ネームバリューが大好きな女性必見!仕事別モテる男ランキング

ネームバリューが大好きな女性必見!仕事別モテる男ランキング のイメージ画像

彼氏が欲しいのになかなかできない女性は意外にも自分の好みをしっかりと持っている女性です。その気になればすぐにでも恋愛の波に乗れるのに、男性に求めるポイントが多すぎていまいち乗り気になれないのです。

ではなぜこれほどまでに女性は、冒険をせずに男性の評価ばかりしているのでしょうか。それには女性の心の奥に隠れた【自尊心】が原因なのです。

こだわる女ほど自分が大事?!

男性に多くを求めてしまう女性は自分の事が大好きです。付き合う男性には自分のレベルに合った肩書を求める傾向があるのです。これはまさしく長年積み重ねられた「自尊心」を第一に大切にしているからです。

では男性のオーナメント・肩書きに執着してしまう女性は一体どのような人生を歩んできた女性なのでしょうか。

そこそこ良い教育を受けてきた

両親が勉強熱心で文化的にもハイレベルな教育を受けてきた女性は男性に対する意見がとても辛口なのが特徴です。

男性経験が少ない

親や学校に背いて突っ走る向こう見ずな恋愛などは時間の無駄だと思っているので、自分が認めた男性が目の前に現れるまで辛抱強く待ちます。

お金の苦労をしたことがない

自分で働いて自立していない女性であっても、長い人生のなかでお金に困ったことがない人は若干上から目線な意見を言ってしまいがちです。意外にもミーハーな一面を持っています。

自尊心女が求める理想の男・職業編

自尊心強めな女性は時に男性を仕事で判断します。なぜなら職業を知ることで自分に見合ったオーナメントを的確に選ぶことができるからです。

そんな自尊心女が大好きなネームバリューを背負った仕事をここでご紹介していきます。

第1位・いつの時代も揺るがない人気!お医者様

どんな女性でも「医者」という一言を聞いたらテンションがマックスに上がるのではないでしょうか。常に不動の人気を誇るお医者さんは女性が結婚したい職業No1と言えるでしょう。
  • お医者様の恋愛事情
  • 医者と一言でいってもピチピチの若手ドクターから年季の入った中年おじ様ドクターまで様々です。

    若いドクターは大学時代の同級生(これまた医者)と早いうちに結婚するか、年を重ねてからうん百倍の倍率を勝ち抜いた看護師、お見合いで出会った私学出身っぽい女性と結婚します。

  • お医者様に気に入られる女性のタイプ
  • 医者は「音楽家」(しかもクラシック)が大好きです。お見合いの席でも「ピアノが弾けます」の一言でイチコロであります。世話好きの近所のおばさんなどにお医者様とのお見合いを設定してもらう際には「家柄の良いお嬢様」と伝えてもらいましょう。

  • お医者さまに確実に出会えるラッキースポット
  • お医者さんと出会いが無いとお困りの女性は、無理をして風邪などひかなくて大丈夫です。患者として出会うなどという古典的な方法ではなく、病院の食堂に出掛けましょう。明らかに「医者です」という格好の男性が一目で分かります。

第2位・コネの力は無限大!テレビ関係の業界人

最近は一般女性のテレビや雑誌などへの露出がボーダレスになってきました。誰でも気軽に芸能事務者やテレビ局に所属しなくてもあらゆる方法でメディアに出演して「プチ有名人」気取りができるのです。

そんなシンデレラドリームを想像させてくれる仕事がテレビ番組に関わる何かしらの仕事です。

もちろん番組ディレクターや放送作家、放送局のお偉いさんなど出会うだけで儲けもんのような人達から、番組ADやタレントのマネージャーなど「業界人」と呼ばれる人は限りなく存在します。

