人見知りする女はモテる?男性をキュンとさせた恋愛の新常識

4

「これをやればモテ間違いなし!」そんな情報は山のようにあるけれど、男だって馬鹿じゃない。わざとらしい素振りや、恋の駆け引きなんてバレバレ。

どこかで見聞きしたようなやり方じゃ、もう通用しない。何かまだ男性に見つかっていない、効果的な方法はないの?

今まさに気になる男性がいるという方、ご安心ください!それなら、今までの恋愛マニュアルにはなかった新常識をご紹介しましょう。

わざとじゃないから仕方ないけど・・・アラサー女性にありがちな残念なパターン

8
恋に恋する10代、駆け引きしながらの20代の恋愛。そして今。年齢を重ねるごとに少しづつ、恋愛の仕方も変化しているはずです。

けれど必ずしも、成長に比例して上質な恋愛ができるようになるとは言えません。まずは「これまでの経験を活かしたらこうなりました」という残念なケースを見ていきましょう。

「許容範囲は広めです!」経験豊富な姉御肌タイプ

身近にいませんか?誰とでも打ち解けられて、面倒見が良くて一緒にいるのが楽な女性。同性としては、羨ましくも頼もしくもありますよね。

アラサーともなると、各々の個性がかなり際立ってくるものです。その中でもこの「姉御肌タイプ」は歯に衣着せぬ物言いでストレートな意見をぶつけてくる女性です。もちろんそれは自分自身のことについても同様。

これまでの恋愛遍歴を赤裸々に語りますし、終わったことにうじうじ悩むこともありません。(少なくとも表面上は・・・)

そして気になる男性と話す機会があったとしても、あえて彼のマイナス部分を浮き彫りにしたりします。つまりダメ出しをするわけです。

その裏に隠れているのは「今までそんなこと言ってくる女なんていなかったでしょ」そんな自己満足感。そして「どんな貴方でも私なら大丈夫だけどね」というアピールです。

けれどその思惑も虚しく「はっきり言ってくれて助かるよ」なんて完全に友人扱い。いつまでも飲み仲間のまま、なんてことが多いようですね。

「もう疲れちゃった・・・」ネガティブオーラ全開の不幸自慢タイプ

ネガティブ・不幸と言っても、このタイプに見られるのは本当に辛い日々を送る女性のことではありません。

どちらかと言えば容姿に恵まれていて、ときに女性から孤立していたり羨まれていたりする人を指します。恋愛経験ももちろんあります。

気になる相手に対しては、いかに元彼で苦労してきたかを語ります。浮気されたとか、別れてからも復縁を迫られてストーカー被害にあっただとか何でもござれです。

ここでポイントなのが、いくら過去に大変な目に遭っていようとしっかり本人のネタになっているということ。実はかなりたくましい女性というわけです。

けれど「きっと私が悪かったんだよね・・・」と反省する自分をアピール。そしてとどめは「こんな女ってひくよね?」とプッシュ。どちらも、男性から「そんなことないよ」を引き出そうとするやり方ですね。

確かに、このテクニックで釣られる男性はゼロではありません。けれどリスキーで非効率ですし、経験豊富で鼻が利く男性なら距離を置こうとするでしょう。

「どうせ私はおひとり様」恋愛なんて興味なさ気な開き直りタイプ

初対面では「どことなく」個性的だと評価されますが、一度仲良くなると長続きするような人。恋愛経験は多くなく、異性の友人も少ないタイプです。

異性とは仕事や趣味の場で知り合うことが多いですが、恋愛の「れ」の字も感じさせない素振りで「恋とか面倒じゃない?」と探りを入れたりします

けれど決して下心や悪気があるわけではなく、次の一手の打ち方がわからないのです。そのため知り合ってすぐの頃は、ひたすら相手を観察することを徹底します。

そこから徐々に彼の好きな女性のタイプを探り出し、少しずつ自分を近付けていくのです。言葉や仕草でアピールするのではなく、形から入ろうとする傾向があります

けれど、この変化に気付かない男性がほとんどのようです。具体的なアプローチをしませんので、それ以上は発展することもありません。

これは盲点!今どきの男性がキュンとする女性像はコレだった

2

人生経験豊富なはずのアラサー女性に見られる「残念な恋愛パターン」ご自身にも思い当たる点はありましたか?

実際のところ、テクニックやアピールを駆使して相手の気を引くやり方が通用するのは恐らく20代の恋愛まででしょう。では自分と同年代の相手には、一体どんなスタンスでいるのが間違いないのでしょうか?

