モテたいのなら……「女子会」はおすすめできない遊び方である

モテる女性であろうが、モテない女性であろうが、「女子会大好き!」という方は非常に多く存在します。

しかしこの女子会……男性にモテる事を考えた場合、非常に危険な遊びであり、集まりなのをご存知でしょうか?

実は女子会は「非モテ」に繋がる要素を、非常に多く含んでいるのです。男性にモテない理由……それは女子会にあるのかもしれません。

良い女子会と駄目な女子会

いつの頃からか定着しましたよね、女子会。気の合った仲間だけでガールズトークを繰り広げるわけですから、楽しくないわけがありません。

お洒落なカフェで、ファミレスで、大衆的な居酒屋で、と開かれる場所も様々ならば、女子会を開く年代も凄く幅が広がっています。

私も全ての女子会を否定しているわけではありません。学生達の女子会、ママ友同士の女子会、またおばちゃん達の井戸端会議の延長もまた女子会でしょう……これらは大いにやれば良いと思いますよ。

ストレスの発散になれば良いですし、何より楽しい事は1つでも多い方が良いですからね。

ただし、結婚をしたい!彼氏を作りたい!と思っているような女性が、女子会を楽しむのは結構危険だ!とだけ言わせてください

。女子会が原因で彼氏が出来なかったり、結婚が遅れたりする事も決して珍しくないからです。


何故、女子会が理由でモテなくなってしまうのか?

結論から言ってしまうと、女子会は多くの事を満たしてしまうからです。まず、先程も言いましたが問答無用で楽しいです。

そりゃあそうですよね。気が合う仲間だけで美味しいものを食べてお話しをするのですから、楽しいに決まっています。本来ならこのポジションは男性とのデートで賄われているはずだったんです。

しかし男性とデートではなく、女子会で満たされてしまうのですから、男性と楽しむためにモテるようになろう、という意識自体が薄れてしまっても不思議ではありません。

次に、女子会はストレスの捌け口になりえます。今は女性でも多くの方が働いています。そんな社会人のストレスを吐き出すためには、同じ立場の「働く女性」であった方が都合が良いのです。

もちろん働いていなかったとしても学校での悩み、家庭でのストレス、こういった悩みを抱えている層にも同じ事が言えますよね。

でも……これも本来ならば、男性の役割だったはずです。女性が悩んだりストレスを抱えているのであれば、それを受け止めてあげるのが男性の役割です。

しかし女子会があれば、そんな男性も必要ありません。男性に甘えるためにモテるようになろう、という意識も当然、薄れていきます。

結局、男性側に度量がないのが原因か?

このように本来、男性と楽しむような場面が女子会で賄えてしまうと、男性自体を求めなくなってしまいます。一度、この思考に陥ってしまうと結構大変なんですよ。

「男は別にいなくてもいいや」から「男ってどうやって作るんだっけ?」になってしまう日もそう遠くありません。

恋愛って一度感覚を忘れてしまうと、なかなか取り戻せなくなっていきますよ。まだ「男は別にいなくてもいいや」の段階で、引き返せるのであれば引き返してください。

でもね、私は思うんですけど、女子会で満たされないもの、男性とのデートでしか得られないものもまだ残っているじゃないですか!

そう、恋愛特有のドキドキ感です。これは絶対に女子会では満たされないものです。しかし、このドキドキ感を与えてくれる素敵な男性が極端に減ってしまったのかもしれませんね……。

もしかしたら彼女達が女子会に走ってしまったのは、男性側の責任も大きいのかもしれません。