モテる女になりたいのなら!まずはメールの返信に気を配ろう

友人付き合いでも、そこから恋愛に発展するような関係だったとしても、まずはメールから!それが今のプライベートな人間関係ではないでしょうか?

だとしたら、メールの対応の仕方で「モテる」「モテない」も決まってしまうといっても過言ではありません。

男性から送られてくるメールに対して、どのような返信をすればモテ女子になる事が出来るのか?ここでご紹介いたします。メールを制するものは恋愛を制するんですよ!

返信はお早めに……

どうでも良いと思っている男性ならばともかく、少しでも気になる男性から来たメールへの返信。

そこにはやはり気をつけたいものです。内容はもちろんですが、とくに気をつけたいのは「返信までの時間」です。

もちろん忙しいタイミングもあるでしょうから、即返信とはなかなかいかないかもしれません。

しかし何日も返信を放置してしまうのはいただけません。もちろん、相手に気がある・気がないをを別にして、そういう女性なのだと割り切ってくれる男性も居る事はいます。

でも多くの男性は、そう長い間自分からのメールを放置されてしまえば、「あまりにも脈がなさそう。もういいや」となってしまう事がほとんどなんですよ。

ビジネスの上では24時間以内にメールを返さないのは、相手に失礼になると言われています。

場合によってはそこで取引が打ち切られる事すらあります。そういった考え方は恋愛にも通じるのではないでしょうか?

友人同士のメールだと何日も放置しているという方も多いでしょう。でもねそういうルールを暗黙の了解としているのは、狭いコミュニティーだから許されるのです。

会ったばかりの男性に、友人同士の暗黙の了解を持ち込むのは、自ら可能性の芽を摘んでしまっているのですよ。

返信はどんなに忙しくても24時間以内。これは鉄則です。そもそもそんなに忙しい人はいません・笑。

メールでの長文はNG?

女性からのメールで男性が辟易してしまうのは、思いもよらぬ長文が届いた時です。

友人同士では当たり前のように長文を送っている方も、気になる男性に宛てたメールの場合、気をつけてくださいね。

長文を送るという事はそれだけ「伝えたい事が多い」という事ですから、男性への好感度に繋がることは間違いありません。

女性から長文が届くと嬉しく思う男性も多くいます。でも、それってたまにだから良いんですよ。

毎回毎回、物凄い長文を送ってくる女性もたまにいらっしゃいますが、「これ打つの大変だったろうな」という気持ちが先に出て来てしまうんですよね。

伝えたい事が多いのは判ります。でもそれを1回で送る必然性って、ほとんどの場合ありませんよね?

だったら何回に分けてメールのやり取りをした方がはるかに男性の気持ちを掴む事ができるんですよ。

1000文字のメールを1回送るくらいならば、200文字のメールを5回に分けて送った方が、はるかに効果的です。

男性の心を掴むためには是非覚えておいてください。そして何よりあなたの指先が心配です・笑。

絵文字やハートの使い方

女性から送られてくるメールに「絵文字が多く使われている」「ハートマークがある」。

こういう些細な事で喜びを見出だす男性は、未だに多く存在します。安いものです・笑。ガンガン使うようにしてください。

もちろん無理矢理使う必要はないと思いますが、あなたが使いたいのであれば、使わない理由もありません。

ただ1つだけテクニックをお届けするのであれば、最初は飾りっけの無いメールからスタートさせ、ここぞ!という時にハートマークを1回だけ使うという方法もあります。

これであなたの好意を遠回しに相手に伝える事が出来ます。もし、普段から大量にハートマークを使う女性だったら、この方法は通用しません。

「あぁ、この女性の使うハートマークは、ただの句読点だな」と思われてしまうだけです。

しかし、普段簡素なメールしかしてこない、と感じさせる女性が使うハートマーク……。そこには大きな意味があります。

いや、実際には意味がないかもしれませんよ!でも多くの男性が「意味がある」と思ってくれるという事です。個人的にはこのやり方、かなりお勧めです。