結婚するならどんな人?100%の幸せを掴むための「選択力」

1

恋愛と結婚は全く違うもの。ただ好きなだけで勢いだけで結婚すれば、いつか必ずつまずく時がくるでしょう。

そんなことは百も承知だけど、それなら自分にとってベストな結婚相手って一体どんな人なの?優先すべきことって何?

そんな疑問にぶつかった時に役に立つのが「選択力」です。一生を共にするパートナー選びで失敗したくない人は必見ですよ!

彼氏が夫になった時「ベストパートナー」のままでいられるのか

2
ベストパートナーと聞いて、思い浮かべるのはどんなことでしょう。飽きない・喧嘩しない・相手を思いやれる関係など、考えただけでポジティブな気分になりますよね。

けれど今回は、違った角度からパートナーシップについて考える必要がありそうです。人生の中で「変化を迎えた時」どんな関係でいられるか。お互いの真価が問われるケースを例に見ていきましょう。

これからは相手の家族も家族になる

これまでは自分と彼氏、その小さな人間関係を上手く保つだけでよかった二人。けれど結婚を機に大きく変わることになります。

それぞれの背後にいる、家族の意向も汲んでいく必要が出てくるわけです。彼氏のご両親とすでに会ったことがあり、良い印象しかないという方も安心するのはまだ早いですよ!

今はにこやかに話せる間柄だとしても、これから先全ての面で味方になってくれるとは限りません。なぜなら所詮、他人は他人。彼らにとってあなたが自分の子ども以上の存在になることはないのです

さらに家族とのスタンスや関わり方など、今までは知らなかったお互いの姿が見えてくることになるでしょう。その時に「こんなはずじゃなかった」とならないように事前に把握しておくのがベターです。

子どもができれば関係は変わる

結婚後に子どもを望むなら、二人の関係はより著しく変わっていくでしょう。女性は彼女から妻に、そして母親へと変化を遂げます。

立場が変わっていくのは男性も同じとはいえ、中身の点で圧倒的に違いが出てくるでしょう。男性は父親になっても男のままな面が残りますが、女性の場合は変わり続けるのです

母親になった女性は何よりも「母親であること」を優先しますし、パートナーに対しても「父親であること」を求めます。

つまり、相手に求めることや判断基準が今とは全く違ったものになるのです。この時期になると、価値観に相違を感じてしまう夫婦が急増。それを予測しておくこともポイントです。

生涯を共にするということ

結婚するからには「一生一緒に」そう考えるのは当然ですよね。浮気や性格の不一致などの要素もなく、幸せに過ごせるケースもあるでしょう。

それだけの恵まれた環境だったとしても、結婚生活はキラキラしたことばかりではありません。時間が過ぎていく、そのあたり前のことにも目を向けておかなければなりません

いつしか老いて体も弱くなり、介護を必要とするかもしれません。そしていつかは一方が看取ることになるのです。

結婚というスタートを切っただけで満足せず、終着点を迎えた時に「幸せだった」と言えるような関わりができるかどうか。そこまで深く考えるといいかもしれません。

間違えやすい「結婚にピッタリ」ポイントとは

3333333
人生の中で迎える変化のとき。それを一緒に乗り越えていくには、いったいどんな人が向いているのでしょうか。

一見すると「この人となら間違いない!」と思えることも、実は結婚とは無関係だったりする可能性があります。さっそく勘違いしやすい3つのポイントを見ていきましょう。

相性がいいから喧嘩がなさそう?

相性の良さは結婚に限らず重要なポイントですよね。けれど先に述べたように、環境の変化は未体験ですから要注意。

趣味や食の好みなど、完全に一致するものならもちろんOKです。勘違いしやすいのは、考え方や判断基準など「似ているだけのことをオーバーに捉えてしまうことです

「わたし達って価値観が似てる!」と盛り上がっていたとしても、それは今だけ。彼とあなた1対1の人間関係しかない環境はどんどん変化していきます。親兄弟が加わり、子どもが加わり・・・その時々で価値観が変わることを忘れてはいけません。

彼が優しいから大切にしてくれそう?

自分に優しくしてくれる彼氏。結婚したいポイントとして、間違いなく挙がるでしょう。けれど、家族や友人に対しての彼の態度はどうですか?

女性には優しくても、実は親には横柄な態度だったりしませんか?友人との約束に平気で遅れたりしていませんか?もしそんな一面があるとすれば、彼は大切にすることに差をつけるタイプかもしれません

つまり、自分から離れていく可能性があるから優しいだけなのかもしれないのです。結婚し家族になれば安泰、そうなった時に態度が変わる可能性がないか見極める必要があります。

女っ気がないから心配なさそう?

浮気の心配をしなくて済むこと。それは結婚する上で欠かせないポイントですよね。けれど今後、一生その心配がないかと言えば答えはNOです。

まだ若いうちは、忙しいとはいえ決められたルールの中で仕事をこなす日々。それから年月が経ち、いわゆる「中堅」の立場になると状況は一変します。ストレスや責任、プレッシャーに追われる日々に突入するのです。

女性問題が起きやすいのはこの頃です。どれだけ彼を支えられるかで大きく左右するでしょう。自分が家事・仕事・育児をしている状況で、彼のストレスケアもできるのか考えておくべきです。

こんな選択をすれば失敗しない!

結婚について、ずいぶんと重々しいことばかりをお伝えしてきました。けれど、悩みどころ・迷いどころを誤る女性は本当に多いのです。

さてここからは、いよいよ「結婚するならこんな人がオススメ」なポイントをご紹介します。全て当てはまる男性なら、逃がす手はありませんよ!

あなたを愛してくれる人

自分の方が愛している気がする。そんな思いを抱く女性は少なくありません。けれどそれ以外の悪い条件がなければ、高い確率で「妥協」するのではないでしょうか。

けれどもし彼からも愛情表現がほしいなら、妥協しないほうがいいでしょう。今は小さな不満でも、いつか必ず苦しくなる日がくるのです。

それに女性は、愛されることで寛容になれます。パートナーから鬱陶しいほどの愛を注いでもらえるなら、こんなに幸せなことはありません。

親子関係がシンプルな人

先程は「親に対して横柄な態度はNG」とお伝えしましたが、実はこのさじ加減が難しいところ。つまりベッタリ過ぎるのもダメというわけです。

一般的な母親は、いつまで経っても子どもに干渉したいものです。彼女の時には優しかった彼ママが、嫁になった途端ひょう変。そんな話はよくあります。

そんな時、優先順位をわかっている男性は頼りになります。今の居場所である「夫婦の空間」を一番大事にして、親との関わりをシンプルに保つ。そんなことができる人を選びたいものです。

ほどよい温度で喧嘩ができる人

散々言い合って、翌日には仲直り。こんな風に激しい喧嘩をしても、今はまだ回復が早いかもしれません。

けれどその回復力は年々落ちていきます。言われた言葉が忘れられなくなり、イライラが長引く。歳をとると、体の傷も心の傷も治りにくくなるのです。

そのことを踏まえた上で考えたいのが「喧嘩を話し合いにステップアップさせること」罵り合いではなく、前に進むためのディスカッションができる男性は貴重な存在ですよ。

100%の幸せを継続するためには

shutterstock_2405212484
いかがでしたか?結婚生活上で起きるであろうことを、事前にシュミレーションする必要性と「選択力」についてお伝えしました。

ひとくちに結婚と言っても、毎日が変化と積み重ねの連続です。そんな日々を一緒に楽しめるような男性と出会えることを願っています。”