先生に片思い。先生の負担にならないアプローチ方法。

shutterstock_144657755 - コピー

学校や塾の先生に恋をする経験は、誰でも一度はあるのではないでしょうか?学生の頃の気持ちというのは、本当に打算的な気持ちがなくピュアな気持ちの「好き」ですので、生徒に恋心を寄せられる先生も、きっと嬉しいものだと思います。

しかし、出会ったときの関係が先生と生徒となれば、妙な噂が立ってしまったりしまうと、先生自体が学校にいづらくなってしまうことも起きてしまいます。

そうならないためにも、あからさまな恋愛関係になる事は避けるべきですね。でも、他の生徒とは、違う存在でありたいと思うのであれば、控えめながらさわやかなアプローチ方法がお勧めです。

先生の迷惑にならないアプローチを心がけましょう。

学校という場所は、まだまだお堅い場所ですし、塾や予備校といった場所も同じです。教え子と恋愛をしているなんて事が発覚してしまっては、大問題となります。

そのためにも、先生の迷惑にならないアプローチ方法を心がけて行うようにしましょう。基本的なこととして、まずは笑顔での挨拶です!元気よく学生らしく、笑顔で挨拶をするようにすれば、そのうちには先生に顔と名前をインプットさせる事もできます。

挨拶というのは、その後の人間関係でも基本となるものですので、心がけて行うようにすると将来的にも役に立ちますね。

勉強に一生懸命取り組んでみる

好きな先生やお気に入りの先生が教えてくれる教科って、不思議と成績もいいものではないでしょうか?逆に、科目は嫌いではないのに、先生が苦手、嫌いだと、成績が落ちてしまったりもします。

好きな先生が、あなたに勉強を教えているとも限りませんが、仮に好きな先生が何かの教科を教えてくれるのであれば、その科目は特に勉強を頑張ってみましょう。

先生の仕事は、もちろん勉強を生徒に教える事です。なので、一生懸命にまじめに勉強に励んでくれる生徒というのは、無意識のうちにかわいがってしまうものなのです。

たとえ苦手な教科だとしても、授業中は大好きな先生に会える貴重な時間です。それに、普通の片思いだと、じっと相手を見つめたりすると、相手に不信がられたり、気持ちにすぐに気づかれてしまう事があります。

でも、恋の相手が先生だと、授業中は一生懸命話を聞かなくてはなりませんので、自然と先生を見つめる事ができるのです。授業中などは、先生をじっと見ていても、誰もおかしくは思いませんので、先生に片思いする楽しみの一つです。

また、「目は口ほどにものを言う。」という言葉の通り、あなたの熱い目線で、先生自体が何か別の気持ちに気がつくことだってあります。なので、見つめる時には、かわいらしく先生を見るようにしましょうね。

好きな先生が教えてくれる科目が、たとえあなたにとって苦手なものだとしても、好きな先生が教えてくれている教科だと思えば、自然と勉強にも身が入ります。

それに、あなたの成績が、どんどん上がってくれば、先生としてもあなたが熱心に勉強に取り組んでいる事を嬉しく感じ、他の生徒よりも一目置いてもらえるはずです。

先生にもアプローチできて、なおかつ自分のためになる、お勧めのアプローチ方法です。

イベントを上手に使う

公にアプローチできる方法としては、イベントを上手に使う事です。学校にもよりますが、バレンタインなどは、チョコレートを先生に渡したり、生徒に渡したりは自由にさせている場所もあります。

最近では好きな人にチョコレートをあげるだけではありません。会社の上司や同僚など、日ごろお世話になっている気持ちをこめたチョコを渡すイベントでもあります。

なので、このイベントは、「お世話になっている感謝の気持ちをこめて。」という意味合いもありますので、先生にも渡しやすいのです。

バレンタインでチョコレートをもらって嫌な気持ちがする男性はいません。なので、好きな先生にも「いつも、ありがとうございます!」なんていいながら、チョコを渡してみてはどうでしょうか?

回りも不自然には思いませんし、あなた自身もアプローチしやすいでしょう。でも、学校によっては、チョコ禁止の場所もありますので、注意しましょう。

先生と上手に接点を持つようにしましょう。

先生と上手に接点を、持つように心がけてみましょう。生徒は、学校にたくさんいます。その中でも、あなたの事をまずは覚えてもらうためにも、先生とどうやったら回数を増やして会うことができるようになるのかを考えてみてください。

学校の授業などは、決められていますので、自分で選択し、その先生の授業を受けるのは難しいかもしれません。でも、部活動は自由に選択できるはずです。

その先生が、担当している部活というのがあるはずですので、その部活に籍をおくようにしてみましょう。

授業中だけでは、分からない先生の意外な一面を見ることができたり、部活動などを通して、より先生と親しくなる事ができるはずです。

そして、お勧めなのが、授業についても部活動についても何でもいいので、先生に質問をする事です。

質問をしてくる生徒というのは、大抵はその科目や部活動に熱心に取り組んでいる事が多いのです。一生懸命に自分の指導についてこようとする生徒というのは、先生にとってはとってもかわいい存在になります。

質問をするためにも、本気でその教科や部活動に取り組む必要が出てきます。一生懸命することは、将来的にあなた自身のためにもなりますので、損はしないはずです。

まとめ

先生と生徒の恋愛というとタブー視する傾向があります。でも、先生も人間ですので、生徒を好きになる事はいくらでもあるのです。

注意しなければならないのは、学校という場所を忘れない事です。先生の負担になるような存在では、「問題のある生徒」という見方しかしてもらえなくなります。それに、あなた自身も学校に居づらくなってしまうことだってあるのです。

本当に好きならば、自分が学校を卒業するまでは、本格的なアプローチは我慢できるはずです。学校生活は、ほんの数年です。卒業後、大人になったあなたをみて、一人の女性として先生に認めてもらうのでも、遅くはないのです。

まずは、先生と生徒の良い関係を築けるように努力をしていきましょう!