女性必見の男性心理!男が密かに憧れている社内恋愛とは?

女性必見の男性心理!男が密かに憧れている社内恋愛とは?のイメージ画像

会社員にとって、職場はもっとも長い時間を過ごす場所です。となれば必然的に恋愛の機会も多い、出会いの場にもなるわけです。そのためか、女性も男性も密かに社内恋愛に憧れている人が多いようです。

では、多くの男性が憧れる社内恋愛のシチュエーションがどのようなものかご存知でしょうか?男性が理想とする社内恋愛を知れば、好きな彼へのアプローチにも参考になるかもしれません。

そこで、男性が密かに憧れる社内恋愛のシチュエーションについてご紹介していきたいと思います。

付箋を使ってメッセージ交換

大勢の社員が立ち働くオフィス内で、こっそり二人だけの世界を楽しみたいと思うのは男性だけではないかもしれませんね。手渡しする書類に個人的なメッセージを書いた付箋を貼るというのも、そんな楽しみのひとつです。

退社後の待ち合わせ場所を書いて渡してみたり、二人にしか分からない秘密の暗号を書いてみたり、人目を気にしながらも二人だけのメッセージ交換を楽しみたいということです。

なんだか学生時代を思い出してしまうようなやり取りですが、女性から自分だけに向けたメッセージを受け取るのはドキドキするものです。

この心理を利用して、社内の意中の男性にアプローチしてみるのもいいでしょう。残業中の彼にこっそり「頑張って」と書いた付箋を貼った書類を渡すのも効果がありそうです。男性はこんな秘密めいたやり取りが大好きですよ。

アイコンタクトやサインで会話

人目が気になる社内で、アイコンタクトしたり、二人だけのサインで会話するというスリルを味わいたい男性も多いですね。付箋を使ったメッセージ交換よりも親密さが増すようです。

直接言葉を交わすよりも、アイコンタクトやサインを使ってやり取りすることで、二人が通じ合っていることを実感したいということでしょう。

これを応用して意中の男性へアピールする方法もあります。目が合うまで見つめて、視線が合ったら「はっ」とした表情の後に微笑むという、簡単で効果的な方法です。ぜひ試してください。

時間差で退社して待ち合わせ

もっとも多くの男性が妄想するシチュエーションがこれです。彼女と時間をずらして、何食わぬ顔で退社し、あらかじめ決めておいた場所で待ち合わせるんです。

終業後に社外で、お互い仕事中とは別の顔で会うという、とてもありふれた光景ですが、社内恋愛の経験がない男性としては憧れるものなんですね。

これを応用して、好きな同僚にアプローチすることができます。営業などで一緒に出掛ける機会があったら、一旦どこかで待ち合わせをするんです。一緒に会社を出てしまっては面白くありません。

そして、あなたが数分遅れて行くようにしましょう。その際には笑顔で駆け寄るのがベストです。ちょっとデートのような気分を味わえるはずですよ。上手くいけば彼もときめきます。

お泊り後に一緒の出勤

二人でお泊りデートを楽しんだ翌日に、何食わぬ顔で一緒に出勤するというのも社内恋愛の醍醐味です。通勤途中で誰かに見られるというリスクもありますが、あえてそんなスリルを楽しみたいんです。

ただし、社内恋愛がバレる理由の最たるものとして挙げられる行為ですから、慎重さが求められます。そんな危険な行為だからこそ、男性が憧れるわけですが…。

これを意中の男性へのアピールに応用するとすれば、彼のパターンに合わせて出勤時間を調整し、偶然を装って一緒に出勤することでしょう。

しかし、頻繁に実行すると怪しまれますし、相手によっては嫌がられる可能性もありますから、ほどほどにしておきましょう。

エレベーター内でキス

二人きりになったエレベーター内でキスをしたい、そんな願望が多いようです。プライベートとは違い、就業時間中に会社のエレベーター内で、というシチュエーションにスリルがあるんですね。

ほかにも、階段の踊場や会議室など、二人きりになれればどこでもいいわけですが、やはりエレベーターの中というところがミソなんですね。ドラマの見過ぎのような気もしますが、男性なら憧れます。

この願望を、意中の男性へのアプローチに応用するのは難しいですね。でも蜜室で二人きりになるのは何らかの刺激になります。くだけた話題を提供して言葉を交わすくらいはしたいですね。

会議中に手をつなぐ

会議の際に隣同士の席に座り、周囲の目を気にしながらも手をつないでみたい…。そんな願望、妄想は多くの男性が抱くところです。

ほかの社員が顔を揃える緊張の場で、人知れずにスリルを味わうというわけです。誰かに見つかりそうで、かなりリスキーな状況ですが、社内恋愛ならではの楽しみでもあります。

これを応用して、偶然を装って意中の彼の手に触れてみてはいかがでしょうか。

二人だけの深夜残業

日中はたくさんの社員がいる職場でも、深夜となればガラリと雰囲気が変わります。そんな中で、彼女と二人きりになってみたいという願望を多く耳にします。

オフィスでイチャイチャしたいということよりも、普段とは異なる雰囲気を二人で共有してみたいという思いが強いようです。

学校の教室で、放課後に好きな彼と二人きりになった、そんな経験はありませんか?その延長のような発想ですが、緊張とリラックスが絡み合った不思議な空気を味わってみたいということでしょう。

意中の男性が残業するようなら、それに合わせて一緒に残業してみるのもいいかもしれませんね。運良く二人きりになれれば、恋愛への糸口をつかめるかもしれません。

給湯室でイチャイチャ

仕事中にこっそり二人きりになりたいという願望も多く、誰もが思い浮かべるのが給湯室です。狭い場所で二人きりになることが密やかなムードを高めてくれるんです。

もし意中の男性が給湯室に入って行ったら、偶然を装って追いかけてみてはいかがでしょうか。隔離された空間で二人きりになると、男性は少なからず意識するものです。

スリルと刺激が燃えさせる?

いかがだったでしょうか?どうやら男性の多くは、社内恋愛という名のスリル、刺激を楽しみたいようですね。大勢の同僚が働くオフィスという環境が、彼女と二人だけの密かな関係を盛り上げます。

これらの妄想を上手に利用すれば、社内にいる意中の男性の気持ちを揺さぶることもできそうです。どうぞ、あなたの社内恋愛に役立ててください。