彼とケンカしてしまった時必見!恋愛に使える上手な仲直り方法

彼とケンカしてしまった時必見!恋愛に使える上手な仲直り方法

彼との付き合いが長くなれば気持ちがすれ違うこともあり、つまらない意見の違いから思わぬケンカに発展してしまうことは意外と多いものです。

大好きな彼とは仲良くしたいのに双方共に意地を張ってしまいなかなか関係が修復できないのは辛いものですよね。

今回はそんな時に有効な上手な仲直りの方法を紹介していきます。男女のケンカというのは複雑なものでただ謝ればいいというものではありません。

謝り方によっては彼のプライドを逆撫でしてしまったり、余計に関係がこじれる可能性も十分にあるのです。

巧みに人間の心理を利用した方法で上手い解決方法を実践していきましょう。

ヒステリックな発言は絶対にNG!

女性はケンカの時に感情的になりやすい生き物です。感受性が豊かなのはいいことなのですが、あまりにヒステリックに感情をあらわにしてしまうと建設的な話し合いは成立しません。

人間同士なのだから一緒にいれば意見が食い違うのは当然のことで肝心なのはどうやって話し合いで問題を解決していくかというところなのです。

女性が感情を優先する生き物であるならば逆に男性は論理性を重視します。

お互い好き合っているのだからケンカをしたくないと望むのは当然のことなのですが男性は理詰めで自分の正当性を説明するあまり女性の感情の変化に気付けないことも多く、結果的に傷付いた女性が激昂してしまうというケースがよくあるのです。

なので問題解決のためにはまず冷静になりましょう。

相手の意見を共感できないまでもまずは認めてあげて、そこからさらに双方にプラスになる答えを導いていくことが二人の関係を長続きさせるためのコツです。

ケンカというのは一見悪いことのように思えますが、そのケンカをどう乗り越えていくかによってはさらに二人の絆を深める大事なイベントにもなるのです。

気心の知れたカップルや長く連れ添った夫婦は必ず幾度もケンカを繰り返し、その都度乗り越えてきているものです。

ケンカもコミュニケーションの一環と割り切って落ち着いて対処することが大切です。

彼が謝るまで許さない!は逆効果!?

拗れに拗れたケンカというのはお互い謝りにくくなってくるものですよね。

しかし「彼が悪いのだから彼が頭を下げるまで絶対に謝らない!」と女性が意固地になってしまうのは危ない傾向です。

男性というのは頭では自分が悪いと思っていてもプライドが邪魔をして謝りたくないと思ってしまうことがよくあります。

なので彼女のほうも同じように意地を張ってしまうと関係が修復するということは難しく、そのまま破局を迎えてしまう危険もあるでしょう。

そうならないためにもここは女性のほうが大人になって歩み寄ってあげる必要があります。

意地を張っている男性は自分から謝りたくはないと思っていますし出来ることならケンカの原因については触れたくない、話したくないと願うものです。

そこで無理矢理にケンカの話を掘り起し相手に謝罪を求めるのはNG行動!相手が落ち着くまで一旦ケンカも休戦するというのも賢い女の手腕ですよ。

お互いの熱が冷めてから自分の悪かったところを少しづつ認めていきましょう。別段ケンカの際に必ず女性から頭を下げるということではありません。

一方的に非を認めなくても「もう少し違う言い方があったかもしれない」と柔らかい態度で自分の改善点を言えば意外と男性のほうも簡単に怒りが収まってしまいすぐに謝罪してくれるものですよ。

どうしても駄目ならばメールを使おう

本来であればケンカの際はきちんと顔を合わせて話し合いで仲直りに繋げたいものですが、相手の性格やケンカの原因によっては話も出来ないような状況に陥る場合も少なくはありません。

そういった場合に活躍してくれるのがメールです。

メールの文章で仲直りというのはそっけなくて愛情に欠けているようにも思えますが、実は自分の気持ちを文章を書くという行動は心を落ち着ける効果もあり、仲直りには有効な方法ともいえます。

何も気取った文章を考える必要はなく素直に自分の気持ちと仲直りがしたいという思いを伝えればきっと彼の心にも届くでしょう。

顔を合わせては言いにくいことでもメールだと伝えられますし、普段は口にできないような気持ちも文章を通せば伝えやすくなります。

また、言葉にするとついついこんがらがってしまう気持ちも事前に文章にしたためることで冷静に分析できるので、一旦自分の中で上手くまとめてから彼に伝えると勘違いもなくスムーズに仲直りが出来るでしょう。

ただし気を付けなければいけないのがメールの文章の作り方で、絵文字やデコレーションメールなどを多用すると「真剣さが足りない」や「馬鹿にしているのでは」と思われてしまう可能性もあります。

仲直りメールを送る際は真剣な気持ちを伝えるためにも絵文字や顔文字は控えるようにしましょう。