忙しい彼に心配だからとメールを送る事って良い事?悪い事?

忙しい彼に心配だからとメールを送る事って良い事?悪い事?のイメージ画像

仕事が忙しくて、月に1度会えるか会えないか。電話もメールも彼からは滅多に来なくて、彼の様子が全くわからない…そんな状況から、不安や寂しさを抱えて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

仕事が忙しいという人達は、男女共にいます。ですが、連絡が取り合えなくて寂しいという様な悩みの声は、女性の側から多く聞こえてくるのは何故なんでしょうか?

それには、男女の性分や価値観の違いが深く関わっているようです。まずは、その違いを比べてみましょう。

男性と女性の性分の違い

男性と女性とでは、仕事に対して重要視するものが違います。

男性は一つの事に集中しがち

仕事が忙しくなればなる程、連絡をしなくなるというケースは、男性の方が圧倒的に多いです。

これは男性は本来、社会的地位や世間体を大切にする生き物なので、社会的に認められていたり、時にはステータスとなる仕事というものに、打ち込む事に必然と意識が向けられようになっているからです。

また、男性は猪突猛進とまではいきませんが、一つの事に集中すると、周りを見渡すのがおろそかになりがちです。

よく夫婦間の話題で、テレビを観ている旦那さんに話しかけても、無視か生返事しか返って来ないという奥さんの愚痴を耳にしますが、あれはそういった例の一つなんです。

女性は見渡せる

一方、女性には母性本能が備わっており、周りに対して見配りや気配りをするような事は、男性よりも得意とします。複数の事に意識を分散できるので、仕事とプライベートを両立する事は、女性は上手にできる人が多いのです。

そして、周りの事が気になる性分でもあります。一般的な家庭では主に父親よりも母親の方が、より子供に干渉的になりがちなのもそういったところから来ています。

また、そうやって周囲に気を巡らせているので、噂好きで話が広まるのが早いのは女性ならではという事ですね。

男性と女性の価値観の違い

また、男性は信頼し合える関係になる程、メールや電話の回数、デート等の物理的な事はあまり積極性を出さなくなっていきます。付き合う前や付き合い始めは、彼女に良いところを見せたくて、本来の自分よりも背伸びして頑張ります。

しかし、付き合っていく内に、彼女との間に深い信頼関係を築く事ができたと確信すると、やがて安心感が沸いてきて、自分のペースを出せる様になってくるんです。言うなれば、その姿が等身大の彼なんです。

反対に、女性は付き合って信頼関係が深まる程、更に連絡やデート等を密にしたくなります。結婚に積極性を見せるのが女性の方が多いのも、一つ屋根の下に一緒に暮らして、物理的な距離を縮めたいというのも一因ではないでしょうか。

男性は精神的距離を縮めたら、物理的な距離を取りたがります。女性は精神的距離を縮めたら、更に物理的距離も縮めたくなります。

つまり男性と女性は各々、反比例した行動にでやすくなります。こういった男女の価値観の違いで、女性は男性に放置されたと感じて、不安や不満が沸いてきてしまいます。

男性からすれば愛し合っているからこそ、離れていても大丈夫と考えます。ですが、女性からすると愛し合っているからこそ、傍にいて欲しいんですよね。

このように男女の性分と価値観は、正反対に近い異なる性質を各々もっています。勿論、全ての男女がこうというわけではありませんが、お互いに理解し合えない部分があるという事は、だいたい分かって貰えたのではないでしょうか。

メールが誰のためなのか考える

感情でメールを送ってしまう前に、考えてみて下さい。

想う心は黙っていても伝わる

しかしだからこそ、忙しい彼と暫く連絡が取り合えていない時に、送りたいと考える貴女のそのメール…それが一体誰のため何のためのものなのか、よく考えてみる必要があるかもしれません。

貴女が彼にメールを送るのは、「彼が元気かどうか心配だから」と思うかもしれません。ですが本当は、その心配の裏側に隠された、貴女の寂しさを優先してはいませんか?

