草食系男子は攻略が大変?彼らが選んだ女性に共通する3つの特徴

576

「彼氏にするなら肉食系だけど、結婚するなら断然「草食系男子」でしょ!だって平穏な毎日が遅れそうだもの」

静かで物腰の柔らかい雰囲気から、すっかり人気者になった彼ら。肉食系男子に比べて知的なイメージが浮かびやすいのも、魅力のひとつではないでしょうか。

ライバル達には負けられない!けれど、どう攻めたらいいのかがわからない・・・それなら草食系の生態と好みをしっかり頭に入れて、彼らを攻略しちゃいましょう!

草食系男子の生態

335
近頃は圧倒的人気を誇る彼ら。そんな草食系男子の中に、さらに3つのタイプがあるのはご存知ですか?

身近の気になる彼は一体どのタイプなのか、まずはその特徴を見ていきましょう。

1 生粋の草食系男子

どちらかといえば内向的でおっとりしていて、見た目と中身のギャップがないことが特徴として挙げられます。人前では自分の意見を通すよりも、長いものに巻かれるタイプ。その反面、個人的な強いこだわりがあったりします。

恋愛経験のあるなしに関わらず、相手に干渉されるのが苦手。特にストレートな愛情表現を恥ずかしいと感じるため、女性側がもどかしく思うことが多いようです。

2 ロールキャベツ系男子

見た目は大人そう、けれど中身は意外と「男性性」が強いのがこのタイプです。一見ひ弱で女性慣れしていなさそうなのに、実は恋愛に対して情熱的。絶妙なタイミングでスマートに女性を口説けたりします

そのため本性を知った女性からは「肉食系より好み!」と人気が高く、特定の女性に限らず交友関係が広いのも特徴のひとつと言えるでしょう。

3 アスパラベーコン系男子

見た目やファッションが派手で男っぽいのに、中身は「女性性」が強いタイプのことをさします。グイグイきそうに見えて、実はとっても受け身。とはいえ初対面で好印象をもたれることが多いのも、彼らの強みと言えます。

そのため交際には発展しやすいのですが、いざつき合ってみると「無口でつまらない」「愛されているのかわからない」など、女性に不満を抱かせてしまう傾向が見られます。

草食系男子の攻略法

shutterstock_113510497
タイプ別の傾向がわかったところで、次は「どんな攻め方が有効か」「どんなことがNGか」について考えていきましょう。

ちなみに今回はあくまでも草食系男子がターゲット。中身が男性性であるロールキャベツタイプの男性は「対象外」ですのでご了承くださいね。

攻めはOK、でも要求はしないで!

自らアクションを起こすことが苦手な彼ら。けれど誘われれば嬉しく、本当はそんな機会を待ち望んでいたりします。

そのため食事やデートの言い出しっぺは、女性側が担当するのがベター。お店のチョイスも事前にしておけば、案外すんなりOKしてくれることでしょう。

ただし、ここからが草食系男子の難しいところ。彼らは前述の通り「誘ってもらうのは嬉しい」けれど「リアクションは求めないでほしい」と思っています。

あなたとしては来てくれた時点で、デートは半分成功したようなもの。気分も高揚して、ついつい彼に「美味しいよね、どう?」「今日の私のカッコどうかな?」なんて質問を浴びせかけます。

けれど相手は草食系男子。とたんに貝のように黙ってしまい、あなたは戸惑うかもしれません。饒舌に語ることを苦手とする彼らに、盛り上がりや気の利いた返答は望むべきではありません。

興味もって、でも干渉しないで!

草食系男子の基本スタンスが「受け身」とはいえ、こちらからガンガン攻めるのは勇気がいるものですよね。自らも社交的でない方なら尚更です。

そんな方にオススメなのが、彼らの得意分野に興味をもつこと。彼らがハマっていることや、こだわりをもっていることに共感してみましょう。

ただし、付け焼き刃レベルの知識で対等に話そうとしても相手にはバレバレ。不愉快な思いをさせるよりも「教えてほしいな」そんなアプローチの方がいいでしょう。

そして注意したいのが、仲良くなると出てしまいがちな本音。例えば「それ本当に面白いの?こっちのが良くない?」や「いっつも本読んでばっかりで私ヒマだなー」など。彼らにとっては余計なひと言です。

悪意がなくとも否定的に受け取られかねない言葉は、それまでのいい雰囲気を一瞬にして変えてしまいます。彼の中であなたは、疎ましいだけの存在になってしまう恐れがあるのです。

草食系男子が好きな女性のタイプ

shutterstock_115061443
草食系男子へのアプローチ方法と、気をつけるべき「NG言動」がわかったところで、ますます気になるのが「どんな女性が好きなのか」ですよね。

そこで日頃どんなことを女性に対して思っているのか、草食系男子に伺ってみました。彼らの正直な意見は、あなたの心にどう響くでしょうか。

1 愛情表現を求めない人

好きな人とは一緒にいたいと思ってますよ、もちろん。けど、困るのが「私のことどう思ってる?」とか「愛してるって言ってよ」って言わせようとする人。

そんな恥ずかしいこと口にするくらいなら、ひとりでいたほうがマシかな。別に冷めてるわけじゃないんです。ただ、これが自分なわけで。

気持ちがちゃんと伝わってれば、言葉はそんなに必要ないんじゃないかと思ってます。だから、何も言わなくても相思相愛でつき合える女性がいればいいのにって。これがなかなか、いないんですよね・・・

2 干渉し過ぎない人

ガヤガヤ騒々しい所が苦手で、休みの日は静かに映画を観たりしたいタイプなんです。なんなら彼女といても、お互いに読書しながら過ごすとか大歓迎で。

女性にそんな話しをすると結構な確率で「そういう関係いいよね!」って言うんですよ。けど、いざそれを実行すると次々と不満が出てくる。「つまらない」とかね。

こちらとしては最初に言ってあるわけですから、後からつべこべ言われても。だから理想は、1ヶ月に何回かデートして、他の日はお互い自由に過ごすことかな。

3 些細なことで怒らない人

昔から争いごとが嫌いで。腹が立つことは勿論ありますけど、怒りの感情より先に「あぁ面倒だなー」って思っちゃいます。でもこれ、男はだいたいそうじゃないですかね。

一番苦手なのが「喧嘩は激しくやってこそ意味がある!」みたいな考えの女性。そのあと仲が深まるから、なんて言うけど嘘でしょ。

ただ感情をぶつけたいだけですよ。傷つけあうことに意味なんて見い出せません。幼稚な喧嘩をしないですむように普段から気をつければいいし。些細なことでカリカリしない女性が理想ですかね。

「取り扱い注意」な草食系男子たち

ホントの幸せつかみたい!パターン別ダメ恋愛からの脱出方法のイメージ画像
友人でいる分には魅力的で面白い彼らも、交際相手となると話は別。ありのままの自分をぶつけてしまうと、受け止めてもらえずに辛い恋になるかもしれません。

求め過ぎす、干渉し過ぎす、短気にならず。もしおつき合いを考えているならば、そんな心構えで挑む必要がありそうですね。