そんなダメアピールはモテません!恋愛の勝ち組になるメール術

そんなダメアピールはモテません!恋愛の勝ち組になるメール術のイメージ画像

恋愛において勝者になるのは決して難しいことではありません。ただ【一般的に謳われている恋愛ルールを実践するだけ】でいいのです。

しかし女性は何かとルールにアレンジを加えてしまったり【私は例外】だと思ってしまい大きく恋愛勝ち組道から外れてしまうのです。

ではなぜ女性は単純明快な恋愛ルールを素直に実践できないのでしょうか。

  • 冷静さを失う
  • 女性はどんな時も自分や他人を客観視した鋭い意見を言うことができます。この物事を厳しく分析する頭さえあれば恋愛は勝ったも同然です。

    しかし女性は片思いをすると地面がグラグラと揺らいでいるかのように安定感を失くします。胸のドキドキが大きくなりすぎて不安定な自分の気持ちに鈍感になってしまっているのです。

  • 自分に甘くなる
  • ダメなアプローチばかりしてしまう女性は学ぶことを知りません。毎回同じような失敗を繰り返してありもしない言い訳を並べて自分の感情をコントロールしようとします。

    友達に厳しい意見を言われても聞きたくないことは聞かないようにする癖がついてしまっているのです。痛い事や自分が傷つきそうな事には一切触れないように自分を甘やかしてローリスクな片思いをしているのです。

  • 想像力が暴走する
  • いつまで経っても報われない恋愛をする女性は想像力がバカになってしまっています。事実とは全く関係の無い事にあれやこれやと妄想を働かせて非現実的な設定を現実に当てはめようとしてしまいます。

    根拠のない想像はシンプルな恋愛をより一層複雑にしてしまうのです。

分かっちゃいるけど止められない!メールヘタクソ女の実態

恋愛においてメールは二人の関係を決める大きな役割を担うものです。メールのやり取りさえ上手にできればその片思いは8割成就したも同然です。

しかし巷で沢山の恋愛メールに関するルールが存在するのになかなか実践できずにお決まりのダメアプローチをしてしまいシングルライフから抜け出せない女性は沢山いるのです。

では王道の恋愛メールにおけるルールを男性目線に立ってご紹介します。自分の気持ちにばかり集中していては好きな人の本心を知ることはできません。

ここでは片思いの男性とは「そこまで仲良いわけでは無い」女性がやりがちなヘタクソメールを見ていきましょう。

まだ信頼関係が無い男性に「元気?」はNG!要件がある時に連絡してこい!

女性の勘違いはあらゆる恋愛の場面で炸裂します。好きな人の連絡先を知っているからと言って【彼との関係性を無視】して感じの良いメールなどを送ってしまってはいませんか?!

好きな人と友達としてもきちんとした関係を築けている女性なら気軽に「元気?」と彼のご機嫌伺いのメールを打つことが許されます。

しかしただ片思いの男性の視界に映る程度の関係の女性は思い余ってこのような気軽なメールを送ってしまってはいけません。そこまで仲が良いわけでもない相手からこのような軽いメールを受け取るのはあまりいい気はしないのです。

「お前に元気かどうかなんて言う義務はない」と冷たく思われているのです。特に興味の無い男性から「元気?」メールが来たら女性だってもちろん「キモい!何様なの」って思うはずです。男性だって同じことなのです。

では男性がそこまで仲良いわけではない女性からどのようなお気軽メールをもらったらイラッとしてしまうのでしょうか。

  • 「おやすみなさ~い」
  • ただの挨拶、しかしされど挨拶!あなどってはいけません。私達が日々生活を送るなかで身近な人にしか言われない「おやすみ」はどこか彼への距離を縮めようとする意図が見えてしまいます。

    見ず知らずの人からいきなり「おやすみ」メールが来たら女性なら誰もが「げっ!ストーカーじゃんこいつ!!」と思うはずです。

  • 「今○○してま~す」
  • 女性の暴走は時にこのような世界一どうでもいいメールを片思いの男性に送り付けてしまいます。

    もちろん相手の男性が興味を持ってくれるような内容を盛り込んではいますが、友達でも無い女性からの「今○○してますメール」は速攻ゴミ箱行き間違い無しです。「ウザい」と呟かれてあなたもメールも彼の頭から抹殺されるのです。

疑問形使い間違えてない?!お前の質問には答える気はねぇ!

巷で最も定着しているメールのルールに、「返事が欲しければ疑問形で文章を終わらそう」というものがあります。

しかし何でも聞きたいことを質問すればいいわけではありません。必ずメールの意図と一致した内容に限ります。

片思いを長く続けている女性は男性についてどこか勘違いしている傾向があります。男性はアイドルではありません。なのでファンからの質問にいちいち丁寧に答えるようなビジネスライクな優しさなど期待してはいけません。

現実に自分についての質問などをされて喜ぶのは少し気になる女の子からでないと萌えないのです。

好きな人に彼のプライベートな事に関する内容の質問メールを送ったら「あ~、俺好かれちゃってるわ~」とバレバレなのです。そしてもちろん返事はしません。片思いの男性との信頼関係ができるまでは【要件に絞った質問】で粘りましょう。

メールの機関銃!!お前は暇なのか?!

男性からの返事が欲しくて、自分を印象付けたくて何通にも渡るメールを送りつける片思い女性は病気です。

気が付いていないそこのあなたはぜひ機関銃メールの例をご覧ください。

<恐怖の機関銃メールの実態(例)会社の同僚>

「お疲れ様です!今日は月末で忙しかったですね。○○さんの課って明日はお休みですか?!」

「私は明日も出勤です~~(´Д`)」

「あ!明日から夏服になるって知ってましたか?!」

「私のクローゼットの中も衣替えしないとです!」

「最近お昼は駅の前の○○亭にはまってます。明日も行くかも♪」

このように機関銃メールはヘタクソな疑問形をふんだんに盛り込んだ大変煩わしい内容を何通も思い出したように立て続けに送ることです。

相手の事も知りたい、私に興味を持ってもらいたい、実は誘って欲しい、などあらゆる思いを搭載し過ぎていてあまりにも痛々しいのです。男性にはもちろん気持ち悪がられて終わってしまいます。

私って実は可愛いんですよ!画像でアピられるのはマジごめん

普段はあまり良い感触を得られていない片思いの男性に自分の可愛い一面を知ってもらおうと写メールを送ってしまってはいませんか?!

今はどんな写真も可愛く合成できるので、別人のように写真写りの良いあなたに彼の心がときめくいてくれるのが狙いです。しかしそんな「おもしろ写真」を受け取った男性は友達との飲み会で笑いのネタにする以外は特にありがたみを感じません。

自分じゃダメなら、と自宅で飼っている犬や猫の画像も好きな人で無い限りは全く良い反応をもらえることはありません。「ダウンロードとか金かかるんだけど」と超現実的なクレームを言われてしまうのがオチなのです。

まとめ

片思い中の女性の暴走は男性に嫌われる要素が満載です。メールのルールさえ守っていれば嫌われる事は免れるのに、なぜか自虐的な行動に走ってしまうのです。

その行動の裏には【反応が薄い片思いに何か刺激が欲しいと思う心の渇き】が原因です。片思いに集中し過ぎずに現実逃避しないために恋愛以外のプライベートも充実させて、心が乾かない日常を送りましょう

バランス感覚が崩れなければシンプルな恋愛ルールに従って確実に片思いを成就させることができるのです。