上記の通り、彼は貴女を愛して信頼しているからこそ、安心して仕事に取り組めます。仕事に集中している彼にとって、連絡はたいした意味をなさないのです。それどころか、重荷になってしまうかもしれません。

うわべだけの心配は、相手にわかってしまいます。何かに取り組み忙しくしている相手の状況を確認する事は、思い遣りではありません。せっかくの久しぶりのメールも、貴女の自己満足になってしまう可能性もあります。

反対に、何も言わなくても、本当の思い遣りは相手に自然と伝わるものです。理解しがたいかもしれませんが、黙って見守る事も彼にとっては貴女からの愛情の一つなんです。

連絡の頻度で愛情は計れない

また、「私が彼から愛されていないから連絡が来ないの?」そんな心配をされる女性もいますが、そうではありません。彼に対してだとどうしても感情的に考えてしまいがちですが、一度彼以外で置き換えて考えてみて下さい。

例えば、身近な存在で貴女を大切に想ってくれている貴女の家族の人達…離れて暮らして連絡を頻繁に取り合っていなくても、貴女を深い愛情で包んでくれているのを感じますよね?そう考えると、連絡の頻度だけでは愛情の大きさは計れないのではないでしょうか。

最大で最高の理解者は貴女

寂しさを埋める鍵は、彼ではなくて貴女です。

まずは自分自身で対応

「じゃあ、私にばかり我慢しろって事なの?」そんな悲痛な声が聞こえてきそうですが、そうではありません。

彼と連絡が取り合えずに沸いてくる寂しさや不安は、彼を好きだからこその感情なので当たり前です。貴女が様々な感情を抱くのも仕方がない事で、悪いわけではありません。

しかし、それを直接彼にぶつけてしまえば、彼と衝突してしまうかもという不安はありませんか?勿論どうしても耐えられない時は、話し合う事も必要です。

ですが貴女の心の事ですから、まずは自分自身で対応して、それから彼に話しても遅くはないのではないでしょうか?

感情を我慢せず受け止める

まずは、「私はこんなに彼を想っているのに、どうして連絡をくれないの?」そんな風に思いのままに感情を出して下さい。

思いっきり泣いてもいいし、心の中で彼に怒鳴りつけても構いません。とにかく貴女の中から次から次へと沸いてくる感情を、我慢せず出しきって下さい。

そして、徐々にそれを眺めるもう一人の自分を作ってみて下さい。そうやって沸いてきた感情を、「そうだよね、悲しいよね辛いよね」そんな風にもう一人の自分で自分を肯定して、寂しさや不安を受け止めて慰めてあげて下さい。

貴女に我慢させないために、貴女がそれを受け止めてあげるんです。

そして、今度は楽しませてあげて下さい。彼の事以外で、楽しめる事はいくらでもあるはずです。美味しいものを食べてもいいし、外に出掛けてみたり、友人を誘ったりと気の向くままに心地良く感じる事をするんです。

自分の隙間は自分で埋める

きっと、「そんなの馬鹿みたい!惨めなだけ」そんな風に感じてしまう人もいるでしょう。確かに初めは、抵抗や戸惑いを感じてしまうのも仕方がないと思います。

しかし、彼に振り回されず自分をもっている女性は、皆自分で自分を楽しませる事ができる人です。そして、自分で自分を慰める術も知っています。相手がどのような状態であっても、常に自分がどう感じてどう捉えれば自分の心が良い方向に向かうのか、考えるんです。

そうやって自分をコントロールして、彼に対して何かを期待したりしません。その結果、彼を責める気持ちにはならず、喧嘩や衝突をする可能性もなくなります。何より、貴女自身で自分の心を楽にしてあげられるのです。

貴女が何を苦しみ何を喜ぶかを一番理解してくれているのは、他ならぬ自分自身です。貴女の最大で最高の理解者は貴女自身なんです。

全ては自分の捉え方

彼と連絡を取り合えない寂しさや不安も、自分を一番想って理解してくれている人が常に傍にいると思えば、そんなに辛くはないのではないでしょうか?

貴女が彼から連絡が来ない事を悲観的に捉えたままでいると、彼からの連絡がますます遠くに感じて、より嫌な考えが頭を占めてしまうでしょう。そんな時に、一段落して久しぶりに連絡してきてくれた彼に対して、果たして貴女は笑顔で対応できるのでしょうか?

貴女が楽しんでいると、きっとそのうち彼から連絡もくるでしょう。その時は、意外に短く感じるかもしれません。

貴女は彼に対して、久しぶりに連絡をしてきてくれた嬉しさを素直に表現できるはずです。そんな貴女に彼も忙しさで疲れた心が癒され、二人の関係もより良いものとなるでしょう。

彼の忙しさや連絡の頻度はどうにもできません。ですが、自分の心の捉え方はコントロールできるし、隙間は自分で埋める事ができるんです。