好意のある男性に誘ってもらいたい!脈ありサインの出し方はこれ

24shutterstock_202991380

仲良くなってきた彼とそろそろデートをしたいと思っていても、彼の方から誘ってくれる気配がないときってありますよね。男性って結構ナイーブなので、そんなときは誘って断られるのが怖いのかもしれません。

だったらあなたのことを誘っても断わられることはないと、彼に自信を持たせてあげるのはいかがですか?

1.準備編

彼に誘ってもらう前に、まずは彼から声をかけやすいと思ってもらえる女性になっておく必要があります。そのためには基本的なことかもしれませんが、目があったら笑顔を返し、挨拶は自分から積極的にしましょう。

普段は楽しく話せても、声をかけるタイミングが難しいと感じられる人っているものです。それではせっかくのチャンスも逃してしまうことになるので、駆け引きを取り入れて失敗するより、いつ声をかけても笑顔が返ってくると思ってもらえるような女性を目指しましょう。

前もって自分の好きな食べものを彼にインプットしておく

普段の会話の中で、さりげなくあなたの好きな食べものを彼に覚えておいてもらえるように会話の中に織り込みましょう。

ただ普通に「私カレーが好きなの」と伝えるだけではだめです。あまりに平凡でインパクトがなさ過ぎて忘れられてしまう可能性があるからです。

ここでは彼にあなたがカレーが好きだということを記憶にインプットしてもらわなければ
いけないので、覚えてもらいやすいように伝える際、印象に残りやすい話をしましょう。

例えば「毎朝カレーをコップ一杯飲んでいるの」とインプットさせるのはいかがですか?

または「私の生まれ育ったところって田んぼだらけなんだけど、幼少期に自転車に乗っていたら野犬に追われて自転車を立ちこぎMAXで飛ばしてたら石につまづいちゃって!まんまと田んぼにダイブしちゃったんだけど、田んぼに沈みながらこの泥水がすべてカレーだったら死んでも本望だぜーーー!!って本気で思ったほどカレーが好き!!!」

というような、思い出話と合体させるのもおすすめです。

自分の好きな食べものを伝えておくと、後々彼が食事に誘おうとしてくれた際に、お店やメニューで悩まなくていいので、より声をかけやすくなるでしょう。

2.彼の味方であると安心させよう

なんでも同意してあげよう

とりあえず彼が話すことには、首を縦に振っておきましょう。ここで彼の話に否定したりばっさりと刀を振り下ろしてしまうと、彼はあなたをデートに誘っても切られてしまうのではないかと怯えてしまいます。

とりあえず、よっぽど頭のおかしな発言をしない限りは、あなたの優しさで受け止めてあげましょう。よっぽど頭のおかしな発言ばかりするような彼の場合、「こんな頭のおかしな発言男でいいの?」と自問自答してから眠りにつきましょう。

夢の中で答えがでるかもしれません。

彼のいいところをたくさんほめてあげよう

誰でもほめられると嬉しいものです。相手のいいところをほめるのって案外恥ずかしいものですが、これであなたを誘う勇気を彼が得ると思えばなんのその!のいきで頑張りましょう。

ほめるとき、他の人が気付きづらい点を見つけてほめると、自分の細かいところまで見てくれていると感激してくれるでしょう。「あなたって電車に乗っているときのバランスのとり方が上手ね!」「傘をさしているときすごく素敵!」なんでもどんどんほめてみましょう。

ほめられた彼はあなたに認められていると感じるし、自分を見ていてくれている、理解してくれる女性と思ってくれるでしょう。もっとあなたと話したいと思うはずです。

ほめるに値しないウソか本当か区別がつかないような(むしろ全部ウソ)くだらない自慢話しかしてこない彼の場合、「こんなウソか本当か区別がつかないようなくだらない自慢話男でいいの?」と自問自答してから眠りにつきましょう。

夢の中で答えがでるかもしれません。

自分と話したいと思っていると伝える

〝話しやすい”、というキーワードは、男性にとってはドキッとするものです。勘違いタイプの男性の耳には「好き」と変換されて届くかもしれません。

★話しやすい→あなたと話したい→あなたとだけ一緒にいたい→私と付き合って

勘違い度が強い男性には危険を伴うので、注意しましょう。

ノーマルな男性なら、「話しやすいと思われている自分なら誘っても断られることはないだろう」と思ってくれるはずです。「きっと彼女と二人っきりになっても楽しませられる」と自信につながることもあります。

