【一人暮らし女性必読】一刻も早い「辛すぎる失恋」の立ち直り方

shutterstock_191883701

恋愛に失恋はつきものだけど・・・。付き合っていた彼にフラレた、脈アリだと思って告白したけど返事はノーだった。

とても辛いのに家に帰っても一人きり。絶望に似た辛さをどうにかして乗り越えたい。心の傷を負っているあなたに、寂しさを乗り越え辛い失恋から立ち直る方法を伝授します。

思い出の断捨離

大人になっても失恋はとても堪えます。彼や意中の人と付き合いが深ければ尚更です。しかも、一人暮らし。寂しさは独りきりの部屋に充満します。

「結婚しようと思っていたのに」
「もう立ち直れないかもしれない」
「心が張り裂けそうなぐらい、辛いし寂しい」

捨てる勇気を

一人暮らしの部屋に幸せな頃の思い出の品があればなおさら堪えます。まずは、問答無用で捨てましょう。物には罪が無いとは言うけれど、大人の失恋には思い切りが必要です。

割り切っていく強さが必要です。売れるものは翌日には売ってしまえるよう、玄関にまとめておきましょう。

無くす勇気を

写真なんてもってのほかです。焼いて消滅させてしまうのがいいでしょう。

仕事などに影響がなければ相手の携帯番号を着信拒否、メールも受信拒否に設定し、その上でアドレスを消去しましょう。過去の保存メールも光の速さで完全消去しましょう。

恋愛に関するもの遮断

あなたは一人暮らしです。傷心の心にさらに傷をえぐる行為は控えましょう。映画を観るとしたら恋愛とは全く無縁のホラーやショッキングなもの。主人公が恋愛以外で不幸のどん底に落ちるものなどがおすすめです。

また、なるべく音楽は邦楽を控えましょう。歌詞を自分に照らし合わせて、傷つくことは避けましょう。筆者のおすすめは「禿山の一夜」です。ぜひ、心に染みる音色よりも、なんだか訳が分からない音楽を聴きましょう。

早く寝てしまう

これが一番おすすめです。目を閉じ、じっとしましょう。「自分の何が悪かったか」などは極力考えないことです。

楽しい思い出なども脳内から追い払いましょう。あなたを振った見る目のない男の事は考えないほうが賢明です。

恋愛の事も考えないほうがよいでしょう。普段は全く興味のない落語なんかを聞きながら、頭を空っぽにしましょう。一人暮らしです。自分以外の人の声があるというのはいいものです。

友達を呼ぶ

迷惑は承知で、もしあなたになんでも話せる友人がいるのなら泊まりに来てもらいましょう。誰かと一緒にいると心強いものです。

ただし、その友達がいなくなった時にはそれ以上に寂しくなりますし、自分の悲しみを自分で消化できる力も大事です。どうしても辛くて壊れそうな時だけにしましょう。

悟りの境地

忘れられない。どうしても思い出してしまう。居てもたってもいられないぐらい辛い。そんな八方塞がりになったら、ショック療法という手もあります。幸せ絶頂な人のノロケ話を聞いたり、結婚式場に行って人生一番の晴れ舞台にいる人の笑顔を見たりするのです。

もう足は震えるし、涙はこぼれてくるし、世界で一番自分が不幸な気がしてきます。ですが、闇の先に待っているのは悟りの境地です。

辛い修行に耐える坊さんじゃありませんが、あまりにも苦しいと、「苦しい」っていう感覚が麻痺して突き抜けます。ここまで来たらしめたものです。

悲しみはそのうち癒えます

女性は強い生き物です。新しい幸せに巡り逢えば、辛かったことなんてすぐ忘れてしまいます。立ち直るまでの一人の空間は時に身を任せてもいいですし、がむしゃらに新しいことを始めるのもいいでしょう。

家ではなるべく不自然なほど笑っていましょう。一人きりを楽しみましょう。旅に出るなら鬼スケジュールにしましょう。

この困難を乗り越えれば幸せな出会いが待っている、なんて甘い世の中ではありませんが、あなたをフッた男に、これ以上足を引っ張られる必要は一切ありません。

「元カレor元好きな人どうだった?」の質問にはいつでも明るく笑って「たいした男じゃなかったわ」ぐらいの意気で前を向いていきましょう。