合コンでアラサー女が敬遠されてしまう意外な失敗行動とは?

4

20代の頃は、座っているだけでなんだかんだといい思いができたものですが、年を重ねるとそういうわけにはいかなくなるのが現実。そんな想いからついつい余計な言動や行動で男性陣を引かせてしまうのも、アラサー女の悲しい性でもあります。

今回は、そんな悲しきアラサー女の良かれと思った行動が意外な失敗を招いてしまうケースについてご紹介したいと思います。

アラサー女の失敗行動とは?

5
年を重ねることで経験や知恵を身につけることはできても、女子の買い手市場ではどうしても若さがもてはやされてしまうことで、アラサー女としては、つい自分たちが失ったものに目がいってしまうことになります。

それらを補う為に、知恵を絞ってみるものの、なんだかその行動は痛々しく失敗に終わることも多いようです。ここではそんなアラサー女たちのおかしがちな失敗行動をいくつか挙げてみたいと思います。

「私なんて・・・」という面倒くさい謙遜

特に自分より若い女性のメンバーとの合コンの場合、どうしても自分が他より見劣りすることをアラサー女は十分理解しています。男は女の若さに対して非常に正直に反応するものですから、そんな場面に何度か遭遇している内に、知らぬ間に自分を卑下するクセがついてしまうものです。

それを笑いにすれば、なんでもないことだろうと本人は思うかもしれませんが、そんな気遣いも周りからしたら痛々しく感じられたり、合コンにきて、既に戦線離脱している姿は、年齢を気にし過ぎの、自意識過剰な女に見えてしまいます。

気遣い上手をアピールするも、まるで近所のおばちゃん状態に・・・

年齢的にも周りへの気配りを意識するあまりに、気付けば世話好きの近所のおばちゃんになっていることも・・・。若い時は、気がつく子だと思われて、かまってもらえるのですが、男は正直者なので、せっせと働くアラサー女に「ありがとう」と思う以上に、特別な感情は持たないでしょう。

そうなれば、社会経験も長く、自分がアピールできる振る舞いも心得ているアラサーらしく、その役割をネタにしてみるも、ただのおもしろい人に成り下がるだけで、恋愛にはなかなかつながっていかないという悲しい現実が待っています。

男気のある発言で男性の支持を得ようとする

年齢の分だけ、経験も重ねてきた彼女たちは、女としての余裕からか、長いサラリーマン生活の為か、妙に男っぽさをアピールして、男性に理解を示そうとします。

「男は○○なんだから、仕方ないよね〜」という擁護は、男性陣へのポイント稼ぎのはずが、ただの年の功と思われたり、安っぽい発言に捉えられたりすることになります。男は、女に理解してほしいと口で言うほど、物わかりのいい女を求めているわけではないので、特にプラスとなるアピールにはならないでしょう。

年上ぶった余裕のある態度がただの上から目線に・・・

年齢的なハンデを補うべく大人の余裕をアピールしたところで、その何でも知っているとでも言うような動じない態度が男性からしたら上から目線と感じられることになります。アラサー女としては大人の余裕をアピールしているつもりでも、周りから見たら、妙にわかったような言動や何気なさを装った気配りもただ距離を広げるものになるかもしれません。

大人の余裕を恋愛対象と感じてくれる男性は正直あまり多くはないのが現状なので、年齢を気にして取り繕うよりも、普段のままで接するのが一番ということでしょう。

自分の意見をぶつけたがる

話を盛り上げたり、コミュニケーションの手段としてある話題について意見を言い合うなんてこともありますよね。ただでさえ口が立つ女性であるのに、アラサーともなると仕事で培ってきた切り返し力は半端ないものです。

場を持ち上げる為にも、また相手と親しくなる為にも、意見をぶつけて自分の存在をアピールしてみるものの、正直男性としては、仲良くなれる相手であると感じても、恋愛感情を持てるかと言えば、微妙なところでしょう。

アラサー女の行動の奥にある本音とは

shutterstock_1463972620
そんな少し出過ぎた行動を取りがちなアラサー女の心は、実はとっても繊細なものなのです。ここでは行動には表れないが、彼女たちの心を占める本音について分析したいと思います。

手応えを感じない焦りで試行錯誤を繰り返す

30歳を迎えてから、なんとなくぱっとしない男性の自分への反応。実際に恋愛も簡単には発展せず、手応えを若い頃のようには感じなくなっています。始めはこんな時もあると自分に言い聞かせていたものの、これが現実であると知るとただならぬ焦りが彼女たちを襲います。

その焦りから、その場の状況を読み、自分なりに演じてみたり、思考錯誤を繰り返しているものの、周りからは逆にマイナスイメージを持たれてしまうという悲しい状況に陥っています。

馬鹿な女と思われたくない女の意地

年齢を重ねたからこその良さをアピールして、若い女との差別化を図りたいと思うがゆえに、つまらない意地を張ってしまう彼女たち。年齢にそぐわない言動をすれば痛い女と揶揄され、大人の余裕を演じても、距離を置かれ、なかなか思い通りにならない現実。

年を取ったからには、そのハンデを知性や経験で補いたいと思うのですが、なかなかその振る舞いが男性のストライクゾーンにはいるのも稀なようで、そんな女の意地も無駄になることも・・・。

自分の売りを求めて迷走中

上記にも書きましたが、若くないという現実と向き合う為に、若い女との差別化を図れる自分の売りを考えるようになります。しかしながら、なかなか自分をプロデュースすることは難しく、失敗に失敗を重ねながら、いまだ迷走中という女性が大半をしめるのではないでしょうか。

本来のそのままの姿で問題ないのですが、年齢を重ねたことで、何者かになろうという無駄な向上心がアラサー女たちを苦しめているのかもしれません。

周りの評価は「気にしない、気にしない・・・」

shutterstock_1810054401
アラサーといっても、まだまだ未成熟な面もありますし、まだまだ気持ちは20代をひきずっているというのが正直なところではないでしょうか。だからこそ変に30代という年齢を意識するのではなく、ありのままの自分でいいのではないかと思います。

周りからの評価を過度に気にせず、あくまでマイペースに、年齢に振り回されないことが女性の魅力を引き出すことになるのではないでしょうか。