うまくいけば「話を聞いてほしいことがあるのかな?声をかけてほしいのかな?」と彼の背中をグイッと押すキーワードになる可能性も大いにあるでしょう。

やりすぎに注意 ボディタッチでその気にさせましょう

男性の勘違いの定番、ボディタッチを使わない手はありません。ボディタッチの威力は凄まじく、された男性はほぼ間違いなく、ボディタッチをしてきた女性に対して、「この子自分のこと好きかも…お、おれも好きかも」という感情の流れをたどります。

自分を好きかも、という思いは大きな原動力になるはずです。言葉を使わず彼だけにボディタッチという方法であなたの気持ちを彼に届けましょう。

ただしあまり多用すると、「こいつ誰にでも同じことしているんじゃなかろーか…?」という疑いの気持ちを生んでしまうので注意が必要です。

3.“ひとり”をアピールしよう

あなたのことを誘いたいと思っている男性が抱く恐怖といえば、万が一あなたに彼氏がいたらどうしようことです。感じがよくて自分に好意を寄せてくれている風なあなただけれど、もし彼氏持ちだったらという不安は抱えているでしょう。

かといって直接尋ねることができずにいるかもしれないので、早く彼に誘ってもらうために、あなたからフリーアピールをしましょう。

ひとりの時間を持て余しているアピールで攻めよう

彼から休日はどう過ごしているのかと聞いてもらえればいいのですが、そういったきっかけがない場合には、自分から休日寂しく過ごしていることを離さなくてはなりません。

そんなときは、あまり露骨に「ひとりで寂しい」と口にすると女の株が下がります。なので「仲良しの友人に彼氏ができて幸せそう。私もたまにはデートくらいしたいな」と伝えましょう。

あなたがフリーであることはもちろん、あなたが友人想いな女性であるということも印象付けることができます。

食事相手がほしいアピールで攻めよう

仕事が終わってから、夕食はいつもひとりで済ませていることをアピールしましょう。男性からしたら、いきなり休日に誘い出すのはハードルが高い場合もあるものです。そんなときは仕事あとの夕食に的が絞られることでしょう。

しかし、心配症な男性の場合だと、もしかしたら仕事のあとは毎夜女子会が行われているのではないか、などとあらゆる不安をよぎらせ、いま一歩勇気を出せないでいるかもしれません。

なのであなたからいつもひとりで夕飯を食べていていること、ひとりご飯はつまらないから食事の相手がほしいということをさりげなく彼に伝えておきましょう。

さぁこれで、彼にあなたを誘ってきても傷づかないこと、むしろ「あなたを待っている」ということを印象付けられました。彼がお店選びに悩まないようにあなたの好きな食べ物だって教えました。

それでは次の項で、いざ、声をかけてもらうための言葉をかけましょう!

4.さぁ!いま誘えばOK!のサインをだそう

あなたが自分に好意を寄せていると思っても、いつどんなタイミングで誘ったらいいのか彼は迷っているかもしれません。

せっかく勇気を出して誘っても、たまたまあなたに予定が入っていて断ってしまったら、ショックを受けた彼はもう個人的に誘いをかけてくれなくなる可能性も考えられます。そんな悲劇が起きないために、あなたから「今日誘ってくださいな」サインを伝えましょう。

お腹が減っていることを直接伝えよう

ここまできたら、同じ職場の彼のだったら、仕事終わりにでもあなたが「お腹へった!」と一言口にだせば誘いをかけてくれるでしょう。

あとはタイミング待ちだっただけのことなので、あなたから「今がチャンスよ!さぁ誘って!」とテレパシーを送りながら空腹を訴えれば食事デートにこぎつけるでしょう。

もし、運悪く彼に予定があるにもかかわらず、それに気づかず「お腹へった!」を連呼し続けてしまうと、不憫に思われてパンの施しを受けることにもなりかねないので、最後まで気を抜かず、神経を張って彼の様子を観察しましょう。

お酒モードへ呼び込んで本気サイン

もっと色っぽく、より彼に近づきたいと思っているなら、飲みに誘ってもらえるように、少し大胆に種を撒きましょう。

彼もただの食事よりアルコールがある席の方が気が楽になれる可能性が高いので、種さえ撒ければきっと誘ってくれることでしょう。

きっかけ待ちをしていた彼なら、「飲みに行きたいと思っても一人じゃお店にはいれなくって」とあなたから目を見つめて言われれば、「じゃぁ一緒に行こっか」と速攻で誘ってくるはずです。

なにもせずに誘われ待ちをしていたら、もしかしたら彼もあなたに好意を寄せていたとしてもなにも始まらないかもしれません。そんなもったいないことにならないためにも、誘われ上手になって幸せになりましょう。