男を選ぶポイントは?一人暮らし&サービス業経験者か見るべし!

51shutterstock_83226820

「思ってたのとなんか違う」「もっと面白い人かと思ってた」付き合ったと思ったら瞬く間に別れてこんな言葉を口にする女子っていますよね。いったい何様(笑)たぶん相手の男性も同じことを思っていることでしょう。

なんとなく男性の雰囲気とイメージが実際と違ったことくらいを楽しめず、別れてしまうくらいなら、きっと女子の「好き」という気持ちもそのレベルだったと思うので、今回はスルーします。

もっと彼の本質的なところを見間違って、未来ある女子たちが不幸にならないために、是非チェックしてほしいポイントをピックアップしてみました。


1.バイト未経験者男子は自分を神様と思い込んでいる

確かに「お客様は神様です」という言葉は存在します。しかしそれを逆手に取るような態度は違いますよね。学生生活中にアルバイトで社会経験をしたことがある人とない人とでは、そのあたりの価値観に違いがでやすいです。

飲食店に入ったときや、洋服や生活雑貨を買いに行ったときでも、やたら店員さんに偉そうにしている人っていますよね。そういう人って自分がサービスを提供する側に回ったことがない人が多いのです。

だって相手の気持ちをお考えられないのだもの。むしろ相手に気持ちがあることすら忘れてしまっているのです。店員なんだから、自分の求めているサービスをミスなくスムーズに届けるべきである、と求めるものが大きくなっているのです。

こういう人の特徴

  • お店の人に頼みごとをするとき「お願いします」と言わない
    (例:単語のみで要求 「おしぼり」/最初からキレてる「レジどこっ!?」)
  • なのに自分は「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」を言わなかった店員を絶対に許さない
  • お金を置いたことを顎を出して伝える
  • お店の人とぶつかっても謝らない(「ちっ」と舌打ちする輩も)
  • 「ありがとう」を言わない
  • お店の人に歩くスペースを譲らない(神様ではなく王様のような立ち振る舞い)

想像してみてください。こんな男子ともし生活を共にしたらどんな未来が待っているのか。

彼らはあなたの作ったご飯を「メシ」と単語で呼びます。おかわりがほしいときは無言で茶碗をあなたへ差し出してきて、あなたがうっかり汁物をこぼせば舌打ちが聞こえてくるかもしれません。

当然あなたが手によりをかけて作った料理に「美味しい」の一言もありません。食事が済むと「フロ」という単語が部屋で小さく風のように響き、風呂が済めば「ネル」という単語がかすかにあなたの耳へと届きます。

ああ涙が出そうです。このタイプの男性はあなたの気持ちを理解できない生き物であり、それどころかあなたに気持ちがあることすら忘れてしまった生き物なのです。社会でのあり方さえわかっていないような男は、女の気持ちなんてわかるわけないですよね。 

こんな男性をわざわざ選ぶなんて貧乏くじ収集女だけにしておきましょう。こんな男性の本質を見落としてうっかりミスって惚れちゃうなんて不幸過ぎです。

逆にサービス業にどっぷり過ぎて、どんなお店に行っても自分の価値観がすべてと思い込んでいる男性も実はやっかい男子だったりするので注意が必要です。

こういう男性は注文した品が出てくる順番やタイミング、テーブルのセッティングなどに非常にうるさいので、一緒にいても純粋に食事を楽しめません。

「生ビールを待たせるなんておかしなことこのうえない!」と厨房まで取りに行ってしまうような男性は、喉がカラカラで死にそうなときだけでいいです。

気になる男性と食事に行ったら、彼の注文の仕方に注目してみると本性が垣間見れるのでチェックしてみましょう。

2.一人暮らし未経験者は女性を母親と思ってしまう

  • 通帳の場所が分からない
  • 靴下がしまってある場所が分からない
  • え?ビールっていつも冷蔵庫にあるものじゃないの?
  • ガスとか水とか電気とかお金払うの?
  • 「明日喪服が必要なんだけどなんでないの?」って買った覚えがない本人が当たり前に言う

こんな態度だったりこんなことをしれっと言ったりするのがこのカテゴリーの男子です。もうこれだけでものすごく面倒くさくないですか?

この面倒くさい男性は、結構存在するのでやっかいなんです。私の友人たちで、この手の男子と結ばれた女子はいますが、一緒にいると友人には申し訳ないけれど、こちらストレスです。

結婚するまでは自分の母親がなんでもしてくれていて、それを当然と思って感謝もできていないので、結婚後も当たり前にそれを奥さんになった人に求めてしまうんです。結果、できて当たり前で、できないと文句たらたら。

私の友人とそんな男性との愛の巣へお呼ばれしたときも、男性は口であれこれ指図はするくせに、全く手伝いません。「まずはビールを持ってくるのが当たり前だろう」だとかいちいち口を出してくるくせに、自分はだらしなくつまみをこぼしながら食べている始末…。

そんな男性を前に「お前もケツをあげろ!」と心の中でずっと思っていました。私の友人は完全にお母さん扱い。

この手の男性は客観的に家での自分の振る舞いを理解できていないので、平気で人の家の冷蔵庫を開けたりします。そして威張っています。

どうですか?一人暮らし、サービス業の未経験男性はありですか?なしですか?

もし、どうしようもなく好きになってしまった男性がこの手のタイプだったら…
あなたにその男性をじっくりしつけられる肝っ玉があるならいいかもしれませんが、敵も相当なつわものであることを忘れずに…。