友達?恋人?あなたが描く理想と条件、彼にするならどういう人?

shutterstock_2775041991

彼氏にするならどういう人?という質問に女性は必ず優しい人、包容力のある人という答えを返してきます。世の中の男性は大抵は女性に対して優しくて親切です。例外もあるかもしれませんが本来男性は女性に対して優しいものなのです。

恋人にするならどんな人?

shutterstock_2265260982
では優しく包容力があるのに彼氏の枠には入らない、いい友達関係でしかないというのは
何故でしょう。何かの原因で恋人としてのラインに届いていないということなのでしょうか。

女性が彼として意識するキッカケは何?理想の彼とは?また恋人と呼べる彼に出会っていないあなた、あなたにとって恋人と友達の違いはなんでしょう。

年齢層によって理想は違う

中高生であればまずルックスや人気度でしょう。いわゆる動作がカッコよくてイケメンでクラスの中でも目立つ存在の男子、またはスポーツや音楽などで活躍するような存在感のある男子。

またその逆で、誰とも関わりをもたず一匹オオカミ的存在で威圧感をもった陰のある男子。双方対局ではあるのですが女子からは受けがいいタイプ。まだ学生ということで人生設計には程遠い年齢は憧れ的な部分で異性を見ます。

テレビのアイドルなどに彼氏像を重ねたりと・・・その場が楽しく毎日が楽しい恋、片思いもまた恋なのです。年を重ねると恋愛の質が変化してきます。

ただ単にイケメンだけでの恋人選びでは無くなってきます。天真爛漫な若い感情から現実を見据えた大人の駆け引きの恋の在り方に変化していきます。

恋愛イコール結婚

年齢を重ねると恋愛の先に見えるものが結婚です。この人は単に恋人だけの人、結婚するならまた条件は別、単なる友達という線引きをする女性も少なくありません。

結婚は考えていなかったけれど交際中に妊娠してしまったので結婚に踏み切ったという話もあります。嫌いな人とは付き合うことはしないので結婚するしないは別で恋人は結婚相手として考えられているといってもおかしくはないのですね。

アッシー君メッシー君

今は死語となったアッシー君、メッシー君、友達以上恋人未満という言葉も流行りました。要はイイ人が見つかるまでの都合のいい繋ぎの男性ということですね。

自分の行きたいところに連れて行ってもらったり、送ってもらたり、美味しいものを御馳走してもらい、服やアクセサリーを買ってもらう。

ここまで利用して恋人未満と言い切る女性はどうかなとも思う部分もあるのですが双方の需要と供給の関係が成り立っていたのでしょうか。

女性の言いなりになる男性がいたということでしょうが、どちらもどちらですね。結局本命が見つからず一生懸命尽くしてくてた恋人未満の彼とゴールインといったパターンもあるようで。

女性強しといったところでしょうか。これも女性の恋人選びのうちのひとつでしょう。

現実派

いくら好きでも彼の経済力が無ければ恋人も結婚も無理という女性は多いはず。何故なら昔と違い今や女性も社会に進出し稼いでいるのです。場合によっては男性より稼いでいる女性もいるのです。女性の男性の収入の見方が変化してきたのです。

「お金が無くても愛があれば」という言葉は今はもう無いのです。時代の流れで結婚=経済力という考え方が普通になってきました。お財布の中身と恋人選びは比例するといいます。


自分本位?恋人・彼氏の条件

shutterstock_2962727326
自分の中で作り上げた理想論、彼氏象、恋愛論、相手に望むことは必要であっても自分本位な理想や彼氏像であなたに合った彼氏は果たしているのでしょうか?

例をあげてみました。中にはこれって必要かな?と思える条件もありそうですね。

見た目

この見た目というのは大事なことです。初対面においては70%以上でその人の評価が決まってしまいます。付き合ってからじゃないとわからないよという人もいますが、初対面でアウトという人もいるので恋人選びには見た目というのは大事なのです。

オシャレ

見た目とは少し違うのですが、センスがいいとか、持ち物が今風でいいものを身に着けている。遊ぶ場所も女性が憧れるようなスポットをよく知っている。というセレブ感が漂う男性に女性は弱いようです。

家・マンションを持っている

不動産を持っている男性は結婚後も住居やローンの心配がないので安心。また家、マンションでは無くても親所有の土地や空き家があるという男性がいいということも女性にとって理想なのでしょう。

優しさ

理想の彼ってどんな人?聞くと「優しければいい」「優しい人がいい」「私にだけ優しければ・・・」と大多数の女性が「優しさ」を理想にあげます。でも注意ですよ、この優しさは優柔不断の場合もあります。

本当に優しい人はあなたに対して厳しさも持っている人だということも覚えておくべきですね。

包容力

一言に包容力と言っても難しいですね。大したことでは無い時の包容力とは大したことが無いのです。本当の包容力とは八方ふさがりの状況で崖っぷちの時にわかるものです。どんな時にでもあなたをかばい包み込めるのが包容力なのです。

価値観

「価値観が同じ人がいいです」ということを女性はよく口にします。でも自分の価値観がどのようなものかを把握していない女性も多いのです。そういう人は恋愛において相手のいい部分だけしか受け取れないこともあります。

