彼は本当にしっかり者?実は責任感がない男の名ゼリフ5選!

6

とってもしっかり者の彼。色々考えて行動してくれる思慮深いところも素敵だし、なかなか会えないけど仕事を頑張っている姿も素敵!

自分がパッと直感で動くタイプなら、慎重に考えて色々説明してくれる彼が頼もしく感じるというものです。おまけに、自分を気遣っているそぶりもあってとっても優しい!

でも、その彼本当にあなたが考えているような、「しっかり者」なのでしょうか?実は今、「しっかり者に見せかけた責任感のない男」 が急増中!

言葉や体への暴力でDV気味だったり、働かずにヒモ状態だったり、その他借金やギャンブル癖、浮気癖のような絵に描いたダメ男なら、女の子だって「コイツはダメだ」とすぐに分かって捨てられます。

でも、この「しっかり者に見せかけた責任感のない男」は、とっても厄介!そんなダメ男の兆候はうまく隠し、むしろ「ちゃんとした素敵な人」に見えるので、女の子の勘が鈍ります。

DVや浮気をされた訳ではない、別れを決意する程の決定的な事件も無い。だから「ん?おかしいかな?」と疑問に感じることがあっても、別れる程じゃないし、別れるのは少しもったいないような…と判断が難しいのです。

自分の彼は大丈夫か気になっても、どこをチェックして良いか分かりませんよね?そこで、実は「責任感がない男がよく言う名ゼリフ」を5つご紹介します。自分の彼に兆候はないか考えてみましょう!

君のことを思って考えると…

shutterstock_1441419560
誰かに意見をする時や、恋人に興味がなくなり別れたい時に良く使う言葉です。意見はしつつ、自分が悪者にならないように、うまいニュアンスで伝えます。

主語は必ず「自分以外の誰か」で始まる

「俺はこういうのは嫌だ」「俺はもう好きではない」と、「俺」を主語に説明する人は、無責任な男ではありません。無責任な男は、ネガティブな話をする時には必ず「自分以外の誰か」 を主語に説明します。

「君のことを思って考えると…」「うちの母がうるさくて申し訳ないし…」等、あくまで「俺は良いけど、君のことを考えたら…」というニュアンスを出す のがポイントです。

いつの間にか、上下関係が発生?

「君は悪くないよ。俺が…」というこのニュアンス、彼に夢中な恋愛女子は「私のことを真剣に思ってくれている!」 と思ってしまいます!むしろ謙虚で控えめな姿勢の彼を一層素敵に感じ、別れるのが惜しくなるなんてことも。

「そんなこと思わないで!私、大丈夫だから!!」そう言ってしまうと、もう大変!次から何か不満があっても、「だから言ったのに、それでも良いって言ったよね?」と思われないかと言いだせない事態に。

「私が自分で良いって言ったんだから…」と彼女が自分自身に暗示をかけることで、「彼に不満を言うのは私のわがまま」と、暗黙のルールで彼が有利な上下関係が出来てしまい ます。

主語を自分以外の言葉にすると、結局うまくいかなかった時に「俺は言っていない」と言い逃れすることが出来ます。

自分の気持ちを人のせいにして伝えたり、相手が決断をするように誘導する会話をしたりする人には注意が必要です!あくまでも、彼女の幸せを決めるのは彼女自身なのです。彼が勝手に決めて良いものではありません。

「君のことを思って考えると…でも俺は一緒にいたいんだ」「母のことを考えると君に悪いし、もう俺も疲れたし限界だ」と、「自分の意見」を言える人が、本当にしっかりしている人と言えるでしょう。

俺が意見するのは簡単だけど…無責任なことは言えないよ

shutterstock_1955015010
彼女に仕事を辞めたい等の相談や、友人とのトラブル等、彼女の生活において大きな分かれ道になるここぞ!という時に、この言葉を発します。

具体的なアドバイスは感想も含めて絶対しない

「もう嫌なら転職すれば?」「そんな、意地にならなくてもいいんじゃないかな…」このような具体的なアドバイスや感想 は絶対に言いません。

この言葉を言ったとしても、その後必ず「俺が口を挟める問題じゃないし…お前が自分で決めるのが一番だよ」という言葉をセットにして、「●●君が言ったから」と言う責任が後から来ない ようにしておくのがポイントです。

あくまでも、「お前が自分で決めた道」と位置づける ことで、もしその後うまくいかなくても「俺が言ったから責任とらなきゃ」という状況には決してならないようにしているのです。

いつの間にか、彼を尊敬してしまう

こういう彼は、話はきちんと聞いてくれます。彼女の気持ちを聞く分には、「自分の責任」は発生しないからです。その段階で既に、彼に夢中な女子は「弱音が言えて頼れる人」 と思いこみます。

そう思いこんだらもう大変!「確かに彼に甘えていた」「私の問題なのに…」「そうだよね、自分で決めなくちゃ」と自分の態度を反省し、彼が自分を成長させてくれているような気さえしてきます。

