喧嘩も一つの通過点!喧嘩した彼氏と上手に仲直りする方法

shutterstock_304306199

喧嘩するほど仲が良い!と言いますが、喧嘩真っ最中の時はそんな呑気なこと言っている余裕はありませんよね。

いくら大好きな彼氏とだからといっても、喧嘩している時はもう「彼なんて大っ嫌い!」と思ってしまうほどイライラしてしまうもの。

でも、少し冷静になると反省したり、また楽しかった時間に早く戻らないかな~と思ってしまうものです。仲直りには彼の歩み寄りも必要ですし、あなたの歩み寄りももちろん必要です。

そんな、喧嘩を上手に仲直りする方法をご紹介します。喧嘩を乗り越えてまた一段と素敵なカップルになるためにも、早く素直になって彼と仲直りしちゃいましょう!

まずは少しの時間だけ距離を置く

shutterstock_127957493

喧嘩しても同じ空間にいると、余計にイライラしてしまったり、イライラの気持ちも冷めにくくなってしまいます。そのためにも、まずは少しだけ同じ空間に居るのをやめてみましょう。

デート中であれば、「少し一人になりたいから。」といって、少しだけ別行動をしましょう。

一緒に居ないけど、メールや電話中の喧嘩だとしたら一回連絡を取るのをやめて時間を置きましょう。同棲中で家にいるのなら、別室にいったりお風呂に入ってみたり外の空気を吸いに行きましょう。

まずは一人になる時間を確保してください。イライラな状態のまま一緒にいると、増々嫌になり、後先考えずに「最低!」「嫌い!」「もう、別れる!」など、トラブルになる言葉を発言してしまう恐れがあります。

一度トラブルになってしまうような発言をしてしまうと、彼は更に傷付きますし、そんな時に突き放されたりでもしたらあなたはダブルパンチです。恐ろしい言葉を発する前に、冷静になれるように時間を作りましょう。

何にイライラしたのか?何が原因か考える

shutterstock_118285954
一人の時間を確保したら、喧嘩のそもそもの【原因】を改めて考えてみてください。なぜそんなことになったのか。なぜイライラすることになってしまったのかのを、なるべく早く思い出してください。

【原因】が判明したら、更に、その【原因】がなぜ起きてしまったのか【根本的な理由】を考えてみましょう。考える時の思考も大事。以下のことを意識しながら考えてみてください。

  • 男性と女性とはそもそも考え方が違う
  • 相手だけが悪いと決めつけていないか
  • 自分も非があったのではないか
  • 自分の改善点
  • 相手の改善点
  • 同じ喧嘩を起こさないために、2人で気を付けるべきこと

上記した内容を意識して考えて、しっかりまとめましょう。出来ればノートや携帯電話のメモ機能やパソコンを使ってまとめるといいでしょう。なにかにまとめることで、より冷静に客観的に考えられます。

このようなまとめは一見面倒に思うかもしれませんが、2人の将来のためにもとても重要な時間です。喧嘩はうやむやにしてなんとなく仲直りしてしまうことで、一番再発の可能性がグンと高くなります。

何度も同じような内容で喧嘩してしまうなんて、労力の無駄使いですし時間がもったいないです。1つのカテゴリーで済ませられる喧嘩の話題は、一回で済ませるためにもしっかりと今回の喧嘩についてまとめます。

まとめを彼に報告する

shutterstock_1255732810
しっかりと考えられたら、いざ彼に報告です!彼を呼んで落ち着いた場所を選びます。落ち着いた雰囲気のカフェやどちらかの部屋などがいいですね。しっかり順序立てて説明し、彼に話しを聞いてもらいましょう。

説明順

1. 今回の喧嘩の原因
2. その原因に至ってしまった理由
3. 自分の悪かったところ
4. 彼の悪かったところ
5. 今後の改善点

以上の流れで彼に論理的に話をしましょう。ポイントは3の『自分が悪かったところ』を先に伝えることです。それによって4の『彼の悪かったところ』も素直に聞き入れることが出来るようになります。

決して上から目線ではなくて、対等な立場であることを意識しながら考えて伝えましょう。そうすると、すんなり彼の心に伝わりますし、話もスムーズに進みます。

彼が完全に100%悪いことだとしても、彼は99%で自分は1%きっとなにか原因があったのだと思うようにして話してください。彼ばかり責めるより自分のことも少し責めることで、彼の罪悪感もより大きくなって反省してくれます。

最後まで伝えたところで、彼の気持ちや意見を尋ねます。質疑応答の時間にしてもいいですね。そのころには2人の気持ちは非常に穏やかなものになっているはずです。

最後は握手かハグで仲直り!

shutterstock_146399555
話しが終わったら、
「では、喧嘩会議はこれにて終了!今後ともよろしくお願いします!」と握手かハグで喧嘩の終止符を打ちましょう。

ここでのポイントは喧嘩後のスキンシップです!喧嘩中にスキンシップをとってしまうと、喧嘩のことがどうでもよくなってしまう恐れがあります。喧嘩が解決するまではできるだけ避けて冷静に話をしましょう。

そして注意点は、解決した喧嘩のトラブルは掘り返さないことです。終わった過去を掘り返すことをしていては、いつまでも向上していきません。「またその話引っ張ってきた…。」と、彼も飽き飽きしてしまいます。

できるだけ、終わったことには綺麗な蓋をして箱に【済】のハンコでも押して、頭の中で消滅させましょう。ここまで出来れば完璧です!一つ一つこの方法で喧嘩やトラブルを解決できるようになると、早く仲直りできるだけでなく、驚異的な絆や信頼関係が生まれます。

問題解決力やトラブル回避力と言うのは、2人の今後の人生においてもとても重要です。是非実践して喧嘩をしっかりと解決して乗り越え、更に素敵なカップルになってくだい!