こんな日常の差で恋愛ブスになる?!恋愛美人の習慣とは?

こんな日常の差で恋愛ブスになる?!恋愛美人の習慣とは?

恋愛においても、それ以外でも小さな習慣は大きな変化へと変わっていきます。

こんなことで、モテたりするの?と疑い深い方こそ、ノウハウ本やテクニックを紹介するコラムに対し「こんなんでうまくいくはずがない」と思い避けてきたのではないでしょうか。

実は、それだけ素晴らしい知識が紹介されても、実践するのは5パーセントの人だけと言われています。

わずかな努力が違いを生み、結果を招いていますのでこれから紹介する「習慣」を見直してみましょう。

ありがとうと1日何回言っていますか?

「ありがとう」、漢字にすると「有り難う」。字のごとく、有るのが難しいということです。

その気持ちが乏しいと、”私は収入もよくないし、友達もいない。○○さんはあんな素敵な彼氏や友達がいるのに、自分は不幸だ”と感じる人もいるかもしれません。

そういう不安な気持ちは、男性に対しても「他の人といた方が楽しいと言われてしまうのではないか」と伝染していきます。

仕事があること、友人がいること、そういう「有る事」に対して、単純に感謝の気持ちを持つことを心がけましょう。

友達がいないと言う人こそ、そういった弱音を吐ける友達がいることにさえ、気づいていないのです。

また、上記に該当する方も自分は感謝の気持ちが持てない、乏しい人間だと思わずに、まずは口に出して言うことから始めましょう。

感謝の気持ちを持っている人は、それが周りへの気遣いに繋がり、小さなことでも「してもらった事」が着眼点になります。

簡単に流されない、自分軸を持つ

恋愛美人は尽くすように見えて、同じだけ自分にも労力をかけています。

その反面、自分を犠牲にし、他人を優先しすぎると恋愛ブスになってしまうだけでではなく日常生活においても、人にすぐ影響されてしまい、疲れてしまいます。

努力の方向性を間違っていないか、自分の心をすり減らして他人にあわせていないか。自分の心に聞いてみましょう。

自分を労る気持ちは、「自尊心」へと繋がり、その余裕が彼や友人などを満たす根源となるのです。

恋愛美人は自信に満ち、輝いている人

考えてみてください。猫背で周りの様子を伺うような自信の無さげな目、ボサボサの髪をしている人に対して憧れを持つでしょうか。

内面も大事ですが、自信を持つには外見を変えることが手っ取り早いです。また、やりたいことを思いっきり心から楽しみ、笑うこと。

感情に浸ること。それをひたすら実践し、心のブレーキを外すことで自信へと繋がります。

感情を出すのが恥ずかしい、という方は自分がどう思ったか。という点に目を向けてみましょう。

心から楽しめない、楽しい事がないという人は、「でも、こうした方がよかった」と論理的に考えてしまう方が多いです。

あなたの人生ならば、あなたがそう思った事が正解なのですから、自信を持ってもいいのです。

どうか、友人、彼氏、そして自分の持っているもの、有るものに目を向け、活かしてください。

よく人は「自分探しの旅」と外に意識を向けていますが、答えはいつも自分が持っているもの。

恋に繋がる出会いも同じで、外に求めるのではなく自分が満たされることにより、その余裕が、良い恋愛へと繋がっていきます。