別れてしまう前に!同棲カップルのマンネリ対策5つ!

shutterstock_169824335 - コピー
付き合いたての頃はあんなに楽しかった彼氏との生活にマンネリを感じていませんか?もしくは彼の方があなたとの生活をマンネリに感じていませんか?

このマンネリが長続きすると結婚もまだしていないカップルにとっては二人で人生を歩み始める前に破局してしまう危険性も!「このままこの人と一緒でいいんだろうか?」なんて不安も抱いてしまいますがそこで急いで別れという決断をしては後悔しかねません。

この窮地を二人で脱せるかが長続きする夫婦としない夫婦の分かれどころです。早速以下のポイントを押さえて危機的状況を脱しましょう!

二人でどこかに出かける

二人で一緒に新しい刺激を取り入れて退屈を吹き飛ばすのにとても有効な方法です。普段は行かない、行ったことのない場所へ足を伸ばしてみる。見たことのない景色を眺めて食べたことのないものを食べる。

そういう新しいことから得られる刺激が二人の心をいつも以上にワクワクさせてくれて生活がもっと楽しくなります。思い切って外へ出かけてみましょう!

はじめてのデートごっこをする

付き合う以前、はじめてするデートではお互いドキドキしてどこかもどかしいような気分になりますよね。その時の気持ちを思い出して初々しい雰囲気でデートしてみれば『当たり前』や『日常的』の思いから解放されるかも。

同棲している場合は別々の時間に家を出てどこかで待ち合わせをし、手は繋がないでランチに出かける。しばらく時間が経ってから手を繋ぎ別れ際には触れるだけのキスをする。初めてした時のことを思い返しながらすればあの時のドキドキを蘇らせることができます。

ファッションを変えてみる

視覚的に新しい刺激を取り入れてみましょう。いつもとは違う自分を装って相手と接することもポイントですが、普段より少し大胆でセクシーな服を身に纏ってみるのも手のひとつですね。

「そんなこと言ってもパートナーの身体は見慣れてるから」なんて思われる方もいるに違いありませんが、裸を見せないということが重要なのです。

少し胸元が開いた服を着て見えそうで見えないようにするとか、スリットの入ったスカートを履いて太ももがチラリと見えるなど。チラリズムを作ることで彼の眠っていた男心をくすぐれるかも。

別々に生活してみる

完全に別居とまではいかなくても1週間ほど家を空けて外泊するなど少し距離を置いてみる。

あまり長引きすぎるとそのまま破局…なんてことになりかねないので諸刃の剣な方法ではありますがうまくいけばお互いの良さに気付ける機会を生んでくれます。

いつも意識してなくても傍にいることが当たり前に感じていませんか?相手がいなくなって初めて気付く寂しさや有難みもあります。お互いの大切さに気付くためにも一度離れてみるのも大事ですね。

今までの生活を見直す

同棲しているカップルなら家事分担など他にも気付いていないところで相手に何か仕事を任せていますよね。作業だけでなく日頃の気遣いについても同じです。

改めて、相手が自分にしてくれている事を見つめ直し感謝の気持ちを直接伝えてみましょう。感謝の言葉を伝えるだけでも良いですが、ささやかなプレゼントをしてもいいですね。

よく熟年夫婦の奥さんが「旦那は帰ったらご飯があるのを当然と思っている」なんて愚痴をこぼしていますが同じように『当たり前化』してしまわないよう気をつけなければいけません。

わざわざ時間と手間を割いて私のために何かしてくれている、これがとっても素晴らしいことだというのを忘れてはいませんか?

以上、いくつかポイントを挙げてみましたがひとつでも心に留まったものがあれば幸いです。ずっと一緒に暮らしていると見失いがちな相手に対する感謝の気持ちを忘れず、いつでも相手の存在を新鮮な気持ちで受け止めることができればいいですね。