お付き合いのマンネリ化を解消する5つの方法

shutterstock_192633650 - コピー
付き合って3年目カップルは、相手に浮気されたり、別れたりしてしまうのが多いと言うのを聞いた事はありませんか。

実はこれは脳科学的にも検証されていて、人は恋をすると脳内から大量のPEA(フェニル・エチル・アミン)が分泌される事がわかっています。

このPEAは別名恋愛ホルモンと言われ、ときめきを感じさせたり、気持ちが高ぶりやすくなるのが特徴です。

しかし、PEAは長期的な大量分泌はされないと言うのが定説で、長くても3年と言われています。このため、付き合い始めてから3年後にカップルが別れやすくなるというのは、言わば、脳内物質の成せる業、という側面もあるのです。

だからと言って、必ずしも全てのカップルが3年で別れているわけではありません。付き合いが5年、10年と続いても、付き合い始めた頃と変わらずラブラブでい続けるカップルは確かに存在します。

では一体、そのようなカップルはどうしていつまでも仲良しでいられるのでしょうか。

恋愛の維持にはドーパミンが欠かせない

PEAの分泌が終わると、相手にときめきを感じなくなり俗に言う倦怠期に突入します。ここを上手く乗り越えられないがために別れに至ってしまうカップルが多いのが現状です。

しかしPEAがなくても、気持ちを盛り上げてくれる脳内物質は他にもあるのです。それは、ドーパミンです。ドーパミンは別名快楽ホルモンと言われ、ドーパミンが増えると意欲的になったり疲労をあまり感じなくなったりします。

そしてドーパミンを増やす方法として、「誉められる」というものがあるのです。これをカップルで応用するとしたら、彼の行動や言動を誉めてあげる事で彼があなたとの関係に前向きになり、結果としてラブラブが持続するのです。

またドーパミンは、新しいものと出会う事でも増えるので、今まで行った事のない場所へデートや旅行へ行く事もお勧めです。

最近、彼と触れあっていますか?

付き合いが長くなると、相手に対しときめきがなくなった代わりに安心感が増した、というのは割りとよく聞く話です。そして心の距離が離れて行くのと同時に、体の距離も遠くなっていくのが一般的です。

体の距離とは単に、深い繋がりだけを指すのではありません。現に、数年間全く男女の関係がなくともラブラブだというカップルはたくさんいます。

そのようなカップルは、「手を繋ぐ」「髪や顔に触れる」「抱き締めあう」と言った軽い触れ合いは日常的に行っている傾向にあります。

「最近、キスもしてくれない」と嘆く前に、彼に触れたい、抱き締めてもらいたいという気持ちがあるなら、素直に表してみましょう。あなたと触れ合う事で、彼も以前の気持ちを取り戻してくれるかも知れません。

必要以上に何でも知りたがらない

あなたとの関係が落ち着いてきたと思われるところに、彼が不穏な行動をしていたら、その原因が何なのかをつい探ってみたくなると思います。会社帰りの彼を着けてみたり、携帯電話を覗き見したり、約束をしないでいきなり家を訪ねてみたり。

浮気などを心配しての行動かも知れませんが、このような事は結果として2人の関係を早く終わらせてしまう事に繋がる恐れがあります。

付き合い始めた頃のようなときめきを取り戻したいと思っているのなら、これらの行動を取る事は逆効果になってしまうと知っておきましょう。

彼と付き合い始めた時、彼の事を全部は知らないからこそ、ときめきませんでしたか?誰にでも秘密はあるものです。考え方によってはあなたの知らない彼の一面がある事で、彼への興味は尽きないものとなりマンネリ化を防ぎます。

勿論、彼に対してもあなたの全てを見せなくても構わないのです。恋人同士だからと言って、プライバシーのない関係が続けば、それだけときめきも早く失ってしまいます。

一人の時間も楽しめる女性になる

これは上記の“必要以上に何でも知りたがらない”にも通じるものがありますが、彼と出会う前、あなたには友人と過ごす時間や家族と過ごす時間、それに趣味に費やす時間や習い事、ドライブや旅行といった様々な「楽しみ」があったはずです。

そして彼は、そのようにたくさんの経験をして生き生きとしているあなたを好きになったはずなのです。

ところが、彼と一緒に過ごす時間ばかりを優先し、これまで楽しんで来た事を全て後回しにしているのだとしたら、彼からすれば、今の何もしていないあなたは魅力的には映っていない可能性もあります。

それに、いつも一緒だと息が詰まってしまうというのも本音でしょう。離れている時間が長いと、会った時に愛しさや嬉しさが大きくなるものです。

ダブルデートを楽しむ

長く付き合っていると、お互いの性格や服装の趣味、嗜好などがわかり切ってしまい、デートをしてもいまいち盛り上がらないという事もあると思います。

そのような時は、友人のカップルを誘ってダブルデートに出掛けてみましょう。ダブルデートの利点は、彼と自分の2人きりではないため、いつもとは違った刺激を受けられる事、です。

例えば服装一つとっても彼だけなら「まぁいいか」と思えても、友人がいるとなると「よく思われたい」とはなりませんか?

それは勿論、あなた自身も「よく思われたい」ですが、同じくらい彼に対しても「かわいい彼女でよかったな」って思わせてあげたい、と思うはずです。自分達にはない友人カップルの空気感は、彼との関係に刺激を与えてくれるものとなります。

このように、マンネリを防ぐ方法というのは特に難しいものではありません。ちょっとした気構えや気持ちの持ち様で、これからだっていくらでも変えていけるものなのです。

長く付き合っていると、相手に対し安心や信頼が大きくなりときめきが少なる事自体は決して悲しい事でもないと思います。しかし一方で、女性であればいつまでも恋した頃のときめきを持っていたいというも本音だと思います。

いつまでもラブラブなカップルでいる事は、あなた一人の努力では叶いません。ですが、全てを彼に求めてばかりでも絶対に叶える事は出来ません。

だからまずはあなたから意識を変えてみましょう。あなたが変われば、きっと彼も変わるはずです。