長い間好きな人ができない社会人女性が行くと効果的な場所5カ所

長い間好きな人ができない社会人女性が行くと効果的な場所5カ所のイメージ画像

恋愛できない女性に圧倒的に足りないもの、それは恋愛をする意志です。彼氏は欲しいけど、いい出会いがないし、まぁいいや。と思っている女性のなんて多い事か!

女性は恋をしてこそ、輝けるものです。切ない思いもドキドキする気持ちにも遠ざかっていませんか?「付き合うプロセスがめんどくさい」「いい人がいればね」で片付けていませんか?

なんとなく感じる「ヤバいかも」、これを見ているあなたは漠然と「恋愛しなきゃなあ」と思っている筈。

長い間、恋愛から遠ざかっていたけれど、あるきっかけで彼氏ができた女性にアンケートを取ったり友人の伝手を辿り情報を入手しました。

恋をしたい気持ちに火をつけてくれる場所を5カ所ご用意しました。恋愛は生活や感性を豊かにしてくれます。あなたの恋をする気持ちに花が咲きますように。

1、ママにもよるけど、オカマバー

「オカマバー(ゲイバー)に行くと、何故か彼氏が欲しくなる!」と私の周囲ではちらほら聞きます。ママやお店の雰囲気もあるのですが、喋りが上手く面白く、多少毒舌だけど、恋愛相談には、ズバリ的を得た事を言ってもらえるから参考になるのだとか。

「あんた、女なだけで幸せよ」という言葉。葛藤を乗り越えた彼女たちの勇士に心を動かされるのだそうです。「私も頑張ろうと思った」「恋愛しようと思った」という思いがどこからともなく沸々と湧いてくるのだとか。ぜひ一度、足を運んでみては?

2、アルバイト&ボランティアで老人ホーム

私の友人の数名が老人ホームのボランティアで「恋をしようと決意した」と言っていました。比較的元気な方の多い老人ホームでは、おじいちゃんとおばあちゃんが昔の恋の話を聞かせてくれるのだそうです。それを聞いて、恋がしたくなったのだとか。

あとは、おじいちゃんとおばあちゃんの生活を見ていて、なんとなく恋がしたくなる事も多いらしいのです。何故かはわかりませんが、漠然と「ああ、恋しなきゃ」と思うのだとか。一度、社会貢献を兼ねて行ってみてはいかがでしょうか?

3、やっぱり出雲大社で恋愛力をみにつける

出雲大社は縁結びで有名ですが、恋をしたくなる効果もあるのだそう。恋愛にそこまで興味がなくても、「出雲大社に行ってから彼氏ができた」という話をよく聞きます。それも、がっつり求めていた訳ではないのに、という話。

この記事を見ている女性にはピッタリなのではないでしょうか?「なんとなく恋がしたいけど、でもなぁ」という方は是非出雲大社に足を運んでみてください。良縁&誰かを好きになる感情が舞い込んでくるかも?

4、中学生の時の母校の校庭に行く

圧倒的に多かったのが、この回答。原点に帰るという事でしょうか。初恋を思い出す&初カレを思い出すのだとか。中には、「帰省して懐かしい人と出会いその後、連絡を取り合うようになった」というお話も聞けました。

なにはともあれ、人生には一度、身体ごと振り返ってみる事が大切なのかもしれません。忘れているものや失ってしまったものを取り戻すには、初めての場所に行くのがいいのかも?

5、大根島の牡丹園、特に「由志園」がおすすめ

島根県は出雲大社など、神話の原点とも言える場所ですが、大根島の牡丹園はちょっと人生観が変わるような美しさ。ここには1人で行くようにしてください。出雲大社の立ち寄った後、ぶらりと訪れるのもいいですね。

牡丹の持つ不思議な強さに魅了され、恋心に花が咲くようです。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という諺があるぐらいです。若く魅力的な女性に牡丹はピッタリ。

いかがですか?とにかく、まず、恋をしたいと思えるような場所に行ってみるのが第一歩。人を好きになりたいと思い、行動する事が大切です。

この他にも、スポーツジムやニューヨーク、地元の神社なども上がりました。素敵な恋ができるよう、恐れず、めんどくさがらず、足を向けてみてください。