徹底検証!男がついつい気にしてしまう「モテる女」のキャラは?

3

あなたのまわりにも不思議なくらい男性からチヤホヤされる女性がいませんか?なぜか男性が寄ってくる人気者…。それには必ず理由があるはずですよね。

本人が意識しているかどうかはともかく、多くの男性が惹かれる魅力とはどこにあるんでしょうか?そこで、男性から見たモテる女のキャラとはどんなものか、その特徴を徹底的に検証したいと思います。

男性がついついかまいたくなる『いじられキャラ』

とりわけ美人というわけではなくても、ついつい男性が気にかけてしまうマスコット的な存在の女性。そんな女性が近くにいれば、きつい仕事の合間にもささやかな和みを与えてくれそうです。そんな『いじられキャラ』の特徴を見ていきましょう。

天然のボケで周囲を和ませる

作為的でない天然のボケで周囲も思わず笑ってしまう。それが『いじられキャラ』の最大の特徴です。殺伐とした空気が漂う職場でも、一瞬で和んだ雰囲気にしてくれます。

たとえば…

  • 上司を呼ぶときに「先生!」「お父さん!」などと言い間違え、周囲は爆笑、上司は苦笑い
  • トイレに行って帰ってきたらスカートがまくれ上がっていて、周囲の女性はヒヤヒヤ、男性はオロオロ
  • 「ねえねえ、○○ちゃん」と声をかけたら、振り向きざまにクシャミ
  • 自転車でお使いに出かけたはずなのに、歩いて帰ってきてしまう
  • 「またやっちゃった」と言うから見てみると、左右別々のクツをはいている

これらはほんの一例ですが、天然であるからこその笑いであって、真似できることではないですね。「この子ならしょうがない」と思えるオーラのようなもので、周囲の人たちに認められているんでしょう。

いつも元気で明るいムードメーカー

開けっぴろげで天真爛漫、自分独特の世界をまとっているといった人柄も『いじられキャラ』の特徴のひとつです。気がつけば周囲はすっかりペースに乗せられ、彼女をグループのムードメーカーだと考えます。

たとえば…

  • 誰が相手でも態度を変えずに元気な笑顔で接する
  • 「けさスカートのファスナー全開で出勤してきちゃった」といった失敗談でも平気で笑いに変えられる
  • 基本的に人を笑わせるのが好き
  • 嫌なことがあっても落ち込んだりめげたりしない
  • 誰の悪口も言わない
  • ゴミを捨てるときは「ポイ」、キーボードのエンターキーを押すときは「ピシ」のような擬音のひとり言が多い

ふだんから誰に対しても分けへだてなく接することと、元気で明るい人柄と脳天気な様子が安心感を与えて、自然にひとが集まりやすい空気を作り出しているんです。当然ながら男性からも注目されますよね。

会話のときは大きなリアクションで夢中に話す

話しているときの反応や所作がユニークで面白く、時々は話し相手にしたくなる。そんな印象を男性に与えるのも『いじられキャラ』の特徴と言えます。

たとえば…

  • 身振り手振りをまじえて必死に話す
  • 上司の言った冗談にも「マジっすか」と返す
  • 下ネタに対しても平気で対応する
  • 忙しいときに話しかけられてもあしらったりせず、嬉しそうに対応する
  • 「おまえは○○みたいだな」といった、女性なら傷つきそうな言葉に対しても「よく言われるんですよお」と、あっけらかんと返す

相手の地位や自分の立場も忘れて夢中になって会話する姿が、男性からは可愛らしく見えるようです。多少の失言や、ついつい出てしまったタメ口なんかも許せてしまいますね。

ズレているけど本人は一生懸命

どこかトンチンカンでズレているけど、仕事や頼まれごとには一生懸命に取り組む。そんな純粋で微笑ましい姿も『いじられキャラ』が持つ特徴です。

たとえば…

  • いつもドタバタしているけど一生懸命さは伝わってくる
  • 勘違いや失敗が多いけど本人はいつも真剣
  • ミスして怒られてもへこたれない打たれ強さ
  • 指示には素直に従うけどだいたいドジる

まるでコメディードラマの主人公かアニメのキャラクターのようですね。しかし、本人はいたって真剣ですから、いくら失敗してもドジを踏んでも上司は怒れず苦笑するばかりです。

でもそんな一生懸命な様子に、男性は「まったく」と言いながらも手を差し伸べたくなるものなんです。

『いじられキャラ』の女性の特徴をひとことで言うなら、面白いからかまいたくなる、ということでしょう。

『いじられキャラ』の女性は、だいたい本人も自覚していて、いじられることを楽しんでいます。個性的ではあってもけっこう賢いというのが特筆すべき点です。

いずれにしても、いつでも変わらぬムラのない無邪気な人柄は、男女関わらず人が集まる愛される存在だと言えそうです。

男性をホッと安心させる『おバカキャラ』

プライドの高い男性にとって、おバカな女性は自分に優越感を与えてくれる貴重な相手です。そんな男性には、ちょっとおバカなくらいの女性のほうが可愛く思えるんです。

なにかと競争心をあおられる現代で、緊張感を忘れてホッとできるオアシス的な存在。そんな『おバカキャラ』の特徴を見ていきましょう。

いつでも明るく元気でノリがいい

愛される『おバカキャラ』の女性というのは、いつも明るく元気で、誰に対してもノリがいいという特徴があります。

たとえば…

  • 相手が上司であっても冗談には冗談で返す
  • 調子に乗って失言することが多い
  • 女子校の体育会系のようなノリ
  • とにかく声が大きい

おバカと言われるだけあって、基本的に恥じらいを感じたり物おじすることが少ないんです。そのため、ときには周囲が唖然とするようなノリを見せることもあるわけです。

でもそんな女性に対して、多くの男性は気安く接することができるようになります。余計な気負いがいらない相手に安心感を抱くんですね。

実はけっこう正直な性格

『おバカキャラ』の女性には裏表がなく、良くも悪くも正直な性格であるという特徴があります。

たとえば…

  • 喜怒哀楽がはっきりしている
  • 言われたことは素直に聞き入れる
  • 警戒心が弱い
  • 仕事はできなくても責任感は強い

接する相手が誰であろうと余計な計算がなく、何に対しても素直な反応をする女性は男性から好感を持たれます。言われたことは素直に聞き入れ、わからないことがあれば何度でも聞いてきます。

