どこで間違えた?「理想の人生」にしがみつくアラサーの現実

1

27歳で結婚して寿退社。翌年には妊娠して出産、2年空けてまた妊娠と出産。子どもがある程度まで大きくなったら、お小遣い稼ぎにパートタイムで働いてもいいかも・・・

人生設計は完璧だったはずが、気付けばアラサーの仲間入り。思い描いていた未来とは程遠い「今」を送る女性は少なくありません。

そんな女性に共通するのは「間違ったこだわり」を捨てきれなかったこと。もしかしたらあなたにも心当たりがあるかもしれません。

理想にとらわれたままのアラサーたち

3
自分が結婚できないなんて考えたこともなかった。悩める独女の皆さんに聞くと、誰しもがそう答えます。

けれど結婚できない理由についてはわからない、それも彼女たちに共通するところです。まずは二人の女性の言い分をご覧ください。

私の運命の人はいつ現れるの?A子の願望

昔から、彼氏がいなかったことはありません。つい最近も、一年つき合った彼と別れたばかりです。

30歳を超えた私が、なぜ結婚しないかわかりますか?まだまだ私の理想には届かないからなんです、男性がね。

とは言っても、別に巨万の富を望んでいるわけじゃありません。私が望むのは、人として素晴らしい性格の人と結婚することなんです。それだけです。

だから、ある程度つき合ったところで相手に見切りをつけることが多いんですよね。次はもっといい人とつき合おう、って。

結婚相手に人格者を求めるのって、おかしくないですよね?そうすれば自分も一緒に成長できるじゃないですか。(女性32歳/派遣社員)

人間性を確かめる名目で、つき合う男性を変えているA子。確かに経験は豊かになったでしょうね。けれど気付けば、たくましく成長した自分だけが独りポツン・・・

彼女のように、性格のいい人との結婚を望む人は「人任せの他力本願タイプ」とも言えます。それは、結婚相手の性格ひとつで幸せを掴めると思い込んでいるから。

これではまるで「自分には直すところなどない!」と言っているようなもの。多くを望んでいないようには見えますが、自分を高く評価しすぎなのです。

結婚はしたいけどこれだけは譲れない!B子のこだわり

結婚したいとは昔からずっと思ってます。子どももちろん欲しいし、完璧な主婦になりたいんですよね。そう、専業主婦です。

今はまだ相手がいませんので働いてますよ。けど私、仕事を辞めたいんですよね。人づきあいも苦手だし、社会で働くのが向いてないみたいで。

だから、結婚したら専業主婦になれることが絶対条件。旦那さんがどんなに忙しい人でもいいんです。家のことは私が全てやりますから。

結婚相手に望むことは仕事を辞めさせてくれる、それだけなんですよ。だけど、今までつき合った人達には受け入れてもらえずに今日まで来てしまいました。

共働きじゃないと金銭面で余裕がないってのはわかりますよ。けど世の中には、それでも十分やっていってる人もいるでしょ?(女性34歳/接客業)

彼女の言い分もわからなくはないですよね。けれどその主張を続けても賛同してくれる男性は少ない。そして周りには誰もいなくなった・・・

主婦業を完璧にこなしたい、それ自体は間違いではありません。けれど彼女の場合は、きっと自分しか可愛がれないタイプなのでしょう。

まず第一に、家庭は夫婦の共同作業で作るものだとわかっていないようです。仕事を辞める=幸せな家庭?結婚とはそんなに単純なものではありませんよね。

厳しい現実を迎えたアラサーたちが通ってきた道

4
A子とB子に見られた結婚に対してのこだわり。けれどそのこだわりを捨てられないことが、結婚を遠ざけた原因であることは言うまでもありません。

そしてもう一つ。彼女たちが知らず知らずのうちに通ってきた道には、こんな特徴が見られたのです。

ヤル気・本気は恥ずかしくて避けてきた過去

こだわりが捨てられない人に共通するのは、プライドの高さだったりもします。もしかすると、これまで恋愛に一生懸命になることもなかったかもしれません。

本気で泣いたり怒ったり、傷ついたりすることから目をそむける。そんな自分はカッコ悪くて、だったら別れた方がマシ

そんなプライドが邪魔をして、ひとつひとつの恋愛を大切にできないのです。パートナーのことを心から思うのならば「自分のため」ではなく「二人の将来のため」に考えをシフトできるはずです。

