみませんか?

あなたにも当てはまるかも?「彼氏に関して悩んでいることを教えてください」

shutterstock_2116121651

喧嘩をしているわけでも、浮気されているわけでもない。けれど明らかに、彼氏との関係に幸せを感じられない日々。

何が原因なのか、自分でもよくわからないから余計に不安。そんな悩みを解決するべく、彼氏との関係がどんなものなのか3人の女性から話を伺いました。

「どうせ誰にもわかってもらえない」幸せそうな同棲生活を送るA子の葛藤

彼氏とはつき合って一年が過ぎた頃から同棲を始めました。もちろん最初は楽しかったです。家具や食器を一緒に選んだり、休日はのんびり過ごしたりと本当に満たされてました。

けど数ヶ月した頃から、これまで気にならなかったことが次々に目に入るようになってきて。なんで一緒に暮らしちゃったんだろうって思うまでになりました。

例えばこちらの問いかけに対するレスポンスのこと。彼は適当な感じでひと言ふた言しか返さないのに、いざ自分の話になると聞いてほしがったりとか。

それに片付けが苦手な人なので、私がやらない限り部屋はゴチャゴチャなのも辛い。脱ぎ放題、散らかし放題の部屋を見て泣きたくなることもしょっちゅうです。

ただ・・・本当にそれがイライラする原因なのか、自分でもわからないんです。だって同棲し始めの頃から、彼のだらしなさは知っていたわけだし。

友だちに話を聞いてもらおうかとも思ったんです。でも所詮「幸せな悩みじゃん」そう一蹴されるのがオチですよね。だからひとりで鬱々してます。(女性32歳/営業)

同棲中のちょっとした悩み事って相談相手に困ったりすることはありませんか?同じ境遇の人になら言えるけれど、そうでない人には「そんなの知るか!」なんて思われそうで不安。その結果、ひとりで抱え込む女性は少なくありません。

「とうしてこんなに退屈なの?」つき合ったばかりの彼氏との関係に悩むB子の不安

彼はもともと、職場の先輩でした。今は私が転職したので別々の所で働いてます。つき合うことになったのは、彼からのアプローチに私が折れてって感じです。

そんな始まり方だったので、てっきり「俺について来い!」みたいなタイプだと思ってたんです。つき合ってからも、もっと引っ張ってくれると思ったんですよね・・・

ちなみに、つき合う前の彼はいろいろリサーチして連れて行ってくれたりしたんですよ。告白だって、なあなあにしないで男らしく言ってくれたわけですし。

そりゃ今だって、言えばやってくれるけど積極性がなくなっちゃって。最近のデートは私が提案しない限りは、どっちかの家でだらだら過ごすだけ。

正直イライラしてます。こんなの想像してたのと全然違うし。でもこれって、贅沢な悩みですよね・・・

それに正直なところ、自分でもよくわからないんです。彼にいらついてるのか、自分のほうに原因があるのか。モヤモヤします。(女性28歳/経理事務)

つき合った途端に、彼氏が手を抜くなんてよく聞く話ですよね。でもこれ、彼の態度が変わっただけではない場合もあるのです。優しくされることに慣れてしまう、そんなことも関係しているかもしれませんね。

「別れようって言ってくれないかな・・・」優しい彼と一緒にいるのが苦痛でたまらないC子

自分でも酷い女だって思うんですけど、最近は彼氏といるのも姿を見るのも辛いんですよね。会いたくないんです。

彼は結構忍耐強いタイプです。私の仕事の悩みを辛抱強く聞いてくれたりしますし、嫌な顔ひとつしないんです。私の言うことなら何だってニコニコ聞いてくれる彼なんですよね。

でも最近は仕事も落ち着いてきて、彼に愚痴る機会も減ったんですよね。相談したいことや聞いて欲しいことがなくなったら、彼といる意味がわからなくなったんです。

話していても嫌になります、ほんと。彼にはなんの非もないわけですから。けど気付けば別れることばかり考えて、できればふられたいなんて思うんです。

こんな自分が嫌過ぎて余計にイライラしますし、どうにかなっちゃったんじゃないかと不安なんです・・・(女性30歳/雑誌編集)

彼のどこを嫌いになったわけでもないのに、一緒にいることすら苦痛になる。彼女のような悩みは「倦怠期」のひと言では片付けられません。本人にもわからない苦しみを人に打ち明けることもできないでしょうから、その辛さは想像以上のようです。