「無責任な事は言えないよ」は「俺は責任負えないから」 という言葉と同じなのに、あえてこの発言をすることで、「責任を持っているからこそ言う言葉」と勘違いをしてしまい、軽はずみな事を言わない彼を思慮深いと尊敬してしまいます。

具体的なことを言ってしまうと、「あなたも賛成したよね?」「あなたが反対したよね?」と責任を負わされる原因になってしまいます。それを避けるために聞き役に徹しているのです。

「ずっと一緒にいたいし、結婚したいね」と彼女が言ったのに、「将来何があるか分からないのに、軽はずみに結婚を言えない。でも、したい時には俺から言うよ」と言うのもこのタイプ。「今、ずっと一緒にいたいと思ってくれているか」を聞きたい女子はがっかりです。

「俺はこう思うけど、お前が思うようにすればいいよ」「俺ならこうするけど、俺はその友人を知っている訳じゃないし口を挟めないよ」等、自分の考えを述べた上で彼女に決断を委ねる人が、本当に彼女を考えてくれている人 と言えるでしょう。

君の好きにしていいよ。君に合わせるよ

7s00
何でも彼女に合わせてくれて、たいていのことはOKして色々手配してくれる彼。彼女の意見を優先してくれるので、優しい彼氏と思われがちですが、ただ面倒臭いだけの場合もあります。

主体性が全くない

「●●と▲▲、どっちが良い?」「今日、ドライブでいいかな?」等ではなく、常に彼女の言うとおりに動くタイプです。

全く自分の意見を言わなかったり、主体性を持って動かなかったりする場合は、「彼女の言うとおりにしておけば楽だし」「自分で決めるのが面倒くさい」 という心理が働いている可能性があります。

彼女が嫌いなわけではないし、一緒にいるとそれなりに楽しいけれど…正直、「自分が色々決めたり工夫したりしてまで手間をかけたくない」「彼女の言う通りにしておけば間違いないだろう」というところがポイントです。

自分は愛されていると勘違いしてしまう

大抵のことは自分の言うとおりに希望を叶えてくれることから、彼に夢中な恋愛女子は「私は愛されている」「とても大切にされている」 と思いがちです。

「俺もそこが良いと思っていた!」「じゃあここにしよう。来週は●●行こうよ!」等、彼の主体性がある上で彼女に合わせているなら良いのですが、ただ受け身のみの場合は注意が必要です。

自分の好きな彼と、自分の行きたいところに行く。このシチュエーションで不満を持つ人はそういないので、彼の自分に対する愛を疑おうなんて、思いもしない場合がほとんどです。

面倒くさくても、楽なのが理由でも、「彼女の言うとおりに動いて彼女とケンカしないなら、それで良いじゃないか」と思う人がいるかもしれません。

でも、もし結婚して姑と意見が合わなかったり、彼の友達が何か言ってきたりした時、彼は守ってくれるでしょうか?

「面倒だから合わせておいて」と言って、あなたより怒らせたら面倒な人が現れた場合、そちらの味方をする かもしれません。

忙しくて…。仕事に集中したいんだ

shutterstock_622405949
会社で働いていると、残業や出張が忙しかったり、必要な資格を取らなくてはいけなかったりと忙しいのは事実。仕事をバリバリとこなす男性はカッコイイ!でも、それがずっと続くようなら要注意です!

自分で時間を作ってはくれない

「仕事が忙しい」とは、男性にとってとても便利な言葉です。本当に忙しい人もたくさんいますが、「忙しい自分は出来る男!」と勘違いして演じている 場合も…。

出来る男は時間を有効に使ったり、ONとOFFの切り替えをしっかりして休んだりしています。つまり、遊べない程ずっと仕事が詰まっているのは、「仕事をさばけない男」 の可能性があります。

会えない分、無理の無い範囲で連絡をしてくれたり、「今プロジェクトが終わったら休みになるから」「来週は仕事早く切り上げるよう頑張ってみる」と言ってくれたり、時間を作ってくれているなら大丈夫です。

責任感がない男は、「仕事が忙しくて時間がない」という言葉を振りかざして、誰も文句が言えない魔法の言葉 にしてしまうのがポイントです。

気づいたら、都合の良い女になっている場合も…

仕事だからしょうがない、仕事だから文句は言えない。そう我慢している女性にとって、彼からのご飯のお誘いは嬉しいもの!でも、その時の彼はどんな様子ですか?

「ごめんね。なかなか会えなくて」「俺も会いたかった」等、気持ちを伝えてくれれば良いですが、会社の愚痴や会えない言い訳ばかりしていませんか?