しかし自尊心女にとっては心躍る未知の世界、すぐに食いついていくこと間違いなしです。「業界人」=「顔が広い」と思っているのでメディアデビューに興味が無い女性でも、おもしろい飲み会を企画してもらうなどの下世話なお付き合いに持ち込もうとするのです。

  • 業界人の恋愛事情
  • テレビ関係のお仕事をしている人達は意外にも地味な恋愛事情を抱えています。下積み時代から付き合ってた彼女との結婚に収まった人以外は、「元モデル」と呼ばれる一般女性よりは若干外見が優っているような女性とお付き合いをします。

  • 業界人に気に入られる女性のタイプ
  • 飲み会の席などで業界人男性に注目してもらいたい女性は、明るい盛り上げ上手を心がけましょう。業界人が夜な夜な開く飲み会などに誘ってもらいやすくなるからです。

    飲み会に参加しているうちにちょっと有名な芸能人などと同席して写メなどを一緒に撮ってもらい、友達に見せながら「実物は大したことなかった~」とボヤくのが自尊心女であります。

  • 業界人に確実に出会えるラッキースポット
  • 業界人に出会うためにテレビ局をウロウロしていると怪しまれてしまいます。テレビ局から100メートル以内のカフェや喫茶店、ごはん屋さんのお客さんはほぼ業界人です。

    常に電話をしながら大きめな手帳に必死でメモをしていたり、何らかの資料などをガン見している男性は仕事の合間に局の外に出た業界人です。

第3位・海外出張が多い商社のサラリーマン

様々な仕事がある中で、常に沢山の国を飛び回るジェットセッターの男性は仕事名を言わなくても「海外出張」というだけで、「デキる男」「上場企業に勤めている」などプラスなイメージが炸裂します。

(※)ジェットセッター:ファーストクラスで世界中を飛び回る職業の人達を総称してこう呼ぶ。または自家用ジェットなどを利用するお金持ちの意味。

似たような言葉で「海外赴任」というものがありますが、こちらは若干「左遷」のような暗いイメージがあるので自尊心女にはピンときません。

逆に海外に一定の期間留まるような外交官や大使館職員なども「凄く優秀な人なのだ」という印象は強いですが自尊心女が求めるキラキラ感は劣ってしまいます。

ポイントは【日本を基盤にして頻繁に国際線飛行機に乗る男性】にセレブなインスピレーションを感じるのです。

  • ジェットセッター男の恋愛事情
  • 飛行機に乗る機会が多いこの手の男性は移動中に席が近くになって話に花が咲き、日本に帰ってから交際が始まるなんて流れがお気に入りです。

    もちろん移動中と言ってもファーストクラスレベルのお座席なので、出会う女性もそれなりの成功者かビジネスウーマンなどです。なので「お互いを高められる相手」といういまいち説明になっていないセリフがお気に入りです。

  • ジェットセッター男に気に入られる女性のタイプ
  • 見た目も内面も「デキる感」が漂いまくっているパーフェクトな女性を好む傾向があるので、一般女性には少し難しいタイプの男性です。どうしても知り合いになりたい場合は彼が勤務している会社に出入りして、仕事を通じて近づくのが賢明です。

  • ジェットセッター男に確実に出会えるラッキースポット
  • 飛行機移動の多い男性に出会うためには飛行場へ行きましょう。しかしジェットセッターはVIPルームにいるのでなかなか彼らのテリトリーに入ることはできません。

    しかしたまにVIPルームに飽きたジェットセッターの殿方がお寿司レストランやワインバーなど、飛行場にしてはお高いお値段のカウンターに突如現れます。明らかに荷物の少ない身なりの良い男性がジェットセッター男です。

まとめ

女の自尊心を刺激してくれるモテる男の仕事も時代によって変わってきました。今の傾向としては芸能界や海外に興味を持つ人が増えた事情も相まって上のようなランキングになります。

ぜひ最近流行の男性達の恋愛事情に興味を持ってちょっとワガママで停滞期をさまよっている恋愛に刺激を与えてあげましょう。