長年付き合っていたのに別れちゃった!結婚はタイミングが大事?

98
長年一緒にいるけれど今だに好きだしドキドキする、もうときめきは無いけれど居心地が最高!家族になるならこの人しかいない等、理由は何であれ「この人とずっと一緒にいたいな」と、感じることが出来ますか?

ずっと一緒と思っていた長い付き合いの彼には振られ、次に付き合った人とトントン拍子にゴールイン!…なんてことも少なくないのが現実です。

結婚はまだ意識していないけれど、こんな理由で何となくだらだら付き合っている人は要注意!自分の気持ちを確認してみましょう。

  • 今更、他の人と一からやり直すのはちょっと面倒
  • 嫌いな訳ではないけれど、好きかと言われたら微妙
  • 別れる理由が特に無いから続いている
  • 付き合いが長いので、友人や親も知っていて別れにくくなっている
  • 長く付き合っているので結婚しなくてはもったいないと思っている


もう待てない!プロポーズは女からの時代!

shutterstock_633232593

世間では、結婚適齢期は24歳前後と言われてきましたが、女性の高学歴化や社会進出によって30歳前後に変わってきました。結婚した色んなカップルに聞いたところ、一生を添い遂げたいという究極の告白は、昔のように男性からだけではなく、女性側からの逆プロポーズが主流になってきています。

女性が結婚を急ぐ理由

838
誰だって、愛する男性から求婚されたいし、ロマンチックな最高のシチュエーションでプロポーズされるのを夢見ています。しかし、現実はそうも言っていられないようです。

仲の良い友達が皆結婚していく

よく遊んでいた友達が、30歳を境にどんどん結婚して家庭を持っていきます。一方で、まだ遊んでいられるしいいよね!と、仕事に趣味に独身を楽しむ女性も珍しくありません。

しかし、30歳前後になると急に、遊ぶ友達がいなくなり、気づけば周りは既婚か婚約中。女性は友達と気持ちや環境を共有したい特性がありますから、皆と違う自分に気付いた時に、「アレ?彼氏すらいないのはヤバいかな?」と焦ってくるようです。

母親が自分と比べて急かしてくる

母親世代は、自分が娘時代の結婚適齢期と比べます。特に娘の年齢が、自分が子供を産んだ歳を越してしまった場合、「お母さんは、もうあんたの歳には妹も産んでいたのよ」と焦らせます。いえ、母親自身も自分の娘は大丈夫なのかと焦ってきます。

また、実家に帰るたびに、「あんたと仲良くしていた●●ちゃん、結婚したんだって」「▲▲さん、出産で里帰りしていたよ」と同級生の近況を報告しながら、「結婚はまだ?」と急かしてくることで、実家に帰りにくくなることもあるようです。

出産から逆算して考える

例えば大学卒で就職した場合、22歳で就職し、ちょうど仕事で1人前に働ける2~3年目には25歳前後です。まだまだ余裕と思うかもしれませんが、そうも言っていられません。

結婚適齢期は30歳前後と世間の認識は変わったものの、1つ変わらない適齢期があります。そう、出産です。30歳で1人は子供を産みたい場合、10カ月おなかに子供がいることを考えると29歳で妊娠していないといけません。

結婚してすぐに子供が出来るか分からないし、1年くらいは2人きりの生活を楽しみたい…そうなると、27前後には結婚をしていることが必要になります。

つい最近出会った人と結婚する訳にもいきませんので、27前後で結婚する為にはそこから更に1年~2年前から付き合っている彼氏が必要でしょう。

このように、女性は自分の人生プランを考えたときに逆算し、このままでは間に合わない!と自覚して結婚をしようと急ぐようになるようです。

男性が結婚を急がない理由

676
一方、男性はというと女性ほどうるさく言われないせいかあまり焦ってはいないようです。もちろん、漠然と30歳前後で結婚しようかなと考えているようですが、女性のように逆算や、必要な貯金の積立はしていない男性がほとんどです。

独身の方が男友達とたくさん遊べる

自分で稼いでいるお金なのに、お小遣い制に門限。なんだか結婚って窮屈なことばかり。そういう風に思っている男性は多いようです。好きな時に、好きなだけ遊べて自由な独身生活を満足している人は、今はまだいいやと今を楽しみたくて仕方ありません。

仕事にやりがいを感じているし、忙しい

30代前後の男性というのは丁度、働き盛りとして大活躍する時です。出世が近い人もいるでしょうし、色々な仕事を任されて、やりがいを感じる人もいるでしょう。

そうなると、恋人がいなくても寂しいとか、癒されたいとか思う暇もなくなり充実している今を大切にしたいと思ってしまいます。

経済力に自信がない

この不景気の時代に生きていくのは大変なこと。毎月の家賃、水道光熱費、交際費、食費…自分1人の生活でも大変なのにこの給料で家族を養っていくことに自信が持てず、まだしばらくはいいやと思ってしまう人もいるようです。