彼に夢中の恋愛女子は、「私に愚痴ってくれている!支えなきゃ」「彼が私に弱音を吐いている」 と思いこみます。また、久々に会えるのでいつ呼び出しても、すぐに飛んで行ってしまい、結果都合の良い女 になりやすい傾向があります。

何だか最近会えないし…と不満を言おうものなら、「お前が寂しいなら仕方ない、別れようか」と言ってくるので徐々に不満も言えなくなります。

何も説明せず、あなたが寂しそうにしていると「君が限界そうだから」と彼女のせいにするのは、責任のなすりつけというものです。

特に、先輩や上司とは飲みの誘いについていくのに、あなたとの約束はいつも「仕事だから」で済ませているのなら、あなたの優先度は彼にとって低くなっている のかもしれません。

会う時間がなくても、あなたの寂しさを理解してくれたり、申し訳ない気持ちを伝えてくれたり、電話やメールを少しでもしている心配りがあれば良いのです。

「忙しさ」を理由に時間を作ろうともしない、寂しい我慢を共感も感謝もしてくれないなら考えた方が良いでしょう。「忙しい」状態で、あなたの為に何をするか が大切です。

大切なことだし、ゆっくり考えたい

shutterstock_1015780893
色々考えて、しっかりと計画を練って物事を進めていく…。それ自体は決して悪いことではありませんし、考えなしな人より良いという意見もあるかもしれません。でも、例えば告白の返事や結婚の話でこういうことを言う人は要注意です!

曖昧にして乗り切り、いつの間にか流す

「1週間くらい考えさせて」や「うーん…まだ結婚ってピンと来ないんだよね」と自分の気持ちや、考えがまとまるであろう期間を伝える彼なら大丈夫です。だってそれは「あなたの気持ち」を大切に考え、誠実に対応している から。

「結婚はまだしたくない」とハッキリいうタイプより、「君とは考えているよ。でも、大切なことだしゆっくり考えたいんだ」と言葉を濁すタイプの方が一見、物事を慎重に考えて誠実に対応いるように見えてしまうのが難しいところ。

ハッキリと気持ちを言うと女の子だって別れようかなと踏ん切りがつく場合でも、濁されただけだと、ズルズル付き合うハメになってしまいます。

結婚の話は、切り出しにくいタブーテーマになる

考える期間を言われると、「あの時の返事…どうかな?」と言いやすいですが、特に期間を設けていなかったり、具体的な気持ちを言われないままだと切り出しにくくなったりしてしまいます。

こちらとしては、早く返事を聞きたいのに、彼にとって1週間は短いのかもしれない。あまり急かしすぎると引いちゃうかもしれない…等、その時点で少し不利な立場 になります。

そうしているうちに時間が経ってしまい、今更蒸し返しにくいタブーテーマになってしまう場合も…。慎重に考えてゆっくりと物事を進めるのは良いことですが、女の子には出産や年齢等の事情もあります。いつまでも曖昧にして流すようなら考えましょう。

少し厄介なのは、彼にとっても「あなたが少しは魅力的」だと言うことです。この「少しは」というのは、人に取られたくないから早く自分の物にしておきたい程ではないけれど、悪い子ではないと感じている場合のこと。

「いつかはしたいと思っている」「でも今すぐにって訳には…」と曖昧に流した結果、年数を重ねて結局別れるなんてことも。結婚を引きのばしていた男性が、次の彼女とはスピード婚をするなんて話は珍しくありません。

1度くらいならまだしも、何度も引き延ばすようなら「とりあえずキープ」になっていないか よく考えてみて下さい。

責任感がない男の共通点

shutterstock_1818028303
しっかり者に見えていて、実は責任感がない男の5つのセリフに聞き覚えはあったでしょうか?彼らにはこういう共通点があります。

  • 相手よりも自分が好き!
  • 肝心なところは何も言わずに逃げる
  • 重要なことは全て相手に決めさせる
  • それっぽい言いわけが得意

また、「罪悪感をもちたくない為、自分は常に良い人でいたい」 という願望を持っている場合もあります。これは彼が無意識の場合もあるので本当に見わけが難しいところです。

例えば、結婚を引きのばす例をあげると、付き合うには良いけれど、結婚までは考えられない彼女だった場合、長年付き合っているのに結婚をしないというのは、相手や周囲からも反感や疑問を持たれます。振るなんてしたら尚更です。

そこで曖昧に何度も流していると、彼女の方がしびれを切らして「もういい!別れよう」と言ってきますよね?そうなれば自分は「振られた被害者」ですから反感を買うことはありません。そんな時に、あの名ゼリフを言うのです。

  • ごめん、君の為を思うとそれも当然だよね。僕が悪い
  • 自分の気持ちが決まるまでは、軽はずみに無責任なことを言えなくて…
  • 君の好きにしていいよ
  • 仕事が忙しくて考える暇がなかったんだ
  • 一生のことだし、君との将来は大事だからゆっくり考えたかった

こんなことを言われたら、「しまった!ごめんなさい私が言いすぎた。ごめん、あなたの気持ちも考えずに…彼も彼なりに考えていたなら急かすことはやめよう。だって、こんなに色々考えてくれているのに」なんて反省したくなりますよね?

こんな男にひっかかり、ズルズル付き合ってしまったらもう大変!時間を無駄にしてしまう前に、しっかり見極めるように気をつけましょう!