高校の先生に片思いした時に知っておくべきノウハウ

shutterstock_180945635 - コピー

思春期の女の子にとって先生と言う存在は人生で出会う最初の大人の男ではないでしょうか。年上の男性というだけで色めき立つお年頃の高校生にとって高校の若い男の先生はアイドルのように輝いて見えるものです。

しかし思い込みの激しい思春期の高校生はすぐに恋愛にのめり込んでしまいます。確かに教師と生徒というのは世間的に見てご法度ですが中には学生時代から交際して結婚に至る教え子と教師もいるのです。

かと言って相手は大人で高校生は子供です。高校の先生を好きになってしまったら冷静さを保って最悪な結果を招かないように気を付けなければなりません。ここで高校の先生と上手くいくノウハウをしっかりと頭に入れておきましょう。


意外と簡単?!夢見る高校教師

高校の若い先生と付き合うのはさほど難しいことではありません。まずは第一に先生の興味を引くことから始まります。手のかかる子ほど可愛いものなので成績が良いから先生に気に入られるなんてことはありません。

勉強ができなくても少し素行が悪くてもその位の方が相手にしてもらえます。

高校生というのは子供と大人の境界線上をフワフワしている特殊なお年頃です。そんな危なげな時期を過ごす高校生に女性としての魅力を感じる男性は非常に多いのです。

高校生独特の子供らしい透明感の底でかすかに光る大人の影。男性ならゾクゾクする感覚を覚えるのです。

教師という仕事は体力的にも精神的にもかなりしんどい仕事です。常に授業のカリキュラムを組み他の先生との連帯感を保ちつつ生徒の成績や進路、素行に頭を悩まし真面目な人ほど休まる時はありません。

常に体の疲労と心労を同時に抱えている、それが教師です。

教師は世間ではかなり有名は話で全く出会いがありません。もちろん教師が大学生や社会人のコンパにガンガン参加している姿は見かけません。時間が無い上に数少ない休みを女性との出会いにあてれるほどの体力も精神状態でもないのが現実です。

そんな戦場で毎日働く若い男性教師にとって好意を持って近づいてくる生徒はどのように映るでしょうか。きっと眩いばかりの光を放つ花のように見えるのです。

もちろん女生徒から手紙やバレンタインのチョコレートに加えて放課後の個人的補習、ちょっとした相談という理由でのプライベートな会話を通してみるみるうちに二人の関係は近づいていきます。

もちろん教師なので自分に寄ってくる生徒に丁寧に接するのは義務であり教師としての立場を保つ保険でもあります。

しかし時間をかければかけるほど情がわいてくるのも事実です。相手が先生ということを意識して周りの目に過剰に触れない程度のアプローチで二人の時間を作っていきましょう。そのうちに一人の生徒から一人の女性へと見方が変わってきます。

大人の階段は駆け足で上るべからず

先生との二人の時間を共有するようになっても体の関係にはなってはいけません。もちろん教師と生徒だから、という理由もありますがそれだけではありません。生徒に手を出そうとした時点で8割の女生徒が幻滅し気持ちがさめてしまいます。

それは高校生の女の子の先生に対する恋愛のイメージというものは非常に清く少女漫画のようなキレイな物を持っているからです。漫画の中でも教師と教え子の男女の激しい描写もありますが実際に自分の身に起こったらどうでしょうか。

大人の男性のオスの部分というのは想像や漫画のようにキレイなものではありません。かなり強烈で怖いものです。教師という顔から一変してオスになった姿を見て怯えてしまうのは当然のことです。

そんな場面になったらもちろん逃げるべきです。教え子に無理やり迫る教師など人間としてもかなり問題があります。

もし教師としての優しさ、秩序、思いやりなどを持って接してくる場合は別ですが一線を越えてしまうと夢見る関係ではいられなくなってしまいます。

本当に好きなのであれば高校を卒業するまで待ってから好きにすればいいのです。在学中は相手の先生のためにも、何よりも自分のためにも一線を越えてはなりません。

もちろん二人で会ったりし過ぎて周囲から良からぬ噂がたってしまったら事実とは関係なく教師は他の学校へ飛ばされてしまい生徒の進路はお先真っ黒となります。

今は教育現場でのセクハラがかなり敏感に問題視されるようになっています。セクハラというのは教師から嫌がらせを受けるだけがセクハラとは限りません。

一人の生徒をひいきしている、と他の生徒が告発するだけで環境型セクハラとして教師は辞めさせられてしまいます。

なので何をするにも今は教師も生徒も気を付けなければなりません。在学中は決して先生と大人の関係になろうなんてことを間違っても思わないことです。一度関係を持ってしまった男女を周囲はすぐに気づきます。

既婚者先生ほど要注意?!

憧れの高校の先生と言っても色んなタイプの先生がいるかと思います。女子高の若い独身先生などは先生の取り合いになること間違いありません。しかし中には年齢を重ねた渋いおじさん先生に燃える女の子もいたりします。

どちらにしても若い独身先生は仕事に熱心なので意外に安全パイであったりします。もしかしたら本気で好きになってくれるかもしれません。しかし中にはタチの悪い相手にしてはダメな先生もいます。それはそこそこ若い既婚者の先生です。

結婚しているからと言って安心してはいけません。教師という過酷な仕事をこなしながら若くして結婚して家庭を持っている、想像するだけで息の詰まる生活です。

そんな既婚者男性が教師にも限らずふとした時に魔がさしてしまうのです。結婚しているのでもちろん体だけの関係しか求められません。自分が生徒だからと言って大切にされると安心していてはいけません。

教師も一人の人間で男なのです。今の世の中ストレスを抱えないで生きている人はいません。そんな大人の一時の気まぐれの犠牲者になってはいけません。

既婚者は必ず家庭に戻ります。相手が高校生ならなおさらです。もちろん素敵な先生も沢山いますが自分でしっかりと見る目を養ってから近づきましょう。

まとめ

憧れと現実というのはかなりの差があるものです。大抵の現実はそれほど美しいものではありません。しかし思春期はすべてがキラキラして見える貴重な時期です。

先生は先生であるから輝いて見えるのです。そのことを心にしっかりと刻んで先生と一緒にいられる学校という空間を楽しみましょう。