また、自分の気持ちにも正直なため、ときとして場所もわきまえずに感情をあらわにすることも『おバカキャラ』の特徴と言えるでしょう。

そんな正直すぎるおバカさんな女性に、中にはイライラする人もいるでしょうが、多くの男性は新鮮な印象を持つことでしょう。

やる気はあるけれど危なっかしい

基本的に正直な『おバカキャラ』の女性は、仕事にも遊びにも全力投球です。ただ、なかなか能力が着いて行かないため、周囲には心配をかけることもあるようです。

たとえば…

  • 励ませば頑張る
  • ときどき世話を焼かないと挫けてしまう
  • 真っすぐすぎて不器用
  • ひとりで取引先に行かせるのは心配

やる気が空回りして壁にぶち当たるというケースが多いのも『おバカキャラ』の女性の特徴です。しかし根が明るく元気で愛嬌のある女性ですから、まわりの男性は見て見ぬふりもできません。

結果として放っておけない存在なんです。「またおまえか、しょうがないな」と言いながらも手を差し伸べずにはいられない。そんな不思議な魅力を持っているのが強みと言えるでしょう。

同じ『おバカキャラ』でも、男性に好かれるおバカと嫌われるおバカがあります。この違いはベースとなる性格にあるようです。開き直ってやさぐれたおバカは相手にされません。

おバカであっても裏表のない愛嬌のある性格であれば、男性はむしろ可愛いと感じて放っておけなくなるみたいですよ。


男性からも羨望の目で見られる『できる女キャラ』

凛とした佇まいとテキパキした身のこなしで、グループ内でも一目置かれる存在。そんな女性っていませんか?年下の女性からは慕われ、男性からも羨望の目で見られる。そんな『できる女キャラ』の特徴を見ていきましょう。

絵に描いたようなバリバリのキャリアウーマン

ビシッとスーツを着こなしてテキパキと仕事をこなす、絵に描いたようなキャリアウーマン。そんな女性は周囲の男性にとっても存在感抜群です。

たとえば…

  • 頭が良くて仕事ができる
  • 身のこなしに無駄がなく行動力がある
  • 適度に色気があり女子力にも力を入れている
  • 遊ぶときにはとことん遊ぶバイタリティー
  • サバサバした性格のあねご肌
  • 冗談が通じる

「小股の切れ上がったいい女」などと言いますが、その現代版とでも言うべき小粋でよく働くリーダー的存在です。仕事では頼もしく、飲み会やカラオケなどの遊びの場でもバイタリティー溢れる姿が特徴です。

仕事ができるうえに、冗談や笑いも受け入れるサバサバした性格は、年下から年配まで幅広い年代層の男性に好感を持たれます。

ツンデレ系で高嶺の花的な存在

同じく仕事ができて一目置かれる女性でも、率先して上に立つタイプではなく、容姿端麗で周囲が遠巻きに眺めてしまう、クールな雰囲気をまとった存在です。

たとえば…

  • 自分の仕事はスマートにそつなく片付ける
  • 大人っぽいセクシーさを持っている
  • 近寄りがたい上品なオーラを放っている
  • 私生活を感じさせない
  • すれ違うとかすかに甘い香水の香りがする
  • ふだんはクールでも時には甘えるツンデレ系
  • 冗談は受け流す

こんなタイプの『できる女キャラ』には美人が多く、表情や動作のひとつひとつに大人びた色気が漂います。しかし、どことなく影があり、周囲からはクールなイメージで見られて近寄りがたい印象を与えます。

男性からは「手に負えない高嶺の花」と思われがちですが、酒の席などで気まぐれに見せるちょっと甘えた仕草や言葉に、たいていの男性はメロメロにされてしまいます。計算だとしたら恐ろしいですね。

『できる女キャラ』の第一条件は、本当に仕事ができることです。中には根っからの仕事好きもいることでしょうが、例外なく責任感が強いという特徴があります。

こんなタイプの女性は何事にも全力で立ち向かいますから、仕事だけでなく遊びの場でもパワフルなんです。そんな生き生きした姿に男性は魅了されるものなんです。

高嶺の花タイプの女性でもこの傾向は変わりません。クールに見えて中身は熱く、そんな一面がたまに顔を出したときのギャップは、男性に新鮮な驚きを与えるんです。

結局モテる女は自然体で勝負している

男性は女性の何かしらの特徴に興味を持ちます。それは容姿であったりファッションであったり雰囲気であったり性格であったり様々です。

美人が男性の目を惹くのは今も昔も同じですが、モテることとはちょっと違います。接してみて楽しい、気分がいいといったプラスの要素があって初めて好感を持つんです。

極端に言えば、面白いかつまらないかということです。そういう意味で、モテる女性は自然体で素の自分を表現することが上手いと言えます。

ここに紹介した『三大モテるキャラ』とでも言うべき女性は、自覚のあるなしにかかわらず持ち前の特徴を活かしているんですね。

ぜひとも皆さんにも、自然体で表現できる自分らしさで勝負してほしいものです。