迷走する女性が急増中!激変する30代からの恋愛に備えよう

shutterstock_116150530

「30代に入ってから恋愛がうまくいかない」そう口にする女友達が私の周りも急激に増えていきました。30代ともなると、その生き方もさまざまです。すでに一人前の大人として認識され、経験も積み、知恵も身につけたはず・・・・。

そんな彼女たちが迷走を始める30代から突然のしかかってくる負荷とは、一体どういうものなのでしょうか。また、周りから「痛い女性」と思われる30代女性の特徴について分析し、陥りがちな失敗例について見てみましょう。

20代から30代への変化とは?

shutterstock_212231296

30代を迎える女性は肉体的にも精神的にもさまざまな変化を迎えます。それと同時に、周りからの扱いにも変化が生じ、今までの立ち位置からも外れることになります。

それでは30代の女性が20代とは変わったと感じた周りからのリアクションや自分自身の振る舞いについていくつか挙げてみたいと思います。

以前に比べ相手から話しかけられなくなった

20代の頃は、黙っていても相手から話しかけられたもの。

しかしながら30代に入ってから、どうやら勝手が違うようなのです。社会人としての経験も随分と積んで、貫禄もついてきた頃。相手にも構えられてしまって、気付けば敬語で当たり障りのない会話を繰り返すだけ。

自分から積極的に話しかけて、会話を盛り上げていかないと、ほっとかれたまま、孤立する可能性が高くなります。やっぱり大人としての社交術が必要とされるということでしょう。

異性と仕事の話をガッツリするようになった

若い頃は男性との会話は、たわいもなく、その若さを存分に持ち上げて、合わせてくれていたものです。黙っていても笑顔でいれば、相手も喜んで会話を弾ませてくれました。

しかしながら年齢を重ねると、相手の興味関心のある「若さ」はすでに持ち合わせておらず、立場はフェアなものに様変わりし、大人の女性としての扱いへと変化します。

そして行き着く先は仕事の話。相手からのクールなアドバイスに納得してみたり、気付けば目的は恋愛というより、ビジネスチャンスになっていたり・・・。

笑ってごまかすことが苦しくなった

無知を装った非常識な言動や、知らないことをただ笑ってごまかすという態度は、若くてかわいい女性がやれば、許されるものですが、さすがに30代に突入した女性には厳しいでしょう。そのような態度は、教養のない人間として、相手の興味を削ぐことになります。

知らないことは仕方ないのですが、昔のように「テヘッ」と笑えば、周りも微笑んでくれるのは過去の話。無知を恥じましょう。

求められる会話レベルが高くなった

男性は自らの雄の本能からして、無条件に若い女性に惹かれるものです。頭でじっくり考えて、その良さを感じるというよりも短絡的で即物的なものでしょう。

よって、若い女性との会話に中身がなかろうと、ただの馬鹿話であろうと一向に構いません。そこが目的ではなく、判断基準もそこにはありません。

しかしながら、30代女性ともなれば、男性の見る目は厳しくなります。大人同士としてフェアな会話が求められるため、人としての女性の資質を突くような話題が展開されるでしょう。

周りから痛いと思われがちな30代女性の特徴

shutterstock_217656226

20代から30代へと大きな変化を遂げる女性たち。求められることも変わっていく中、いつまでも変われない女性は成長のない人間と見なされ、次第に相手にされなくなります。ここでは周りから「痛い女性」と思われる女性の特徴を挙げていきます。

抜けないガーリー感

「いくつになってもガール」なんていう雑誌の謳い文句がならぶ昨今、感化されるのは勝手ですが、そこには客観性も必要でしょう。とりあえず「かわいい」を連発するのは止めて、身につけるピンク感も、ふわっと感も、見直す時かもしれません。

年を重ねると女性は確かにかわいいものに惹かれる傾向にあるのも事実。ワンポイントとして持つなら問題ないのですが、「カワイイ全開」と言わんばかりの趣味は周りから見ても痛い女性。私らしさや好みは、客観性を持って判断しましょう!

甘え癖が抜けない

仕事上でも、面倒なことや、できないことがあったりしたら、若い頃は困ったあなたに気付いて誰かが手を貸してくれたかもしれません。しかし年を重ねると、立場は変わり、今度はあなたが周りに目を配り、手を貸すポジションへと移行していくことになります。

その転換がうまくいかず、いつまでも甘い声を出して、助けを乞う女性は正直痛いです。社会人としての自覚が足りないと周りからの信頼もなくすことになるでしょう。

正論をふりかざす

経験を積み、知識を身につけた女性にありがちな、「私は正しい」の態度。はっきり言って周りも迷惑します。女性は一般的に男性と比べて、自分自身の感情を言葉にすることに優れており、口がたつと言われます。

よって正論をふりかざし、男性を負かそうとする傾向がありますが、周りからみて「またやってるよ」と思われないよう節度をわきまえましょう。

大切な時に、必要な意見を伝えてくれる人という存在ではなく、自分の都合ばかり優先した文句をいう人とならないよう、気をつけて下さい。

うまく年を重ねるためには

shutterstock_27056038

前述した通り、20代から30代への変化はかなりインパクトのあるものと言えます。年をとることで自分自身が成長をしていかないと、心は20代のままで、周りから浮いた存在になりかねません。

年を重ねることで大切になってくることは、客観性と主体性であると思います。冷静に自分自身を見つめる時間を持ち、仕事でも人間関係においても周りをみることが大切になります。

また若い頃のように、わからないからと待っていても誰も助けてはくれません。自分のことは自分で責任を持ち、主体的に物事に取り組むよう心掛けてみてください。