告白されても困るんですけど!上手に男性の気持ちを断る方法

shutterstock_189828341_

女性なら誰でも人生に何度かは愛の告白を受けてみたい、と思ったことがあるのではないでしょうか。

しかしそんな男性からのアプローチを毎日のように受けているモテモテ女性から言わせてみると、男性からの愛の告白は相手によっては手放しで喜べるようなものではないのだと言います。

私達はどんな男性からの愛の告白も光栄で嬉しいものだ、という印象を持っていますが、告白されても困ってしまうなんていう贅沢な事態はなぜ起こるのでしょうか。

女性が男性から告白されて困ってしまった理由

嫌いな人からの告白だった

一番多い理由に挙げられるのが待ってもいなかった好きではない男性からの告白だった、というものです。ではなぜ好きでもない男性から告白などされてしまうのでしょうか。

女性は内心嫌悪感を抱いていても表向きは普通に振る舞うことができる能力を兼ね備えています。時にはそれが裏目に出てしまい逆に好感を持たれてしまうなんて事も起こってしまうのです。

生理的に受け付けない男性だった

知らない人からの告白でも自分の気持ちがわくわくするような素敵な男性からの告白というのは現実的にそうしょっちゅう起こるものではありません。

中には身の毛もよだつほど受け付けない男性からの告白だってあるのです。人は自分が求める相手に求められるということを夢見ますが、現実はその反対が多いのです。

男性のプライドってそんなに大事なの?!

好きにもなれそうにない男性からの告白を受けた時には、強気な女性は注意が必要です。気持ちに任せて勢いで男性を振ってしまう事は今の時代とても危険なので止めましょう。

草食系男子などという言葉が蔓延する現代ではどうしても女性の言動がきつくなっていっているような気がします。もちろん女性の方が行動力も説得力も長けている、と言われてしまえば最近の男性の頼りなさには誰もが納得してしまうのではないでしょうか。

しかし男性の積極性が低下した今でも変わらないものがあります。それは男性が本来持っているプライドです。見た目では分かりませんが男性は常に男としての尊厳というものをしっかりと持っています。

人によってプライドの高さは様々ですが、男性のプライドを傷つけるような事をしてしまうと逆切れをされてしまい逆恨みに繋がったりしてしまいます。ではどんな行動が男性のプライドを傷つけてしまうのでしょうか。

人前で恥をかかしてしまう

男性は見た目では判断できなくても非常に人目を気にします。多くの人の前で男性に対して恥ずかしい思いをさせてはいけません。

たまに気の強い女性が男性を公共の面前で罵倒する姿が見かけられますが、よく知らない相手にそのような強気な言動をしないようにしましょう。

男性の見た目を中傷する

男性をギャフンと言わせたい、一発ショックを与えてやりたい、などと思って男性に喧嘩を売ってしまうなんてことがあるかもしれません。そんな時に男性の見た目についての悪口を言うような事は止めましょう。

人間同士のやり取りの中で全く関係の無い事が見た目の問題です。人間性は自分次第でどうにかなるものであり本人も意識して作り上げているものですが、見た目というのはその人が生まれながらにして持っているかけがえの無いものなのです。

そんな変えようのないものを中傷するというのは非常に逃げ場のない思いをさせてしまうという事です。

精神的に逃げ場を失った男性は思わぬ行動に出たり引きこもってしまう原因にもなるのでどんなに嫌な事があっても男性の見た目をダシにするのは止めましょう。

男性のプライドを傷つけない断り方法とは

このように男性は女性からプライドを傷つけられることで思わぬ反応を示す場合があり、時に女性が怖い思いをする、なんてこともあるのです。すべての男性が物分りのいい人ばかりとは限りません。

何が起こるか分からない世の中です。男性が納得してくれるような断り方をして、お互い後味の悪くならないようにしたいものです。ここでは男性から告白された際の上手に断る方法をご紹介します。

告白してくれた事への感謝は伝えよう

誰かに自分の気持ちを伝えるというのはかなり勇気のいることです。そんな勇気をリスペクトする上でも「告白してくれてありがとう」ということを伝えましょう。

しかしここで決して言ってはいけないのが、「告白してくれて嬉しい」という内容です。この一言により妄想壁のある男性の頭の中には告白を断られたという事実よりも「嬉しい」という言葉が残るからです。

丁寧に気持ちを断る際にも、決して望みを持たしてしまうような言葉を使わないように注意しましょう。

自分が入る余地の無い恋愛をしている事を分かってもらう

男性に納得してもらうためには、「告白をこれから何度かして押していけば気持ちを受け取ってもらえるんじゃないか」と思わせない事が非常に大切です。

お付き合いをしている人がいない場合は、「他に好きな人がいるからごめんなさい」と答えましょう。一見シンプルに見えますが、余計な単語を付け足してはいけません。

例えばバカ正直に「片思いをしている」などという今の恋愛に望みが薄いんだろうな、と想像させてしまう事を言っていけません。

そして「他に」という言葉の中には、「あなた以外で」というハッキリとした意志が込められています。余計な情報を与えずに「ごめんなさい」の一点張りで頑張りましょう。

口がすべっても「お友達から」は絶対NG

女性が男性に告白をして残念ながら断られてしまい「お友達から」と言われるのは、女性としての魅力は買うので友達になってもいいよ、という若干プラスな意味合いが含まれている場合が多いのですが、その逆は少し違ってきます。

知らない男性から告白されて迷惑だな、と思った時点で友達にも昇格しないことが決まっています。女性は新しく出会う男性を瞬時にアリか無しで分類分けをします。

無しな男性から好意を持たれた上でお友達、という流れは後々自分の首を絞める事に繋がってしまうので間違っても同情で「友達から」発言をしないようにしましょう。

申し訳無さ120%の表情を作る

男性の告白を断る時にやけに冷たい態度を取ったり、いまいち煮え切らないようなフニャフニャとした姿勢を見せるのは逆効果です。断る時には申し訳ないと思ってる気持ちのみ相手に伝わる事に全神経を集中しなければいけません。

表情もクシャクシャにして「本当に申し訳ないけどごめんなさい!!」という気持ちを表現しましょう。こんな時にイイ女を気取ったり、振っているのにその気を持たすような態度を取ってしまのは男性が勘違いをするきっかけになってしまうので止めましょう。

男性の告白を断るのだから恰好を付ける必要などは全くありません。男性が「本当に無理なんだけど一生懸命謝ってくれてるんだな」と素直に受け取ってくれる事が一番なのです。

まとめ

その気になれない男性から告白をされるというのは思った以上にヘビーで憂鬱な気分になってしまうものです。気持ちを伝えてくれた相手には大変失礼な話ですが、あいまいな態度を取って相手の気持ちを弄んでしまうのは非常に危険です。

全く望みの無い恋愛に翻弄されて辛い思いを味わった経験が男性に限らず女性にも多かれ少なかれあるのではないでしょうか。

男性のプライドと気持ちを傷つけないように、そして自分の「NO!」という気持ちを分かってもらえるような言葉選び、断る時の姿勢に注意してお断りしましょう。