飲み会や合コンで嫌われる!?残念女子がやりがちな行動や質問

飲み会や合コンで嫌われる!?残念女子がやりがちな行動や質問のイメージ画像

飲み会や合コンなどでついつい楽しくて羽目を外してしまう女性も多いとは思いますが、男性に引かれるような質問やNG行動を取ってはいませんか?

やり過ぎてしまうと男性に嫌われてしまったり「この女とは関わりたくないな」と恋愛対象外に思われてしまう可能性もあります。

飲み会の場で男性に引かれる残念女子にならないためにもNG行動や発言をちゃんと理解し覚えておきましょう。

過去の恋愛話をしつこく聞く

気になる男性がいると「今までどんな女性と恋愛してきたんだろう?」とか「どんな女性が好みなのかな・・・」
などと恋愛面での疑問、知りたいことがたくさん出てきますよね?しかしいくら知りたいからといって今までの彼女の人数やどのくらいの期間付き合ってきたのかなどあまり赤裸々な質問をぶしつけにしてしまうのはNG行動でしょう。特にお酒を飲んでいる場ですと気持ちも大きくなってしまいついつい無遠慮なことも質問してしまいがちですし、歯止めが利かなくなることもあります。
女性だってあまり親しくない相手に過去の恋愛話をする気にはなりませんよね?男性だって同じであまりしつこく聞き出そうとすると「この女とは深く付き合いたくないな」と思われてしまう可能性がありますよ。趣味や仕事の質問は気負いせずに答えることが出来ても恋愛面の質問には抵抗があるという人もいるので彼の恋愛話が聞きたいというときは焦らず慎重に少しずつ聞き出していきましょう。

酔っ払ってからむ&暴れる

飲み会や合コンの場だと目に付くのがお酒が入ってからむ人や暴れる人です。お酒を飲んで楽しくなるぶんにはいいのですが、近くの人にやけにからんできたり場所も考えずに騒いだり叫んだりすると女性はもちろん男性もうんざりしてしまいます。男性の中には楽しい娘か好きという人や明るい女性が好みという人も多いですがそれを真に受けてお酒の場で騒いでしまうとだらしない、行儀が悪いという印象を与えてしまいます。
男性の言う楽しい女性、明るい女性はあくまでも節度を守った常識の範囲内という話なので、お酒の力を借りて明るくはじけてみようというのは逆効果と言えるでしょう。お酒の場というのは周りとのコミュニケーションを円滑にさせるための大人の交流の場所です。周囲の人たちのことを考えず自分だけお酒に飲まれてしまうのだけは控えましょう。

あからさまな大胆アピール

飲み会や合コンの場というのは異性へのアピールのチャンスでもあります。実際に飲み会や合コンで相手に好感を持ちそこからお付き合いに発展するケースも少なくはないでしょう。しかし会社の飲み会や大学のサークルの親睦会などは二人きりの場ではないので周りの目もあります。そういった場所であからさまな大胆アピールや人の目を考えない自分勝手なアプローチは男性に引かれてしまう危険もあるでしょう。
お酒に酔って大胆になっている自分を演出して男性の肩や腕にボディタッチをしてみたり、胸や脚をあからさまに見せ付けての色気アピールは二人っきりのときは効果的な場合もありますが、大勢の人がいる場所だと
「だらしのない女性だな」とか「品位に欠ける行動でみっともない娘だな」
と思われることもあります。特に気がない女性にされても不快感を与えるだけなのでアルコールで気が大きくなっているからといって積極的過ぎる行動はやめましょう。
また、あからさまな性的アピールは女性からも非難を浴びるので女友達からも不快に思われます。毎回そんなことをしていると友人を失くすことになるかもしれませんよ。

上から目線の質問や命令

女王様タイプの女性というのは割と多く、そういう女性は飲み会や合コンの場では男性に飲み物を持ってこさせたり料理を取り分けさせたりの行動を自然と行っています。一見高飛車な行動のように思えますが女王様タイプの女性というのは男性の扱いが上手く便利に使ってはいても男性を不快にさせることはありません。それを分かっていない女性はついつい上から目線の質問や命令をしてしまいがちなので男性に嫌われて「この娘と飲んでてもつまらないな」と思われてしまうのです。
なにが違うのかというと女王様タイプの女性はけっして上から目線の態度はとりません。
「○○取ってきてもらえないかな?」とか「○○くんこれしてくれたらすごく助かっちゃう」
など男性自身が行動したがるように仕向けるのです。女性だってこれしろあれしろ、という命令口調や「どこの会社に勤めてて、今の年収は?」などという上から目線の質問は不快に思いますよね?
男性としても「偉そうな女だな」とか「俺を査定しているつもりなのか?」と思い人によっては怒ってしまうこともあるでしょう。
いくらお酒の場だからといって相手に対して遠慮が無くなり過ぎるのは危険です。この質問をしたら相手はどう思うか、ということをきちんと考えたうえで会話するようにしましょう。