好きな人は人気者!憧れの先輩のお気に入りの後輩になる方法

shutterstock_116061454_

「先輩」という言葉は女性の気持ちを高ぶらせるなんとも言えない響きを持っています。その言葉を発しているうちにある先輩に片思いをしていた、なんていう女の子も非常に多いのです。

なので「先輩」と呼ばれる男性はいつでも女性に大人気であります。同い年の特に目立ってイイ男でも無い男子が後輩の女の子からキャーキャー言われる、なんて事が起こるのです。

そんな憧れの先輩を好きになってしまったら後輩の女の子が一番に望む事と言えば、「先輩のお気に入りの後輩になりたい!」ということではないでしょうか。

同じ学年の男の子と違って少し手の届きにくい相手のように思ってしまう先輩という存在ですが、後輩というポジションをフル活用することによってお気に入りになれる可能性は無限大に広がるのです。

ではただの後輩から先輩のお気に入りになるためのノウハウをご紹介します。


後輩ってだけで丸儲け?!

後輩というポジションはあらゆる場面でプラスに働く存在であることをまずは理解しておきましょう。誰でも年下の存在を可愛く思い擁護の気持ちが自然と湧いてくるものなのです。

そんな人間の自然な感情を逆手に取ることで先輩へのアプローチを図ることができるのです。しかしそんな後輩アプローチも気を付けなければならないことがいくつかあるので、ここでご紹介します。

まずは女の先輩と仲良くなろう

好きな先輩に自分から猛烈アタックできるのも年下という強みであります。しかし先輩の周りには女の先輩という存在がいることを忘れてはいけません。

女の先輩に一度目をつけられてしまうと思うようにお気に入りの男の先輩に近づくことなどは大変難しくなってしまいます。女の先輩を味方につけることで憧れの先輩に近づく足掛かりをしっかりと作ることが大事です。

体育会系のりで誰からも好かれる後輩を目指そう

後輩という立場をフル活用するにあたって気を付けなければならない点は「後輩としてのあるべき姿を踏まえた上で後輩らしい可愛さを出していく」という点です。

後輩としてのあるべき姿と言うのは、先輩を立てて最低限礼儀正しく振る舞える、ということです。ただ可愛いだけでは後輩という要素が引き立つ事になりません。先輩が喜ぶ後輩として本来あるべき姿をしっかりと見せましょう。

もちろん年齢が近いからと言ってタメ口なんてもってのほかです。どんなに感じの良い先輩にも敬語が基本ということをしっかりと頭にいれておきましょう。あくまでも後輩というスタンスを崩さずにアプローチすることに効果があるのです。

先輩にダイレクトな告白って逆効果?!

先輩に何らかの形で気持ちを伝える上で大事なのは、ここでも後輩という立場が際立つ言葉選びが必要となってきます。

後輩というだけで、年下=可愛いという絶対的なイメージを壊さないためには、いきなり「彼女にしてください!」ではこのイメージから大きく外れることになってしまいます。

後輩は先輩が喜ぶ言葉選びをすることで自然に彼らの懐に入っていくことができます。では、どんな言葉で先輩の心を動かすことができるのでしょうか。

先輩が一番聞きたい言葉とは?!

先輩として後輩に慕われるのは男女ともに先輩冥利に尽きるのではないでしょうか。そんな可愛い後輩に言われたいセリフが何と言っても「憧れています!」の一言で決まりです。

「好きです」という気持ちはこの「憧れています」に十分に含まれているのであえて言う必要はありません。

男性として好きという意味合いと、先輩としての憧れもあるという相乗効果で先輩の心を鷲掴みにできるのです。

男心を刺激する一言で先輩をノックオン

憧れの先輩も結局のところは男の子です。そんな男心を後輩という立場を利用して掻き立てることができるのが、「教えてください!」というフレーズです。

普段は受け身の男性もこのフレーズを聞くだけで男性本能に火が付きます。このフレーズを同い年の女の子に言われるのと後輩の女の子に言われるのでは、かなり意味合いが違ってきます。

自分よりも年下で可愛い後輩からの「教えて下さい」は男性がいくつになっても聞きたいフレーズなのです。これは女の先輩にも使えるのでぜひ仲良くなりたい先輩がいれば活用してみましょう。

後輩というONとOFFを使い分けて先輩を虜にする

憧れの先輩に後輩として接しているだけではいつまで経っても彼女になる見込みが見えてきません。なので後輩という可愛い面を見せつつ距離が近くなってきたら、女性としての一面を見せる必要があります。

しかし忘れてはいけないのは後輩という一般的には弱い立場だということです。周りから反感を買ってしまってはせっかくの努力も水の泡です。

周りの先輩や同級生から嫌われてしまっては恋愛以前に学校生活も危うくなってしまいます。そのためにも常に後輩としてのONの姿を心がけましょう。

そして憧れの先輩と二人きりになる周りの目が無い時にのみ後輩という姿をOFFにしましょう。その時に後輩というイメージからはかけ離れた一面を見せることがポイントです。

では先輩が喜ぶ後輩の意外な一面とは一体どのような顔なのでしょうか。

可愛い後輩の大人な一面

男性は女性のギャップが大好きです。それも頼りなく思っていた後輩が意外としっかりしていた、のようなプラスに働く一面を知ることで、今まで抱いていた印象がガラリと変わるのです。

男性は常に頼られているばかりではそのうちにプレッシャーを感じるようになってしまいます。周りの目がある時は先輩を立ててあげて、二人だけの時はしっかりとした大人な一面を見せて安心感を与えてあげましょう。

普段はタブーな事を解禁する

普段は先輩を頼る可愛い後輩も仲良くなったらたまにタブーを解禁することも先輩を刺激する上で効果的な方法です。

常に敬語を使っている後輩からの思わぬタメ口に男性は呆気にとられてしまいますが、二人だけの時にタメ口を解禁することで周りの目を気にせずに自分らしさを表現してみましょう。

普段はタブーな敬語を止めることで二人の間に秘密の関係が生まれます。男性は女性とのちょっとした秘め事に気持ちが盛り上がること間違い無しです。

しかし日常に戻ったら必ず敬語に戻る、という掟を守るようにしましょう。男性は周りからの評価を異常に気にする生き物です。

後輩が馴れ馴れしく人前でタメ口をきいてくる姿を周りに見られてしまっては、男としてのプライドが立たなくなってしまうのです。

後輩という立ち位置は男性を立てるということに適したポジションであると同時に、ひとつ間違えるとかなり恥をかかしてしまう、という側面があることを覚えておきましょう。

まとめ

憧れの先輩に気持ちを伝えるのはとても勇気がいることのように感じている女の子も多いかと思いますが、実際には後輩というラッキーなポジションが先輩のお気に入りになれる一番の近道なのです。

ここで挙げた方法は憧れの先輩とローリスクで距離を縮める方法をご紹介しました。
学校という小さな世界で生活をする上で自分の素直な行動が学校生活を脅かすことに繋がってしまうことが多々あるからです。

先に卒業してしまう先輩に焦って大袈裟なアプローチをかけるよりも、先輩として、男性として、同じ学校の人として迷惑をかけない方法を心がけましょう。

この小さな気遣いができるだけで、周りの後輩とは違うな、と気づいてもらえること間違いなしです。