写真撮影で男性ドン引き…周囲に「うわ」と思われる女の人の特徴

写真撮影で男性ドン引き…周囲に「うわ」と思われる女の人の特徴

みんなで写真を撮る機会ってよくあると思います。食事会や合コンなど、あらゆる場面で写真を撮るときに、男性たちは女性の行動をけっこうよく見ています。

なぜなら写真撮影にこそその女性の本性が現れるから!男性と一緒に記念撮影するときに気をつけなければならないポイントをお伝えしたいと思います。

写真撮影で本性がバレる!

カメラを向けられた際に、人間の本性って出るものです。

たとえばいつもは聞き役に回っているいい子だったとしてもカメラを向けられると他人を押しのけてでも目立つ位置に行こうとする女性…、小顔に映ることに必死になる女性…。

こんな様子は実は男性から見ればバレバレ! かなりドン引きされていますよ!

小顔にこだわっているのは、女性だけ

「写真撮るよー」の声を聞き、慌ててほかの女性の体の後ろに回る女性っていますよね。小顔効果を狙っている女性です。

人の後ろに行けば自分の顔は小さく写ります。その逆に、人よりも前に立ってしまうと、当然ですがその人よりは顔が大きく写ってしまいます。

ですが「顔が小さい大きい」にこだわっているのって、実は女性だけだったりするんです。

男性から見れば、「今日来ていたあの子、可愛かったよね」という話題にはなっても「今日のあの子、顔小さくて好きになっちゃいそう」とは決してならないわけです。

それなのに女性は少しでも顔を小さく写すために必死で列の後ろ側に回ろうとします…。男性はその様子に気づいていますよ!

今まで女性同士で仲良く話していたのにもかかわらず、「写真撮るよ」の一言で、「私よりも前に立って!」と言わんばかりの行動…。

同じ女性から見ても引いてしまうことがあります。気をつけましょう。


店員さんにカメラを渡し、命令口調

お食事などの場で写真を撮る場合、写り方以外にも周りを引かせてしまう場合があります。

それは、店員さんを呼び寄せて撮ってもらうことが当然といった感じでカメラを渡す行為。これはかなりドン引きポイントとなります。逆の立場で考えても同じことが言えます。

もしあなたが誰か男性とお食事に行ってその男性がそのお店の店員さんに横柄な態度で対応していたら「うわ…」と思いますよね。それと同じです。

店員さんに撮影をお願いすることは悪いことではありません。むしろ、店員さんも撮りなれているでしょうからスムーズに撮影が行われるはずです。

問題は頼み方。店員さんがほかのテーブルの注文などで忙しくしているときに声をかけてしまったり、撮ってもらった写真に対して「よく写ってない」などの文句を言うことがいけないのです。そういうのって男性は見ていますよ。

逆に、撮ってくれた店員さんに対して「忙しい時間帯にすみません、ありがとうございます」と丁寧な言葉をかけることができれば、お互いに気分はいいですし、ポイントアップです。

間違っても、「逆光じゃん、使えなーい」などと言わないように気を付けてくださいね。

あまりにもキメキメの顔で写る…

これはキツイです…。キメ顔したくなる気持ちもわかりますが、ぐっと抑えましょう。

キメ顔はたいていの場合「この角度が一番可愛い」と感じているのは本人だけだったりします。

周りの人は、「あの子、自然にしていたほうが絶対に可愛いのに…」と思ったりするものです。

ではなぜ記念撮影でのキメ顔がよくないか。それは、あなた自身の自信のなさが相手や周りにいる人たちに伝わってしまうから。

自分に自信のある人、または自分のペースを崩さずに生きている人というのは、いつどのタイミングでカメラを向けられたとしてもキメ顔はしません。自然のまま写る人が多いです。

そういう堂々とした部分があると男性からも下に見られなくなります。

逆に、キメ顔にこだわるというのは自信のなさ、自分への評価を気にしていることの裏付けになってしまいますから、なるべくなら避けたいものです。

ついつい同じ角度で写ってしまう人は意識してみましょう。

ネットに許可なく写真を掲載する

これは撮るときというよりも、そのあとですね。ネット上にその写真を許可なく掲載してしまう人、多いようです。これは危険です。

大勢での食事会では全員の許可をもらうことは大変かもしれませんが、絶対に断ってから載せましょう。

なぜなら、その食事会に、誰かとの約束を守らずに参加している男性だっているかもしれませんから。

「今日、夜会えるって言ったけど、ごめん、残業はいちゃって…」と彼女に言い訳して、実は飲み会に参加していた男性だっているかもしれないのです。

人は様々な事情があってその場に集まっているわけですから、許可なく掲載するのは大変危険な行為です。

女性としてもモラルが疑われることのないよう、気をつけたいものですね。