結婚適齢期の女性は知っておいて損はない婚期を逃す女性の特徴

結婚適齢期の女性は知っておいて損はない婚期を逃す女性の特徴

結婚適齢期という言葉があるように女性には結婚に向いている時期や良いタイミングというものがあります。

しかし中にはそんな自分の結婚適齢期を把握できずにだらだらと婚期を逃してしまうという女性もいるのです。

そんなせっかくの婚期を逃してしまう残念な女性というのはいくつかの特徴があるもので、もしその特徴に知らず知らず当て嵌まってしまうと貴女の結婚にも暗い影を落とすかもしれません。

幸せな結婚を望んでいる方は是非そのいくつかの特徴を押さえ、行き遅れ女子にならないように結婚のタイミングをうかがっておきましょう。

恋愛より仕事を優先しがちな女性

仕事が一番!今は仕事が何より優先!そんなアクティブな女性というのは現代社会では珍しくないでしょう。

しかし「今の時代仕事一本のキャリアウーマンはたくさんいるから大丈夫」とか「仕事を優先にしてる友達は周りにもいるし、私だけじゃないからまだ大丈夫・・・」なんて油断しているといつの間にか「同世代で自分だけ行き遅れてる!?」という状況になり兼ねませんよ?

仕事が出来る女性というのは素敵ですが仕事に夢中になり過ぎて一旦恋愛から離れてしまうとなかなか自分の女性としての魅力が客観視出来なくなります。

もしかしたら女子力が著しく下がってしまっている可能性も大いにあるでしょう。

仕事で徹夜が何日も続いたりついついお化粧やオシャレを怠っていると肌もあれますしホルモンバランスも崩れ女性らしい魅力がなくなってしまいます。

魅力のない女性は当然異性からも付き合いたいとは思われませんし、男性から見て結婚したいと思う女性というのはやはり仕事よりも家庭を優先してくれる女性です。

結婚適齢期を逃さないためには仕事を頑張りつつもきちんと結婚を視野に入れることが大事でしょう。

自分が異性からどう見られているかちゃんと意識出来ていることが行き遅れ女子にならないポイントですよ。

理想が高く結婚相手の条件が多い女性

理想の男性像がすごく高い女性や、結婚相手は高身長、高学歴、高収入の男性でないと嫌だという女性・・・実はそういった方は婚期を逃す可能性が高いのです。

理想が高く条件が多い女性は相手を篩にかけるので必然的に恋愛相手が狭まりますし、もしも条件をクリアする男性が現れなければ当然お付き合いのチャンスもなくなってしまうでしょう。

理想を高く持つというのは決して悪いことではありませんが恋愛において大切なことはいかに自分と相性が良いかという点であり、あまりにも条件を優先すると良い出会いも見逃してしまうでしょう。

十代の少女であれば理想通りの王子様を夢見るというのも自然なことですが20代30代と年齢が上がれば現実の男性を受け入れることも大事になってきます。

理想を絵にかいたような男性や条件通りの男性なんて現実にはなかなかいませんし、またそういった条件が揃っている相手を必ずしも好きになるとは限りません。

大人になるということは妥協を知るということでもあるので、別に嫌いな相手とお付き合いしたり結婚を考える必要はありませんが、色々な可能性を考え広い視野で男性の良いところを探してみるというのは幸せな結婚を手に入れるためにも必要なことでしょう。

特に「もっと良い男性がどこかにいるんじゃないか・・・」という考えは危険信号ですよ。もっとカッコいい人、もっとお金持ちの人、という高望みを始めるとキリがないので止めましょう。

自分に自信がありモテ意識のある女性

実は世の中で結婚適齢期を逃している女性というのは意外にも容姿の整った美人が多いのです。

モテそうなのに何故!?と思うでしょうがこのモテ意識というものが曲者であり、自分に自信がありモテ意識の強い女性は「自分はこんなに美人なんだから妥協する必要はない!」とか「年齢を重ねても容姿が美しいのだから市場価値は高いはず!」などと考えてしまいがちなのです。

余裕があると思っている分婚活や恋愛にも必死にはなりませんし、自分には能力があるという自負があるので男性を見下したり結婚を軽視している女性も少なくありません。

しかし実際には男性は40代の美女よりも20代の普通の女の子との結婚を望むものなので知らず知らずのうちに自分の市場価値が下がってしまっているという結果に陥るのです。

今までモテてきたのだからきっとこれからだって言い寄ってくる男はたくさんいる・・・そんな考えを持っていてはいつまで経っても結婚など出来ないでしょう。

若いうちはモテていたかもしれませんが美しさは永遠には続きませんし、また年齢が上がるにつれて男性側としても声が掛け辛くなるものです。

自分はモテるという自信のある女性でもあまりに高飛車になると婚期を逃す可能性があるので過去の栄光に囚われず「今の自分」「現実の自分」をしっかりと見据えるようにしましょう。