もしかして遊び?こんな態度に要注意。女を利用する男のやり方

もしかして遊び?こんな態度に要注意。女を利用する男のやり方

本気と遊びの違いってなんでしょう?不安は漠然としているとエスカレートしてしまうもの。まずは本気と遊びの違いについて、考えてみましょう。

恋している時は、そんなに計算づくで動けるものではありませんよね。それは男性も同じで、好きだからこそ、あれこれ考えてしまったり、動揺したり、舞い上がったり、凹んだり…、気持ちの揺れが激しいのが恋している時の特徴。

けれど、遊びや利用は違います。それほど思い入れがないので、計算づくで動けてしまうのです。

本気の恋には照れもある。甘い言葉に要注意?!

「愛してる、君だけだよ」。女性ならいつでも聞きたい言葉ですよね。けれど、甘い言葉がスラスラ出てくる男性には、注意が必要かもしれません。お相手が外国人男性なら別かもしれませんが、日本人男性はシャイなのです!

「簡単に好きだの、愛してるだの言う男は信用しない方がいい。気持ちが入らなければ、女を喜ばせる言葉はいくらでも言えるから」とは、ある男性の証言。

何人もの女性と同時進行で付き合い、貢がせていた男なだけに、説得力があります。

中には直球派の方もいますが、大抵の日本人男性は、言葉での愛情表現にはあまり親しんでないので、どうしても照れが先行しがち。言わなくてもわかるだろ派が圧倒的なんですね。

にも係わらず、甘い言葉をポンポン言える男性は、照れるほど気持ちが入っていない可能性が高いのです。

ゆさぶりをかけて支配する、危険な男のテクニック

ろくでなしの男なのに、何故か別れられない関係ってありますよね。あなたがもし、こんな関係に陥っているなら要注意。もしかしたら、心を支配されているだけかもしれません。

このタイプの男性は、アメとムチで巧妙に女性を操る術を心得ています。例えば、都合が悪くなるとすぐに「俺が信用できないなら別れよう」と怒りだす男っていますよね。

これはあたかも女性側に非があるような言い方をすることで、罪悪感を抱かせ、操ろうとしているのです。中には暴力で脅しかける男も。

けれど、優しい顔の時は、心から反省しているように見えるし、状況に応じて、泣き落としなども使ってくるので、情の深い女性だと、ついほだされてしまいがち。

この手の男性は、弱さとずるさが同居しているタイプや、やくざなタイプが多く、女性を支配することはできても、愛することはできない男性と言えます。あまり深入りしない方が賢明かもしれません。

遊び相手や、替えのきく相手なら、いなくなって困ることはあっても、嫌われることへの恐れはありませんから、乱暴に扱うこともできるのです。

遊びを本気に転じるにはどうすればいい?

あれこれ書きましたが、実は遊びと本気はそんなに明確に分かれているわけではありません。何かのはずみで、遊びのはずが本気になることも。その明暗にHのタイミングが大きく関わっているのはご存知ですか?

本命の女性にはなかなか手が出しにくいもの。うかつに手を出して嫌われるのが怖いのですね。女性慣れしている男性でも、知り合ってすぐや、最初のデートでは女性側の様子を伺い、強引に誘うような真似はしません。

にも関わらず、出会って間もないのに、Hをしたがるようなら、その時点では、好かれているというより、あわよくばといった軽い気持ちで、誘っていると考えた方がよいでしょう。この段階では、彼はあなたの内面までは見ていません。

遊ばれてしまう女性に多い対応は、この時点で不安を抱えたまま応じてしまうケース。断ったら嫌われるのでは、と考えてしまうのですが、実際は逆です。

簡単に手に入ると、興味を失うのも早いのが男心。拾ったものはないがしろにしても、努力して得たものは大切にするのが人情です。

本命になりたいなら、嫌われまいと言いなりになるのをやめて、嫌なことは嫌と言える芯の強さをもつことが大切です。盲目的に信じたり、やみくもに疑うのはやめて、実際の行動で判断しましょう。自分も相手も大切にする姿勢が、誠実な男性との縁を作ってくれますよ。