好きだけれど彼氏が無神経で辛い…別れを選ぶ前に貴女にできる事

1

決して、人間的に心底悪い人ではない事は理解しているけれど、度重なる彼の無神経な言動に傷ついてしまうと、時には別れさえも考えてしまう事もありますよね。

「根が悪い人じゃないから、本当は別れたくないけれど…」そんな風に、悩む女性もいらっしゃると思います。

ですが、待ってください。別れを決断するのは、彼の無神経なところに対して、貴女ができる事をやってみてからでも遅くはないのではないでしょうか?

繰り返し伝える

shutterstock_108002708

まず、彼に無神経な言動や態度をとられたならば、その都度、貴女の感じた事を彼に伝えていただきたいと思います。

自分がどのような彼の言動や態度に、そして、どれほど傷ついたかを彼によく説明するのです。彼が同じような事を繰り返すのならば、貴女も繰り返し同じ事を彼に伝えましょう。

無神経な言動や態度をとる事が多い男性は、鈍感なところが多いようです。ちょっとやそっと、どこが嫌だったかを伝えたくらいでは、そういった男性には伝わりません。

多少しつこいかなと感じるくらいに、彼に懇々と言い聞かせても大丈夫です。

むしろ、「同じような事を言って来てしつこい」と、彼に言わせるくらいでないと、彼は自分がどれだけ無神経な事を貴女にしているのか、自覚しないでしょう。

彼に自覚があるのならば、貴女が同じような事を彼に言わなくても済むのですからね。

もし、彼にしつこいと感じられて嫌われたらどうしようと、心配する女性もいらっしゃるかもしれません。しかし、別れ を考える覚悟があるのならば、彼に嫌われる恐れはたいした事ないと思います。

彼がしつこいと感じるくらいに貴女が同じような事を言っただけ、彼もまた、しつこいくらいに無神経な事を貴女にしているわけです。

貴女がしつこいくらいに言っているのに、自分の無神経さを改める事ができない彼ならば、嫌われるなどと恐れる必要はないのではないでしょうか。

彼に対して無神経に振る舞う

d

話し合って彼が理解を示してくれるのならば、それが一番いいでしょう。しかし、口で言ってもわからない無神経な彼には、貴女も態度で示すのがいいと思います。

無神経なのに傷つきやすい一面

他人に無神経な言動や態度をとったり、他人の気持ちに鈍感な男性は、意外と男性自身は傷つきやすかったり、自分にされた事に対しては敏感に反応する一面を持っています。

矛盾しているようですが、自分の事に対して敏感で、自分を守る事に人一倍神経をつかうので、他人に対しては、気が回らずに無神経や鈍感になってしまうのではないでしょうか。

また、全てに関して傷つきやすかったり、敏感に反応するというわけでもなくて、大抵の事には鈍感でいられても、その男性自身の中では、ある特定の事に関してはとても気にしてしまうという場合もあるようです。

身勝手な話ですが、だからこそ無神経と言われてしまうのでしょう。

ですから、貴女がどれだけ彼に彼自身の無神経なところを話しても、彼がいまいち理解していなかったり、一向に改善される気配がない場合には、貴女も実力行使にでまし ょう。

彼が貴女にした無神経な振る舞いを、同じように彼に振る舞うのです。

無神経な表現で彼に気付かせる

例えば、彼が貴女に無神経な発言をしたのならば、貴女も彼に無神経な発言をしていきましょう。彼が貴女に無神経な態度をとったのならば、貴女も彼に対して無神経な態度をとりましょう。

そして、彼が貴女の無神経な振る舞いに、怒ったり不快感を示してきたのならば、チャンスです。

「でも、貴方も私にこういう無神経な振る舞いをしてきたんだよ。それで、私がどんな気持ちになったか、ちょっとはわかってくれた?」

そんな風に、彼が不快になった貴女の無神経な振る舞いと 同じような事を、彼自身が貴女にいつもしているという事を彼に伝えるのです。この時、あくまでも貴女自身は冷静になって、彼に伝えるのが効果的です。

貴女が冷静な態度であれば、彼に対しての貴女の無神経な振る舞いが、決して貴女の浅はかな感情や配慮のなさでされたものではないという事が、彼にもわかるからです。

そうやって、貴女が無神経に振る舞う事で、無神経というものがどれだけ相手を傷つける行為か、そして、どれほど貴女が彼の無神経さに傷ついてきたのか、彼自身の身をもって気づいて貰うのです。

身をもって実感する事が必要

無神経な振る舞いは相手を傷つける事は自分が良く理解しているの で、彼に対してそういう事をするのは躊躇ってしまうという女性や、あるいは、やりすぎて彼と喧嘩になってしまうのではないかと、心配される女性もいらっしゃるかもしれません。

しかし、残念ながら、一度は自分が身をもって同じような事で傷ついたり痛い目をみないと、それがどんなに相手を傷つける事なのか、わからない人もいるのです。

自分自身で実感しない事には、どういった事で人が傷ついて、どれほど人が傷つくのか、わからないのです。ですから、彼は無神経なままなのでしょう。

話してもわからないくらいの無神経な彼には、無神経というものがどれだけ人を傷つけるのか、身をもって実感して貰う事が必要なのです。

また、彼と喧嘩をする事を恐れては、自分を守れなくなってしまいます。彼の無神経なところから、貴女を守れるのは貴女自身なのです。

そのためには、彼とぶつかる覚悟も必要です。彼との喧嘩よりも、彼の無神経なところで貴女がこの先も傷つき続けるかもしれない事を、危惧していただきたいと思います。

自分の受け止め方を変えてみる

5

今までお話させていただいた事は、主に彼の無神経なところをできるだけ改善していく方法でした。そして、もうひとつは貴女の方が、彼に対して変わる方法です。

彼がどれだけ無神経な振る舞いをしても、やんわり注意する事はしても、そこに意味を見出さな いという事です。

彼の無神経な振る舞いは、浅はかで深い意味はなく、彼もたいして考えもせずにやっているんだろうという風に、少し呆れながらも、彼よりも優位な立場にたって彼の無神経な振る舞いをただ眺めるのです。

彼がどれだけ無神経な振る舞いをしても、自分の価値が下がるわけでもない、そして、彼が自分を好きではないというわけではない、ただ彼は思慮が足りないんだと、そこが彼の欠点だけれど、それを恋人として受け入れようと考えるのです。

これは自分に絶対的な自信を持ち、目の前の事に流されない心が必要です。そういった風になる事ができたのならば、貴女はどんな困難な事があっても、乗り気っていけるでしょう。

ですが、無理をしてはいけません。こうなろうと思っても、中々なれるものではないですよね。あくまでも、自分の心の声を聞きながら、自分が楽だと感じる方にすすんでいただきたいと思います。

彼の無神経に弱気にならない

shutterstock_2549165351

彼の事を好きなあまりに、彼の無神経なところにいまいち強気に出れないと、ただ自分の心が傷ついていくだけですよね。

彼自身、自分の無神経さが具体的にどういったものか、理解していないという場合も多いです。あるいは、気づいていても、無神経がある意味癖になっていて、中々自分自身では改善する事が難しいという場合もあります。

そういった場合、彼自身のためにも無神経 なところを気づかせたり、改善させたり、あるいは理解してくれる相手が必要です。

とにかく弱気にならずに、話し合ったり、言い聞かせたりぶつかっていったり、あるいは理解して受け止めたりして、彼の無神経なところを自分なりに対応していっていただきたいと思います。