まずは自分のことを見直す必要もあるかもしれませんね。良いこと悪いこと全て恋愛と考えてみましょう。

職歴

彼の勤めている会社を話すと友達が羨ましがる、彼の仕事の能力は凄いということを自慢する。結婚するときに親に紹介しやすい。など彼にするなら一流企業の人がいいと考えている女性って多いですね。

一流企業の彼をゲットしたければ自分もそれなりの努力は必要かも。

学歴

職歴と同様自分の自己満足、または周りに対して自分の相手が高学歴という満足感。自分はどうってことはないのに自分の彼や夫の出身大学を自慢する女性。また私は●●大学出ている人しか興味ないという女性もいますね。

経済力

今のこの不景気を生き抜くためにはお金は必要。デートだって居酒屋やラーメーン屋やファミレスだけじゃつまんない。プレゼントだってブランド物が欲しい。

女性の物欲はしかたがないかもしれませんね。経済力の有無で結婚出来なかったりすることもあるのです。

性格

性格の不一致、性の不一致、ここは当人同士の問題で、付き合わないとわからない部分でもあります。理想というより合う合わないの問題ですね。相手に対しての理想を上げると同時に自分の性格も一緒に考えることも必要かも。

趣味

趣味が一緒、好みのテレビ番組や笑いや感動のツボの一緒というのは恋人の条件として大事だと思います。同じ時間や空間を共有し合えるし、結婚して年齢を重ねても話が合うというのは素敵なことですね。

家族構成

長男さんは無理、家取でない人がいいなど、また彼の親戚関係を調べたり・・・。結婚を見据えて恋人の選択をする女性。悪いことではないのですが、その部分を重視すると彼氏ができても結婚に対して奥手になってしまう可能性があります。

礼儀・お行儀

食事の仕方、話やお付き合いの作法を重視することは大切です。礼儀や作法は年長者の方々から学ぶ気持ちが大切です。付き合う過程でお互いが成長出来る部分でもあります。

もし相手に条件を出すのなら

shutterstock_2514469619
女性にはちょっと耳が痛いことかもしれませんが、相手に条件を出すということは自分はその出した条件に相応するものを持っていなければなりません。

高度な条件を出すのなら彼からも「なるほど、その条件呑んだ」というくらいのあなたの人格や行いが必要だと思うのです。

自分勝手ではいけない

常に対等な立場でいろとは言いませんが、相手ばかり条件を投げかけて自分は好き勝手で条件や理想を言いまくっても彼は離れてしまいます。せっかく好きな彼が出来ても彼は振り向いてくれません。自分も相手の条件を吞めるくらいでいて下さい。

友達と恋人の違いを認識する

shutterstock_25460152073

理想や条件がピッタリ合った人が現れたとしてもその人が恋人になるとは限りません。もしかして自分の選んだ彼が理想とは少しギャップがあって、なんでこの人を好きになったんだろうというような経験はありませんか?

理想とは自分が生きてきたなかで見聞きした結果が作るもので、自分の持っている性欲や欲望というものは自分自身わからないものだったりもします。なので理想の彼のはずだったのに何か違うということもあるのです。

理想と違う

女性には二通りの趣向があるといいます。世間一般にイケメン顔と言われる人が好き、けれどちょっと癖のある顔も好きというように。理想とは違う彼が本命ということもあるようです。

彼女って昔付き合ってた彼とは全く違うタイプの人と結婚したね・・・と噂される女性もいますよね。

友達が恋人になる

付き合っていた彼と別れて友達だった人と恋人同士になったり。恋人と友人の線引きは単なるしるしのような線引きで、その線はいつでも消せて新たに線を引くことも出来るのです。

理想は好きな相手への願い

shutterstock_2449139462

理想は誰にでもありますし、理想を語ることは悪いことではありません。女性だけではなく男性も女性に対して理想は持っています。長年連れ添った夫婦でさえ歳をとっても互いの理想はあるのです。

相手に対しての理想なんてほぼ叶うことなんてないと万人は理解しています。でも理想はあるのです。何故でしょうか?叶うことは無くても相手に望むのは何故でしょうか。

いつかきっと・・・と思うから延々と相手に伝えるのだと思うのです。素敵な彼でいて欲しいから、可愛い彼女でいてほしいから、相手に理想を求めるのだと思います。

理想は理想だったりする

いつか素敵な彼が現れるかも・・・。こんな彼がいいな・・・。でも理想は理想であって現実はきっと自分が作るものなのでしょう。理想からかけ離れていても好きになるときは好きになるのです。理想とは全く違う人が自分の彼になる場合もあるのです。

恋は摩訶不思議

shutterstock_910374245

縁は異なもの味なものという諺がありますが彼の理想や条件は?友達、恋人の境界線は?などと言ってみても、出会った時点でどうなるかわからないものです。

男女の出会いや結びつきは、どこでどうなるのか予測がつかない、 とても不思議なものです。あなたは沢山の理想がありますか?巡り会うであろう恋人に理想や条件をどこまで伝えようと思っていますか?

出会った彼に何も要求せず恋に堕ちてしまうというのもいいかもしれませんね。理想だ条件だと言わせないくらいの状況もあるかもしれません。恋に堕ちれば理想も条件も二の次でしょう。

あなたの理想と条件を吹き飛ばすくらいの素敵な彼にめぐり合えることを期待しています。