社内恋愛で失敗しないために、知っておくべき5つのタブー

shutterstock_190884683 - コピー

席が隣になったから。

学生時分に恋をする切っ掛けとなったような、そんな些細な男性との出会いがあるのが、社内恋愛です。実はこの社内恋愛、会社勤め経験のある会社員の半数近くが経験があると答え、さらには結婚に至るケースも多く意外と侮れないものとなっています。

またこれは男性側の経験談なのですが、「入社面接の時からいいなと思っていて、もし一緒に働けたたらアタックしようと思っていた」という強者や、「部署は違ったんだけど、気になっている相手と同じ部署の同期に協力してもらって、ダブルデートの約束を取り付けた」と言ったかなり積極的な人もいらっしゃいます。

このような話を聞くと、会社だからと言って身なりや自分磨きを怠っていては、それだけ自ら出会いのチャンスを無駄にしている事になります。

会社というのは、言葉を変えたら男女の出会いの場、でもあるわけです。

しかし一方で、会社の中には社内恋愛を禁止しているところもありますので、まずはあなたの会社が該当するかどうか必ず確認する事が必要となります。

その上で晴れて社内恋愛をする事となったとしたら。その先に待っているのは、必ずしもバラ色の毎日、とは限らないのが社内恋愛の常識です。

そこでここでは、「社内恋愛では絶対にしてはいけないタブー」を知る事により、せっかく手に入れた恋を泣く泣く手放す事のないようにして戴けたら、と思います。

2人の関係は周囲に知られないようにする

社内恋愛を容認している会社の場合であっても、出来れば周囲には2人の関係が気付かれない方がよいでしょう。

なぜなら、知らなければ使う必要のない気を、2人の関係を知ってしまったがために、気遣いせざるを得ない状況にさせてしまい兼ねないからです。

また、上司や同僚の中には個人的な見解として社内恋愛を好ましく思わない人がいる事もあります。むやみに口外するよりは秘密にしておいた方が無難です。

仕事とプライベートは決して混同しない

デート中の喧嘩をそのまま仕事上に持ち込むといった行動は言語道断です。周囲に気を使わせるだけではなく、さらに不快な気分にさせるというのは、社内恋愛を破滅に向かわせる一歩だと思ってください。また、私語も出来るだけ控えた方がよいでしょう。

「会社の同僚とだって他愛のない話くらいするだろう」と思うかも知れませんが、自分達にとっては周囲と何ら変わりない話のつもりでも、話の内容によっては2人の親しさを露呈する結果になりかねません。

そこから思わぬ失敗に繋がる事がないとは言い切れないので、「これくらいは大丈夫だろう」と思わない方がよいでしょう。

会社内でスリルやドキドキを求めてはいけません

会議室での密会や、地下の資料室で時間を決めて落ち合うようにする、と言ったドラマのようなシチュエーションを社内恋愛に求める人もいるようですが、このような行動は慎むようにしましょう。

万が一、2人がいるところに別の社員が出くわした時、そこから一気に噂になる危険性があるからです。勿論、相手に嫉妬してもらいたくて別の社員と仲良くする、と言った事も、絶対に止めて下さい。

もし2人の関係が明るみになった時に、ひんしゅくを買うばかりではなく仕事をする立場としての信頼や信用を失ってしまいます。

よって元々、恋愛に刺激を求めるタイプの方は、社内恋愛には不向きだと言えます。また、違う部署にいる相手のところに用事もないのに頻繁に通うのも止めましょう。「仕事中に遊んでいる」という目で見られるだけで、何のメリットもありません。

退社時間を合わせたり、ランチを一緒にしないようにしましょう

偶然を装ってランチを一緒にする、といった事も1度や2度ならよいかも知れませんが、何度も続くと必ず周囲は2人に疑いの目を向けるようになります。

「ランチくらい、いいじゃない・・」と思うかも知れませんが、例え複数の同僚と一緒でも、輪の中にあなたと相手がいつもいるとなると、必ず関係を怪しまれるようになります。

ランチの時間はプライベートだと考える方もいるかも知れませんが、ランチの時間も仕事中だという事を忘れないで下さい。

また退社時間が同じだと、約束していると思われてしまいます。仕事の後はプライベートな時間ですからデートをするのは構いませんが、会社を出る時間は出来ればずらした方がよいです。

社内用SNSで連絡を取り合うのは止めましょう

今の時代、仕事用に会社から一人に一台パソコンを割り当てられている事が多くなりました。

このパソコンを仕事で使うのは勿論ですが、場合によっては会社内で立ち上げているサークルの連絡事項や飲み会のお知らせなどで使用する事もあって、一概に仕事のみでの使用と限られた話ではないかもしれません。

しかし、だからと言って、デートの約束や個人的な連絡などを、会社のパソコンでする事は大変危険です。そのような連絡は必ず携帯電話やスマートフォンから行いましょう。
パソコンであれば仕事中にも気軽に送信する事が出来たり、一見すると仕事をしているように見えるので便利だと思われるかも知れませんが、会社によってはパソコンの送受信を管理している部署があったり、中にはメールの内容まで見る場合もあるようです。

どうだったでしょうか?

タブーとされている事項を読むと、社内恋愛は、2人の関係を公に出来ないだけではなく、規制が多くて返って面倒と捉えた人も多いのではないでしょうか。

社内恋愛はやり方を間違えると、場合によっては男性であれば左遷や転勤を命じられたり、女性であれば退職を迫られる事もあるなど、人生を大きく変えてしまう切っ掛けになってしまいます。

ですが、実際に社内恋愛をしているカップルの中には、社内恋愛に多くのメリットを感じ、そして結婚を視野に入れたお付き合いを継続している人もたくさんいらっしゃいます。

「何をしているか常に把握していられるので、無駄な嫉妬や焼きもちがなくなった」「毎日顔を合わせられるので、幸せを感じる」「会社からの相手の評価がわかるので、結婚相手としてより具体的に見られるようになった」「何も知らない同僚や仲間から不意に相手を誉められたりする事で、自分では気づけなかった相手の良さを改めて知る事が出来る」と言った社内恋愛の素晴らしさを、どうかあなたも感じられるような社内恋愛が出来る事を願います。