自称サバサバ女にゆるかわ女!30代うざい女ができるまで

shutterstock_109211294

女性も30年生きれば、立派な自我が育ち、身につけた図太さで他人の目なんて気にせず、「私らしさ」なんていうものを自己主張し始めます。

ここではそんな女性たちの生態と、いかに彼女たちが作られたのかを分析していきたいと思います。

30代うざい女のパターン選

215

知恵と力をつけてくる30代。女性としてパワーアップしている時だからなのか、客観性に欠けるその振る舞いは周りもうんざりさせられます。そんなうざいと言われる女性たちの特徴を見ていきましょう。

自称「男っぽい」女たち

「私って、中身が男っぽいからさ、細かいことってどうでもよくてさ〜」
この発言を口にする女に限って、ネイルもメイクもばっちり。どう見ても、超がつく女に限って、こういう言動を何かのアピールかのように繰り返すものです。

「大雑把なのは、男っぽいのではなく、ただだらしないだけじゃん」と思わずツッコミたくなるのをぐっとこらえて話を聞いても、口から出てくるのは自分語りの話ばかり・・・。

「私、サバサバしてるから・・・」という女に限って、「普通こうだよね〜」とか、「〜ってありえなくない?」なんて言葉をしょっちゅう口にしていて、聞いているこちらも「どこがサバサバしてるわけ?!」とうんざり。

中年ゆるかわ女たち

確かに私たち、女ですから、かわいいものには目がありません。しかしながら、人は年を取り、その成長とともに、ふさわしい身だしなみというものがあります。

常にレース素材やシフォン素材の服を身につけ、ヘアスタイルもすべてとりあえず甘—い感じなのです。しかしながら、顔を見るからに、誰もが彼女がすでに20代ではないことは一目瞭然。

かわいいファッションを批判するつもりは毛頭ありませんが、その無理のある甘いファッションと、キャラクター作りからなのか、抜けないキャピキャピ感に周りはひいています。

SNS依存女

やたらとどうでもいいことをつぶやいて、人の注目を集めたがる女や、自分の充実した日々をアピールしたいのか、出掛けたら写真を取りまくって、SNSに投稿して、誰かの反応を女。

彼女たちは、自己顕示欲が強く、それを満たす為に、SNS上で自己演出を行って、人の注目を浴びることに力を注いでいるようです。出掛けても、どこにいても、常に写真を撮って、携帯いじって、人の反応に一喜一憂・・・。

今、目の前にある時間よりも、自己演出したSNS上のイケてる私の方が、どうやら彼女たちのお気に入りなのでしょう。

対抗する女

要は、自分が優位に立っていたい女。基本的に自分のものさしでしか物事を測れないので、人の話を素直に聞けず、他人に対して、批判的な態度を表すことも多いです。

常に人に負けたくないと思っているので、他人の持ち物をいちいちチェックしたり、人の悪口を聞いては、相手が自分より下であることに安心感を抱きます。

彼女たちの機嫌を害すると、平気で嫌みを口にして、攻撃してくるので、周りは気を遣って、何も言えなくなります。


彼女たちができるまで

shutterstock_100199597

それでは前述したようなうざい女性たちがいかに作られていくのかを、分析したいと思います。それぞれ色々なパターンがあると思うのですが、思うに、彼女たちは年を重ねることで何かが変わったということは言えます。なぜならば、私自身の経験から言えば、昔は違ったという事が多いからです。

過去に人間関係で痛い目にあったことがある

「他人が嫌なことをされた人間は、大人になったら他人に優しくできる」と一般的に言われますが、この逆をいく大人たちを随分多く見てきました。過去に嫌がらせを受けてきた女性の中でも、立場が変われば、次は自分が相手をおとしめるようなことを始める人もいます。

それは根本的に人を信用することができないからでしょう。こういったトラウマを抱えている女性は、若い頃苦労してきたタイプが多いのですが、そのせいですっかりひねくれているタイプです。

人の事をよく見ているので、仕事もそれなりに出来、会社で生き残っていくタイプですが、人からは信用されず、本音は孤独な女性です。その為、人をねたみやすく、弱い立場の女性に嫌みを言ったり、嫌がらせをしてしまいます。

遅れてデビューしてしまった

意外に昔は目立たず、おとなしかったタイプが男を知ってからなのか、仕事の評価からなのか、ちやほやされ始めて、すっかりいい気になってしまったパターン。過去の自分のことなど忘れて、強気発言を繰り返すようになります。

成功体験によって、過剰に自信をつけ、「私はこう」というのが口癖。しかしこのタイプは過去の自分はイケてなかったというから、嫉妬や対抗心が強いタイプが多いでしょう。

昔から周りからお嬢様扱いを受けてきた

若い頃からちやほやされることに慣れていると、年をとって状況が変わって本人はなかなか気付けないようです。自分が常に一番で、会話の中心にいることが普通だった為、突然年を取ったからといって、謙虚に人の話を聞く事もできません。

人の注目を集める為に、人より優位に立とうとしたり、SNSでアピールしたり、いつまでも人に構ってほしい願望が消えない結果、年齢とともに歪んだ形として出てしまったパターンです。

30代からの客観性

shutterstock_184847921
人にはそれぞれ歴史があり、過去の自分が今の自分を作っていると言えます。年齢を重ねることで、自分自身をうまく転換できなかったり、はたまた周りが見えなくなってしまったり、30代という年齢を迎えて、スムーズに年を重ねていくことは難しいことです。

しかし、年を重ねたからこそ、若さだけではない魅力を作り出していける時期でもあるのですから、客観的に自分を分析して、ここから新たな目標を持ち直しみてはいかがでしょうか!