本音は違うところに!信じちゃいけない男からの言葉5選

本音は違うところに!信じちゃいけない男からの言葉5選のイメージ画像

男性からの甘く蕩けるような言葉、言ってもらえると嬉しいですよね。しかし、その言葉、もしかしたら口から出まかせかもしれません!全然思っていない事をいかにもそれっぽく口にし、熱っぽく語る男性がいます。

また、その時は本気だったけど、実際は違う!なんて事もあり得ますので、注意が必要です。こんな言葉を言われたら、それは嘘かも!信じない方がいい!というのを経験者から話を聞き、5つ集めました。

1、「たとえ漏らしても、お前の事が好きだ」

セックスの時にこの言葉を言われたのは、28歳の女性です。本当かしら?と実際に漏らしたら、ドン引かれたそう。それが原因となり破局を迎えました。

ちょっと信じてしまうのもどうかとは思いますか、セックス時の盛り上がっている場面で男性が口にした異様な言葉は極力信じない方がいいでしょう。セックス時の「騙されるな言葉」はこの他にも色々ありますので、まとめます。

  • 毛の処理をしなくても、好きだよ
  • 性格が好きがから、太ってもこの気持ちは変わらない
  • お前にだったらケツを弄られてもいい

以上です。この言葉を盛り上がっている場面で言われても信じない方がいいでしょう。「○○しても(しなくても)、好きだ」というのは冗談半分に受け取った方が無難です。本当にそういうフェチがあれば、「○○して!」とストレートに要求してくるでしょう。

2、君の声は癒されるから毎日聞きたい&部屋に毎日来てほしい

これは嘘です。実際、32歳の女性が毎日電話を掛けたら「今日は疲れているから止めてくれない?」とあしらわれたそうです。彼の部屋に毎日行っていた30歳の女性は「そろそろ自分のとこにも帰ったら?」と門前払いをくらったとか。

もし、本当に一緒に暮らそうと思っている場合は「そろそろ同棲しようか」と男性は提案します。なので、この言葉も信じない方がいいでしょう。

毎日○○したい、してほしい、と言った願望系はあくまで願望であって、実際それを実行すると「それは言葉の綾だよ」という結果になります。

3、化粧しているより、スッピンの方が好きだな

この言葉を信じて、スッピンでデートに行った28歳女性は、「化粧してきたら?待ってるからさ」と追い返されたそう。

ひどい!とは思いますが、これは「それぐらい好きだ」という比喩表現なのでしょう。真に受けないよう、気を付けてください。

男性のスッピンが好き、はあくまでナチュラルなメイクが好きだ、という意味です。本当のスッピンで行く事はしないようにしましょう。

4、お前の作るものならなんでも美味しい

「嘘です」と声を揃えたのは主に40代の主婦の方、結婚する前にこう言われたのに、いざ結婚したら「これ、あんまり美味しくない」「味付けが薄い」「俺の実家はこうだった」と言われるのだとか。

赤みそ白みそで喧嘩をしたり、おでんの具で喧嘩をしたり、と育ってきた環境により舌の違いが段々と表面化してくるらしいのです。付き合っていた時は何でも食べてくれたのに!と憤懣していました。

この他にも、

  • 家を建てたら君の思う通りにしていいよ
  • 君と結婚したら毎日早く帰るよ
  • 飲み会は極力断るようにするよ
  • 家事は折半しよう
  • 僕は僕の両親とは一緒に住まないよ(面倒見ないよ)

等も口だけの可能性が大なので要注意です。

5、休みの日はいつもどっかに遊びに行こう

これも嘘です。25歳以上の女性が最も感じている男性に裏切られたと思う言葉がこれでした。特にサラリーマンの男性に言われて、付き合う&結婚し年月を重ねると、どこにも連れて行ってくれないし、最悪は家で寝てるだけ、になるのだとか。

疲れているのは分かるけど、遊びに行こうって言ったじゃん!と女性は騙された気分になるらしいのです。

男性の「ずっとこうしてあげるね」は、してくれない!と女性は憤然と語りますので、そのつもりで心構えをしておきましょう。