見た目が全てを物語る?!女モテより男モテポイントを磨くススメ

見た目が全てを物語る?!女モテより男モテポイントを磨くススメ

あなたがお洋服やアクセサリーを選ぶとき、「かわいいから」という理由だけで買ってはいませんか?

女性であるあなたの好きなお洋服は、あくまで「女モテ」するお洋服。

自分の着たいお洋服を着たり、メイクをしたりアクセサリーを身につけるのも自分への満足度へと繋がりますが、人と会う際や恋愛、お仕事においてはどう見られるか、見られたいかという点も重要です。

あなたの身につけているお洋服や髪型があなたの印象となり、格となり、付き合う人を変え、またあなたの出会いなど形を変えて自らに返ってくるのです。

その点、恋愛においてはひたすら男モテポイントを磨くのがおすすめです。

ナンパが変わる=第一印象が変わる

明るい茶色の髪色につけまつげを重ねた濃いメイク。明るい水色のワンピースに重ね付けしたアクセサリー。

世間一般に「ギャル」と言われても違和感のない格好をしていた22歳のAさん。

道端で声をかけられるならば、夜のお仕事のスカウトか、「飲みに行かない?」と言われたり、軽い印象の男性ばかりでした。断ろうものなら豹変し、「ブス!」と聞こえるように言われたりなど、何もしていないこちらが不快な思いをする出来事ばかりでした。

ただ、就職を機に派手な髪色ではいられなくなり、色を焦げ茶まで暗くし、白いブラウスにリボンを巻きなりたてのOLを見た目だけでもしっかりしようと、精一杯繕っていました。

そんな彼女が、お休みの日その姿になって初めてナンパをされたのは、とても誠実そうな印象の人。

道を尋ねられているのかと勘違いするほどでしたが、その方は丁寧に「今お時間大丈夫ですか?僕はこういう者で、素敵だと思ってお声かけました。」と、男性は名刺まで差し出してくるのでした。

もう、お分かりかもしれませんが、こんな風に人はイメージを変え、相手に伝える印象を操作することも可能なのです。

そして、残念ながらナンパをしてくる人も、あなたの周りの友達もあなたの鏡。それがあなたの印象なのです。

女性紙では、トレンドを取り入れた分、少々派手目だったり男性目線の一切ないスタイルも多々おすすめされています。

そこで、彼氏や男友達に「彼女だったらどういう服装、見た目がいいか」聞いてみたり、男性誌に出てくる女性を研究することによって「男モテ」ポイントをくすぐるスタイルができあがります。

男ウケポイント=想像を掻き立てる「チラ見え」とナチュラルな「引き算」

すぐに取り入れられるポイントをご紹介します。

人の目を引くようなアイドルや女優のお洋服は脚やデコルテを露出していたり、グラビアでは水着が主流です。

だからといって世の中、露出すればするほどモテや男ウケに繋がるのかというと、それも違います。ポイントは、チラ見え。

ニーハイソックスが好きな男性も、太ももの一部が見えていることにドキドキ。

見えそうで、見えない、また一部だけ見えているような状態に目を引かれるもの。シースルーの素材など全てよりも、ポイントの露出がおすすめです。

また、女性は可愛くなるために「盛り」ますが、男性は派手すぎることを好みません。

メイクする際に、リップもアイメイクもチークも力を入れるのではなく、その日のポイントを決めて引き算をしましょう。

服装も、同じようにスカートを目立たせたいから、鞄を黒やベージュにし、すっきりしたスタイルにまとめるなど、「トータル」を意識した引き算が必要になります。

男性は、ほとんどの方がメイクするわけでもネイルをするわけでもありません。女性に比べ着飾るツールが少ないです。

そして、世間や周りからの評価が自身の価値にもなりますので、持ち上げられたい願望が女性よりも強く、連れている彼女が華やかで評価が上れば、私たち女性側もこんなに誇らしいことはありません。

彼氏やパートナーにも好かれて、良く見られたいという気持ちが仕草や行動も変えていくのです。