結婚への迷いがあるなら要チェック!決断する際の見極め基準

結婚への迷いがあるなら要チェック!決断する際の見極め基準のイメージ画像

結婚とは人生における一大イベント。そう簡単に決められるものではありません。とくに、なにかしらの障害や悩みがあると、本当に踏み出して良いか迷ってしまうでしょう。

そんな迷いの要因は、「そんな理由で迷っているなら結婚したほうがいい!」というものと「その理由なら、結婚しないほうがいい!」というものに分けられます。今回はそれをご紹介します。

それなら結婚しよう!OK集

「そんな理由で迷っているなら結婚したほうがいい!」という、失敗しそうで意外とうまくいく状況をご紹介します。

お金がないのに結婚

結婚したい!でも貯金がないのでお金が貯まるまでは我慢……と考える方もいるでしょう。

しかし、蓄えこそなくても今二人が順調に働いていけているのならば、わざわざ結婚を先送りする必要はありません。十分生活していけますし、貯金もこれからしていけます。

結婚願望ないのに結婚

もともと結婚したいだなんて思っていなかったのに、結婚してしまって良いのかな?自分は結婚に向いていないのでは?と思う方もいるでしょう。

しかし、結婚に夢を見すぎているよりも、むしろ願望はなかったけれどこの人とならしてもいいか、というくらいのほうがうまくいきます。

家事が苦手なのに結婚

実家暮らしで家事などしたことがない、一人暮らしだけれど掃除と洗濯は最低限しかしたことなく、料理はまったく経験なし。こんな自分が結婚して大丈夫?と思う方もいるでしょうが、どうにかなります。

家事という作業自体は冷静に考えてそれほど難易度が高いものではないので、必要に迫られれば誰でもそれなりにできます

家事が完璧にきっちりできる人のほうが、途中で息切れして辛くなるので、むしろ初めはあまりできないくらいがちょうどいいです。

借金返済中に結婚

過去に作った借金を返済中、今は新たな借金は作っていない、という状態なら、完済まで待つ必要はありません。むしろ使えるお金に制限がある状態から結婚生活をスタートしたほうが、後々楽に感じます

裕福から始まって後で落ちるほうが辛いです。離婚の原因にもなります。

それはやめたほうがいい!NG集

反対に、そういう理由で迷っているなら結婚はやめたほうがいい!という項目をご紹介します。

彼の女癖が悪い、または自分の男癖が悪い

過去に一度浮気をしてしまったことがある……くらいならいざしらず、現在進行形でほかの異性への興味が絶てないようであれば、結婚してはいけません。

間違いなく相手が傷つくし、結婚と言う名の鎖で縛られる本人も辛いです

浪費を辞められない

前述したように、貯金はないけどきちんと働いている、または借金はあるけれど新たな借りは作っていない、ということであれば問題ありません。

しかし、例え稼ぎが多くてもどちらかに浪費する癖がある、もしくはお金がかかる趣味を辞められないなら、結婚もストップしましょう。

結婚すると長い人生を連れ添うので、突発的な大きな出費やけがや病気などで働けなくなるというトラブルもあり得ます。

そんなとき、浪費のせいで経済的に余裕がないとなると本当に困った状況になり、生活が立ち行かなくなってしまいます

結婚生活に多大なる憧れを抱いている

結婚生活への憧れが大きければ大きいほど、強ければ強いほど、現実とのギャップを知ったときに失望します。

それでも相手への愛情のほうが勝れば問題ないのですが、そうでなければそのまま結婚生活は破たんに向かってしまいます。

「この人と」結婚したい、ではなく「結婚が」したいのであれば、ちょっと冷静になるまで結婚しないほうが良さそうです。

いかがでしょうか?結婚を迷っている方は、その理由がOKとNGのどちらに当てはまるかを確認して判断してみてください。