後悔だらけの結婚生活を送る女性達には、こんな共通点があった!

後悔だらけの結婚生活を送る女性達には、こんな共通点があった!

結婚をして後悔をする女性って、実は結構な割合で存在しているのです。でもなかなかみんな本心は語りません。何故なら「自分が結婚を失敗した」と周囲に知られたくない見栄があるからです。

結婚に失敗する女性には、共通点があります。もしあなたが結婚後に後悔したくないのであれば、是非この共通点を知ってください。

そして自分が当てはまるようならば、その性格から直していきましょうよ。そうすれば、悲惨な結婚生活を送る事を避ける事ができるはずですから……。

親友の行動に気をつけろ!

何をするのも一緒!というような親友がいる女性は気をつけてください。知らず知らずのうちにその親友と影響を与え合ってしまっています。

とくに「◯◯ちゃんが行くのなら私も行く」「◯◯ちゃんが帰るなら私も帰る」と、判断を親友に預けてしまっている方は要注意です。この延長に「◯◯ちゃんが結婚した。私も結婚をしたい」となるからです。

そんな馬鹿な?と思うかも知れませんね。そう思えたあなたは大丈夫です。しかし、現に周囲が結婚をしたからという理由で結婚したくなる女性は意外と多く存在します。

周囲の影響を受けてしまうのはある程度は仕方がない、と言えるかもしれません。しかし「仕方ない」と言えるのは、多くの人間に浅く広く影響を受ける場合までです。

特定の誰かの影響を強く受けるのは、やっぱり危険なんですよ。そして、そうなりがちなのが「親友と2人、いつも一緒」という女性です。

親友が結婚すると、今まで一緒にいたという図式が崩れます。先に結婚した方は良いですよ。しかし残された方はどうするかというと、その親友の穴を埋めるように結婚相手を探すのです。

結婚をする目的なんてなんでも良いとは思いますよ。ただこの理由はないんじゃないですかね?こういう女性は結婚をする事自体が目的になってしまうので、誰と結婚するかは二の次になります。

極論してしまうと、その時にもっとも「結婚しても良いかな?」と思えるような手頃な所で手を打ってしまうんですよ。手近で済ませたとは、こういう事を言います。

そんなきっかけで始まった結婚生活。もちろんうまくいくケースもあるでしょうが、なかなかの前途多難なのは間違いありません。

ですので親友につられて結婚をした方には後悔するケースが非常に多いのです。まぁ一番かわいそうなのは、そんな理由で選ばれた旦那ですけどね。

専業主婦になりたい女性も後悔しやすい

結婚に夢を見るのは自由ですが、その夢の内容にもよります。とくに専業主婦に憧れて結婚をした方は、結構な割合で後悔する結婚生活になってしまいます。

結果的に専業主婦なら良いんですよ。しかし専業主婦が目的の場合は、相当危険なんですよね。

このご時世で専業主婦を目指すのであれば、相手の方の収入が決め手になるのは間違いありません。つまり相手の経済力を第一に決め手しまっているという事ですよね。

もちろん経済力を重視するのは悪い事ではありません。愛がどうのこうのと奇麗事を言うつもりもありません。でも経済力は、時に大きく変化するものという事を忘れてしまうと大変な事になります。

もし旦那の収入が減った時、あなたがどうするかを考えてみてください。大きく減った収入に合わせて慎ましくやっていくか、それともあなたがパートにでも出て収入の穴埋めをするか、の二択になりますよね。

しかし専業主婦ありきで結婚した女性にとっては、どちらに転んでも「話が違う」となってしまうのです。彼女達の言い分は「自分が働かなくても、ある程度の贅沢が保証されているはずだったのに……」ですからね。

話が違うのというのは言い分としては間違っていません。間違っていたのは、専業主婦にこだわりすぎた結婚の仕方です。

つまり端から間違っていた結婚なんですよ。これでは後悔だらけの結婚生活に、なるべくしてなったと言っても過言ではないでしょう。