「人見知り」は飾らない女の進化系?その魅力はこんなところ

私たちアラサーにとって、一から始める恋愛というのは想像以上にレベルが高いものです。さらに、恋愛マニュアルを鵜呑みにした小手先のテクニックで男性を惹きつけるのは至難の技と言えるでしょう。

そんな中、注目したいのが「人見知り」を上手く活用することです

最近ファッション誌などで「飾らない女の生き方とは?」だとか「ナチュラルな自分が一番イイ!」そんなフレーズをよく見かけませんか?実はこれがアラサーが取り入れるべき恋愛の極意です。

何もファッションの世界だけに限ったことではないのです。これからの私たちはあえて「素の自分」で恋愛と向き合った方が効果を期待できる年代に入ったのです。

飾らない女とは、ありのままの自分で勝負する人のことでしょう。けれど本来ならウィークポイントになりうる「人見知り」も、魅力にできるのは一体なぜなのでしょうか。

アラサーで社会経験もあるくせに人見知りなんて、かまととぶってるみたい?そうですね、確かにもともとの性格が明るくオープンで社交的というのなら無理がありそうです。

第一、そんな女性なら苦労せず恋愛してきたことでしょう。実際、人見知りしない積極的な女性はアプローチも上手なのです。

けれど一方で、最近の恋愛事情には若干動きがあるようです。これまで恋愛に苦労してこなかったモテ女の人気は下落、反対に消極的だった女性に注目が集まっているというのです。

その中でも特に注目したいのが、先ほど述べた「人見知り女性」の需要が高まっているということ。その理由として挙がったのが以下の点です。

よく人を見ていて気配り上手
常識的な人が多い
自分以外には心を開いていない感じが嬉しい
自分といる時にだけ見せる意外な一面がある

相手を観察する傾向があるのは、確かに人見知りの方の特徴ですよね。大人になるとそれが「気配り」として認識されることが多いようです。打ち解けていくことで相手の優越感を満たすこともでき、結果としてそれが男性の自信にも繋がるのだと言います。

人見知りに対して効果が期待できる男性とNGな男性を知ろう

とはいえ、どんな男性にもピッタリというわけではないのが難しいところです。男性のタイプによって「合う・合わない」がありますから、予備知識をもっておきましょう。

相性◎ 頼れるリーダータイプ
引っ張っていくのが上手でいろいろと気にかけてくれる人

相性○ 同じく人見知りタイプ
無理のない距離感で互いのペースを大切にしてくれる人

相性△ マイペースな自由人タイプ
悪気はなく思ったままを口にする素直な人。

相性✖ 無駄が嫌いなせっかちタイプ
思った通りにことが進まないとストレスを感じる人

気になる男性がいるという方、彼がどのタイプに当てはまるか確認してみてくださいね。

人見知りテクはこう使う!失敗しないためのルール

本来、人見知りとは個性のひとつであって演じるものではありません。けれど、これまでの自分を知られていない環境・相手になら試す価値もありそうですね。

ただしそれには絶対に守らなくてはならないルールがあります!もちろん、もともと人見知りだという方にも気を付けるべきポイントがありますよ。

テクニックを多用してはいけない

人見知りのスタンスは受け身ですから、相手の動向を見るにはもってこいです。いろんな人間観察ができることでしょう。けれど気付かれてしまったら一貫の終わり。この人はもう少し引っ張って・・・なんて、間違っても考えないことです。

人見知りと「暗い女」は違うことを忘れてはいけない

人見知りとはファーストインプレッションが控えめなだけであって、笑いもすればふざけもします。終始大人しく佇んでいたり、控えめも程が過ぎると「暗い・面倒臭い女」に成り下がりますのでご注意を!

打ち解けることを躊躇してはいけない

人見知りの人間と仲を深める、これは相手にとっても労力が必要なことなのです。せっかく歩み寄ってくれた人がいるなら、思い切って自分からも距離を縮める努力を忘れないでください。

人見知りテクニックはあくまでも「きっかけ」に過ぎない

shutterstock_163311491
人見知り。その個性を、好印象を与えるための「きっかけ」とするなら問題はありません。実際、好ましく思う男性がいることも確かです。

けれど心を開くのに時間をかけ過ぎてしまうと、相手に負担をかけることにもなります。きっかけを「恋愛」に発展させるための意志は必ず持ち続けてくださいね。