苛立ちの種はどこにある?アラサーに潜む不調の正体を探る方法

shutterstock_125818697

彼氏に対する悩み。それにはどうやら、日常の中で感じてきたストレスの積み重ねが関係しているようです。

さて、ここからは彼女たちに起こっている不調の正体にもっと近づいてみましょう。その方法は3つ。その結果次第で、今後どうするべきなのかも見えてくるはずです。

1 気心の知れた友人に会って「今の自分の状態をチェックする」

これは、今の自分の状態を冷静に観察するために有効な方法です。イライラの矛先が彼氏だけに向いたものであるのかを確認することができます。

つまり他人と接すること自体が憂鬱なのかどうか確かめてみる、ということです。もし相手が誰でも気分が乗らないようであれば、心の休息が必要な時期なのかもしれません。

人は心がささくれだっている時、誰かれ構わず疎ましく思ってしまうもの。たまたま一番近いところにいたのが彼氏だったということもあり得るわけです。

2 職場での自分を思い出して「キャパ以上の負荷がないかチェック」

続いて、自身の職場の「いいところ」「悪いところ」を挙げて書き出してみましょう。職場は週のほとんどを過ごす環境。何か自分に負荷をかけていないかを確認するためです

そして「悪いところ」に挙がったものの中で、今すぐ改善出来ることは片っ端から取り組んでください。負荷を負荷と感じずに疲れ切ってしまってからでは遅いのです。

けれど一方で「いいところ」に入った事柄にも注意が必要です。例えば大きな仕事を任されたなど、一見ポジティブなことが実は過大なストレスとなって心に負担をかけていることもあります。すべての要素を見逃さないことが重要です。

3 普段しないようなデートをして「彼と自分の関係性をチェック」

そしてもうひとつ。環境をガラリと変えてみるのも効果的です。例えばインドア派のカップルならバーベキューやキャンプを計画してみたり、海に泳ぎに行くなどの外遊びをしてみるのです。

普段のような休日の過ごし方は、不満や不安で心がささくれ立っている時には向いていません。どちらかが口を開かなければ沈黙が続いてしまう空間で、二人っきりで過ごすのは決していいとは言えないのです。

会話や態度を気にしなくても、周りからの刺激で間がもつようなデートをするのがポイントです。ただし環境を変えても彼への気持ちがネガティブなままなら、その時こそ関係を見直してみてもいいかもしれません。

やっぱり離れたくない!彼と別れずに心の不調を解決したいなら

【忘れられない思い出】恋愛上手な女性の糧になった過去の恋3選のイメージ画像
アラサー達を苦しめる不調。その原因は目の前にいる彼氏へのフラストレーションだけではないことがわかりました。

けれど、やはりこのまま一緒にい続けるのは今の状態ではハードルが高い。それでも別れたくない!頑張りたい!そう決意した方には、彼に対してのこんなアプローチをお勧めします。

無理をしないで!話すのが苦痛なら手紙を書いてみる

もし心が広い彼氏なら、感じているモヤモヤ全てを打ち明けた上で一緒に考えるという選択肢もいいでしょう。けれど、そんな時の言葉選びは慎重に。そのためにも、手紙で伝えるという手段の方が吉と出る場合もあります。

手紙を書く時に注意したいのが、無理していい事ばかり書こうとしないこと。そして思ってもいない感謝の言葉を並べたりしないことです。その余計な頑張りが、またあなたを悩ませる要因のひとつになってしまうのは言うまでもありません。

一方で、あなたの不調を感じて距離をおきたがるような彼氏なら話は別です。打ち明ける内容も必要最小限に留めておくほうがベター。体調が悪くてイライラしているなど理由をつけて、軽く話す程度にしておきましょう。

彼から自立して!一緒に過ごさない時間も自由に楽しむこと

そしてもうひとつ。多くの女性に見られるのが、一緒に過ごす時間が「愛情の深さ」と比例しているケース。つまりストレスを感じている時でさえ、彼氏と一緒にいることを選ぶ人が多いのです

思いあたることはありませんか?いつか一緒に行きたいと思って、まだ行かずにいる話題の店。彼の趣味ではないから、と観ることを保留していた映画。彼には馬鹿にされたけど、本当は行ってみたかったパワースポットなど。

こうした小さな我慢が積もり積もって「なんだかつまらない日常」を作り上げることもあるのです。これを機に、それら全てを自分のためにやってみることをオススメします。

恋愛を楽しむ大前提は自由であること!それを忘れないで

つらい!寂しい!助けて!女性が失恋から立ち直る方法とは?のイメージ画像

彼のことが愛しくて、大好きで。同じ時間を同じ空間で過ごすことが至上の幸福だったのは、一体いつの頃まででしょう。

大人になった私たちはどうしても「もっとわかり合えなきゃ」「もっと上手くやらなきゃ」そんなふうに思いがちです。今日を限りに、そんな義務感を断ち切ってみませんか?