人との繋がりを「浅く広く」し過ぎている

理想が高くないようでいて、実は計算された人間関係を築こうとしている人。こんなことも、こだわりを捨てられない人に見られる特徴です。

パートナーを吟味するために交友関係は広く、そして浅いことが多いのです。全ては将来的に高みを目指すため。

そのため相手をよく知る前にジャッジを下し、すぐに目移り。こちらもやはり同じように、ひとつの恋愛を大切にできていないのです。

平凡な幸せくらい手に入ると思って何もせずにいた

本音では結婚したいと思っているのに「焦っちゃいないけど」なんて言いつつ、常に周囲と自分との比較をしている人。これも実は、あるこだわりが関係しています。

それは「誰しも苦労せず結婚できるものだ」という思い込みです。あの人だってできたんだから、そう思って気を持ち直してきたのではないでしょうか

けれどこれ、とても贅沢な発想ですよね。既婚者の誰もが、それぞれ迷ったり悩んだり妥協しながら頑張ったきたのですから。

過ぎた時間は戻せない!だからこそ今からすべきこと

shutterstock_123520309
さて、話をA子とB子に戻しましょう。彼女たちが現実を認識し、幸せな未来を手に入れることはできるのでしょうか?

もちろん答えはYESです。ただしそれには、自分を見つめなおす必要があります。その具体的な方法を次にご紹介します。

今の自分に見合った幸せを考え直す

譲れない条件を「譲歩できる条件」に変える

こだわりを完全に捨て去るのは想像以上に難しいことです。それならまず、妥協案を立てましょう。これはのちに結婚生活を送る上でも、重要なポイントになります。

例えばA子。彼女のこだわりは「人間性が優れている男性」ですが、これではぼんやりしていてイメージがわきません。

それならば、逆の発想で「○○しない人」を理想とするのです。暴力でもギャンブルでも何でも構いませんが、それさえしなければOK!これでぐっと可能性が広がりますよね。

そしてB子。彼女の場合は、専業主婦になれることが条件でした。それならば、専業主婦を「最終目標」にするのはどうでしょう。

仕事を辞めるにしても、生活が軌道に乗ってから。例えば具体的に○○万円貯まったら、といった具合にです。これならば男性がドン引きすることもないでしょう。

そもそも両者に言えることですが、自分が見定めされる立場でもあることを忘れてはならないのです。そして妥協は必ずしも「諦め」ではないことを理解するべきです。

行動できるレベルにまで落とし込む

無理のない妥協案を立てた後は、行動を起こす時です。待っていれば運命の相手が現れる、そんな旨い話がないのは言うまでもありません。

そこで、将来的に家庭を築くための「第一歩」を明確にする必要があります。簡単に言えば人生をプランニングするわけです。では、ゴールを最初に決めましょう。

子どもは○人ほしい・・・ゴール

○歳までに妊娠

○歳までに結婚

○歳までに婚約

○月までに交際スタート

○月までに出会う

○○をする・・・スタート

この最後にある「○○をする」まで明確にするのがポイントです。

恥ずかしがらずに周囲の協力を得る

自分の力で恋愛してきた方にとって、周囲の手を借りるのはためらわれることでしょう。けれど自分を知っている人が勧めてくれる人ならどうでしょうか。

実はこれ、とてもメリットが多いのです。一から人となりを知るよりも手っ取り早く、しかも相性がいいことが多いのです

友人が紹介してくれると言うならどんどん会いましょう。その時にはもちろん、譲れない条件は無くなっていることが前提ですよ。

世話好きの知り合いがいるなら、自分から相談してみればいいのです。きっと喜んで力になってくれるでしょう。ただし、飾らず自然体で。そこにプライドは不要です。

幸せへのこだわりが変わったら

5
こだわりを手放すこと。それは決して、これまでの自分を否定することではありません。今より力の抜けた、もっと素敵な自分になるだけです。

新しい一歩を怖がらずに踏み出さなければ、何も始まらないのです。大丈夫、今からでも間に合います!