元彼を引きずってはダメ!辛い失恋から立ち直るための方法

2

恋はいつかは終わるもの・・・わかっているけれど失恋は辛いものです。幸せから不幸のどん底に突き落とされた女性たち。

恋なんてこんなものよ・・・彼との関係が崩れるなんて思いもしなかった信じられない・・・彼の心変わりに人間不信になってしまった・・・など心の傷はさまざま。

男性より女性の方が失恋から立ち直るのが早いと言いますが、中には元彼を引きずってしまって次の恋ができなかったり、落ち込んで引きこもったり、元彼にストーカー行為をしたりする女性もいるようです。

失恋したら大いに悲しむべし

1
失恋の原因など考えていても意味がありません。辛かったら思いっきり悲しむことです。悲しみ方にも色々あるのです。とことん悲しまないと心の澱みが浄化できません。

とにかく泣く

一人で泣いてもいいし、親友に話をして泣いてもいいのです。泣いて泣いて涙が無くなるくらい泣くのです。泣くとその瞬間はスッキリします。そしてまた思い出して泣くのです。

その繰り返しが多ければ多いほどよいのです。とにかく泣きましょう。涙を流しましょう。声を出して大泣きするくらいがいいのです。

音楽を聴く

失恋して心が傷つくと今まではすんなり聴けていた音楽が聴けなくなったり、テレビの画像が観れなくなったりします。しかしすんなり入ってくる音楽もあるようです。

自分とシンクロするような状況の歌には自分が入り込めるのです。歌詞の中に登場する主人公と自分は同じ立場だ。

というように自分と同じ境遇の主人公とで悲しさを分け合うような感覚になるのです。失恋した同士で慰め合うような感覚でしょうか。

感情移入できる失恋ソングは恋に破れた人達にとって必要なのかもしれませんね。そして誰にも失恋という経験があるから共感できるのでしょう。

心情を綴る

昔なら日記に自分の悲しい思いを綴るという方法がありました。今はブログやツイッターなどがあります。失恋に限らず文字を書き出したり、文章にして自分の思いを綴って感情吐露することは頭と心を整理させるためには良いとされています。

文字を書くというのは感情を整理させるという効能の他に自分をかえりみることもできます。また第三者的な自分を見ることもできるし、悲劇のヒロインになって悲しみを倍増させ発散することもできます。

ブログなどは読み手が存在するので、同じような仲間の励ましのメッセージなどをもらえるので悲しみを綴りながら発散もできます。

この悲しみを徹底的に解消しないと前には進めません。失恋は成長だ、前向きに進め、など前向きな言葉や励ましは失恋した直後の人達には意味のない言葉なのです。

この悲しむという行為こそが次のステップになるのです。 もしあなたが失恋した時は徹底的に悲しんで泣いてください。そしてあなたの友人が失恋したときは話を聞いてあげて下さい。

悲しみの次に訪れるもの

3
充分悲しんだ後はなんと腹立たしさが湧いてくるといいます。ここで女性の性格が出て来るのですが、普通は元彼の愚痴などになってくるのですが、この部分が陰湿になると少々困った行動になってくるのです。

フラれたことに対しての憤り

なんで私がフラれなくてはならないのか?というように女性は少し悲しみから遠ざかると彼から捨てられたという腹立たしさのような感情が起こります。要はプライドを傷つけられたということで怒り のような感情が出てくるのです。

このような感情が生まれると彼のことをスッパリ切り離すことができます。彼に対して腹が立つということは彼を忘れるためには良いことなのです。

フラれたことを根に持つ

悲しみから解放されても 恨みのような感情が残る女性は陰湿な行動 に出る ことがあります。嫌がらせの電話やメール、仕返しのような行動、男性の新しい恋人への嫌がらせ、またストーカー行為や、自虐行為をしてしまいます。

愛情と憎しみは紙一重です。失恋によって心が壊れ、歪んだ愛情だけを抱えたままの女性は精神的に病んでいく可能性があります。親友や家族のフォローや別れた彼の協力も必要となってきます。

まさかと思う行動は失恋が原因なのか、もともとの性格なのかはわからないだけにお付き合いする前に見極めることも大事なことかもしれません。

失恋の立ち直りは日にち薬

4
徹底的に悲しんで元彼に怒りが込み上げて「もう彼のことは忘れよう」と決心しても、やはり心に空いた穴は大きいものです。

ふと別れた彼が恋しくなったり、声を聞きたくなったり、彼の周辺が気になったりで心の中は彼のことでいっぱいになることもあるでしょう。

たまにやってくる刹那的な彼への思い。彼の携帯のアドレスを消去できないなど、彼を引きずっていることも。

失恋の辛さから少し解放されたこの時が一番心が揺れる時期でもあります。

立ち直るために何をするか

日にち薬といってただ単に日々を過ごしていくのではいけません。失恋の痛手から少し解放されたのなら過去のものを処分していかなければなりません。また自分の意識も変えていく努力をしましょう。

執着しているものや場所から離れましょう。悲しみが癒えても心が揺れている状態では、なかなか彼を断ち切ることはできません。

  • 携帯から彼のアドレス、電話番号を消去する
  • 彼からもらったものを処分する
  • 引っ越しをする
  • ヘアスタイルを変える
  • 新しい出会いを探す

このように過去に決別する行動をすることです。別れると決めたのです。彼のことは縁が無かったのだと諦めましょう。

フラれた彼に未練を残して思い続けるのは時間の無駄です。自分にはきっともっと素敵な彼が現れると信じてください。

自分が幸せにならないことには他人には優しい気持ちで向き合えません。まず自分の意識を変えていきましょう。人は出会っていつかは必ず別れがくるのです。

彼との別れは人生の通過点だったと思えるまで時間はかかるでしょう。早急に切り替える必要はありません。

自分の幸せを探しましょう。いつか愛する人ができて幸せな自分になれば自然に元彼の幸せも願えるようになるのです。

いつまでも元彼を引きずっている女性は男性から見ると魅力的には見えません。失恋を断ち切って次の出会いに前向きな女性は活き活きして見えるのです。

フラれることで優しさを知る

1
決して楽しいことばかりが恋ではありません。いつか終わりがあって悲しみがあって辛さがあって、また出会いがあって・・・別れと出会いを繰り返し、悲しみや辛さを経験しながら優しさを知るのです。

失恋してフラれる悲しみというのは本人しかわからないものです。 次に出会う愛する人には自分と同じ失恋の思いをさせたくないという優しさが湧き、困難があっても愛を繋ごうと努力するのです。心が傷ついて疲れた分だけ同じくらいの成長があるのです。

出会いと別れ

4
別れということに喜びや幸せというものはありません。旅立つ別れもなにか嬉しい反面、もの悲しいものです。

恋愛も出会いがあり別れがあります。ずっと愛を貫いた夫婦にも最期の時があるのです。人は出会いと別れの繰り返しですね。失恋もその中の一つの出来事です。

失恋は辛いものです。でも失恋は単なるキッカケです。「私はこの人に出会うために生きてきた」と思える人に出会うためのキッカケにすぎないのです。

辛い別れには意味があります。乗り越えて立ち直った先にはきっと今までより素敵な出会いが待っているのです。

今、失恋に悲しんでいるあなた、悲しんでないで次の一歩を踏み出してください。