社内恋愛で失敗しない!片思い中のアピール方法

社内恋愛で失敗しない!片思い中のアピール方法のイメージ画像

「出会いがないけど社内恋愛はしたくない」という女性は多いですが、その理由はなんでしょう?職場にはイイ男がいないという意見も聞きますが、一方で、失敗すれば会社にいづらくなってしまうから…という不安から諦めてしまう女性もいます。

そこであなたに社内恋愛で失敗しない5つのさりげないアピール方法をご紹介しましょう。

まずはなにより仕事に励む

「恋愛は忘れて仕事に励みなさい!」なんて意味ではもちろんありません。キャリアウーマンと言うと男性から疎まれる存在のように思います。でも与えられた仕事を一生懸命こなすひたむきな姿は、同じ職場で働く男性には好印象です。

業績が上げられない「お荷物」なんて少なくとも思われません。あいついつも失敗ばっかだから、オレがフォローしてあげなきゃ…と思わせることができるのは、かわいさと若さを兼ね備えたほんの一部だけだということを忘れずに。

そしてもちろん仕事の評価が上がると、あなた自身の評判も自然と上がります。

相手に好印象を与える効果的な手段のひとつに「間接的にいい噂を聞く」があります。上司や同僚からあなたに対する好意的な話を聞けば、知らず知らずのうちに彼の方から興味を持ってもらえることさえあります。

またいくら彼と話すチャンスが欲しいからと言って、当たり前でくだらない質問をするのもNG。この子はそんなこともわかっていないのか、とがっかりされてしまいます。貴重な時間を割いてもらうのだから、質問は要点をまとめてわかりやすくしましょう。

大切なのは、頑張るあなたの姿を見て「この子のために何かしてあげたい」とさりげなく思わせること。初めのうちはアイコンタクトを意識した挨拶とささいな会話のやりとりから。

不意に落ち込んだ姿を見せる

恋愛において、ギャップを見せて相手に自分を意識させることは鉄板です。特に普段は頑張っている女が見せる弱い一面に、男は間違いなくぐっときます。

ドラマで女優が演じるような涙を見せる必要はありません。逆にそこまで行ってしまうと、余程親密ではない限り男性も戸惑ってしまいます。また社内ではいつ誰に見られているかわかりません。できるだけリスクは避けましょう。

自分が実際に抱える仕事の悩みをポロっとこぼす程度で十分です。ただしここで注意すべきは、相手に自分の弱さを見せるのであって、愚痴をこぼすわけではないということです。女性の愚痴は男性に敬遠されます。

また特定の人物に対するネガティブな話題は、「裏では自分も何を言われているかわからないな」と思われてしまう要因になります。

また男は相談される=的確なアドバイスをしなければならないと思いがち。できるだけ男性が解決方法を探しやすいトピックを選ぶべきでしょう。

例えば、社内で彼が評価されている分野など。彼もあなたに頼られていると感じることによって、彼からあなたに対してイニシアティブをとりやすい環境に持っていくことができます。

風邪のときには差し入れで好印象

一歩踏み出したアピールをしたいときには「差し入れ」が効果的です。ただ差し入れと言っても、タイミングが大切。

そこで使えるのが、彼が風邪を引いてしまったとき。内容はジュースやのど飴程度に抑えるのがよいでしょう。心も体も弱っている相手には、普段以上にあなたの優しさが伝わります。

ここでポイントとなるのが、同じことを普段から仲のいい同僚にやっておくことです。ただし好意を寄せる彼には決して見られないように。

あらかじめ同僚への気遣いを形で表しておけば、彼に渡すところを見られても周りからそこまで疑われることはないでしょう。一方で彼はあなたから特別扱いされているような気持ちになり、悪い気はしません。

表面上はあくまでただの「同僚飲み」

誰かを好きになると目線や相手に対する表情で周りに気づかれてしまうことも。同僚との何気ない会話のなかでも、彼に関する話題だと興味が隠し切れません。

しかし社内恋愛で1番大切なことは常に大人の対応をキープすること。男性側からしても会社は仕事だけの場と割り切りたいので、婚約でもしない限りはあまり公に発表することは避けたいと思っています。

ただし相手からも自分に対する好意が見え隠れした時はチャンスです。思い切って2人だけでのごはんを提案してみましょう。

でも、もちろん誘い方はさりげなく。帰りが一緒になることがあるのなら「このあと軽く1杯飲みに行かない?」と飾らない居酒屋に行くのもいいでしょう。

大切なのもいつでも引き返せる位置にいることです。あらかじめ誘うにしても、仲の良い同僚1人の名前を出して「○○さんと帰りにごはんに行くけど、一緒にどう?」など。あとから同僚は来られなくなったと言えば、自然に2人だけという状況に。

ただしこれも普段からオープンに好意を見せていないからこそできること。自分が好意を持っていると知られていれば、急に1人来られなくなったなんて状況は不自然になってしまいます。

核心に踏み込みすぎないラインをキープ

相手が自分に好意を持ってくれてはいるけれど、なかなか進展しない時には自分から思いを伝える覚悟も必要です。ただ真っ向勝負をすればリスクを伴います。上司や同僚とは、だめだったからと言って連絡を一切取らない、関わらないという訳にはいきません。

そこで「付き合って下さい」等のストーレートな告白は極力避け、「私、○○くんのこと好きだな。」とさりげないけれど意味ありげに会話の流れにのせて伝えます。

万が一相手が自分と同じ気持ちを持っていなくても、「ごめん…」と言いかけた彼を遮るように、「冗談だよ!本気だと思った?」とかわいく受け流すことができます。

つらいとは思いますが、その後会社では微妙な関係を引きずらず、早めの軌道修正も可能になります。失恋の痛手を抱えながらうじうじと転職サイトを眺める必要もありません。

日々仕事に追われる女性のみなさんは、恋愛をする時間もないと言いたくもなるでしょう。しかし出会いは意外と近くに転がっているのかもしれません。

いい恋愛をすると生活にメリハリが出て仕事にもプラスに働きます。失敗したらどうしようかと悩み、避けて通ってきた社内恋愛。もう1度見直すのも良いのではないでしょうか?さりげないアピールを続ければ好意を持った相手があなたの魅力に気づいてくれます。