彼女が仕事を持っていても、妊娠・出産で彼女が仕事を辞めた場合、子供を含めた3人分を養う自信は無いと感じ、先延ばしにする人もいるようです。

このように、同じ30代前後でも、男性と女性の考えには差があります。女性も焦ってばかりではなく色々な不安や自信が無いところもあります。

でもそれならば「1年でいくらためて、結婚式をしよう!」と具体的な目標を立てないと女性の気持は落ち着きません。

何となく「いつかは結婚したいね」「まだ金が無いし、もうしばらく待って」と言われても、それは一体いつになるのよ?と詰め寄りたくなってしまうものなのです。

男性が結婚したくなるタイミングとは?

shutterstock_606241710
では、男性が結婚したくなるタイミングとはどのような時なのでしょうか。結婚を焦らない理由と同様に、「友達」「仕事」の環境は大きく影響します。

皆が家庭を持ってしまった

家庭を持った男性は、奥さんや子育てのサポートがありますから、毎日気の向いたときに急にふらっと飲みに行くことができません。何となく、遊べる相手がいなくなったときに、「俺もそろそろ落ち着こうかな」と思うようです。

仕事が一段落ついた

忙しかった仕事が一段落し、気持ちが落ち着いたところで、そろそろ結婚を前提に彼女が欲しいと考えるようです。仕事で成功したから、次は恋愛でと思うようです。また、出世することで地位や昇給を目の当たりにし、これなら家族を養える!と自信を持てるようになる男性も出てきます。

誰かの結婚式で感動した

意外にも、雰囲気に流されやすい男性も多いです。幸せそうな2人を見たり、自分も祝福されたくなったり、家族が欲しくなったときに、俺もそろそろ…と羨ましくなるようです。

自分だけでは結婚したいと思ったことはなくても、仲の良い友人や知人から結婚の幸せや、そろそろ次はお前の番か?等、第3者から言われることによって意識しはじめるパターンも多く存在します。

その時には冗談で流していても、1人になって考えた時、そろそろプロポーズしようかなと考えるきっかけになるようです。

結婚について向き合い意見を出し合う

決めている
男女差や、年齢差、環境の差で結婚への考え方が違うことは仕方ありません。実際に、結婚はゴールではなくスタートなので、焦ってすれば良いという訳でもありません。

しかし、自分は何故「今」結婚をしたいのか。何故自分は「もう少し」待ってほしいのか。長年付き合ったカップルならお互いの意見を相手が納得する形で話しあうのが一番でしょう。

全く同じ状況のカップルでさえ、「あの時、急かされて焦ったけど結果オーライ!今は幸せです」となるか、「あの時、結婚していれば…」「あの時、結婚を断っていたら…」となるかは本人達次第の為、どれが正解なのかは分かりません。

結婚は新生活のスタートに過ぎません。それを支える2人の関係性が出来あがっているかどうか、きちんと確かめて判断するために話し合いが必要です。お互いに意見を言い合い、尊重するその姿勢で家庭を築けるかどうかで最終的に感じる気持ちは変わってくるのではないでしょうか。

結婚にはタイミングが必要!

shutterstock_892382618
長く付き合っていく中で、同じ時期に結婚をしたいと考えた。長く付き合っていく中で、結婚を意識したのにしたい時期がバラバラだった。二人とも意識していたのに仕事であまり会えなくなった…理由は色々あるでしょうが、結婚にはタイミングも必要です。

これだけ色々な、タイミングがずれる理由があるのにも関わらず、タイミングがぴったり同じ時に重なり合うということは、「この人と結婚して」という何かのサインかもしれません。

また、お互い結婚したいタイミングが合わなくても大丈夫。これを機会に話し合い、意見をすり合わせてみれば良いのです。そう、今は「結婚について向き合うタイミング」なのかもしれません。

もし、考えた末に別れることや、距離を置くことになったとしても、悪いことばかりではありません。長年の情から離れて生活し、考えることは大切なことです。

一度離れることで、相手の必要性が分かる時もありますし、やはり結婚はしないで良かったと思う場合もあるでしょう。また、結婚はしたいけれど彼以外に考えられないからずっと待っていると再決心する人もいるでしょう。

いずれにしても「結婚を機に考えるタイミング」を見逃さなかった時、あなたのこれまでの付き合いは決して無駄にはなりません。自分が納得できるように自分はどうしたいのか考えるのです。

あなたは何故、結婚したいのですか?

shutterstock_121s710403
彼とのタイミングがうまくいかないとき、良く考えてみてください。何故、自分は結婚したいのかを。それは本当に愛情ですか?それとも長く付き合ったからという執着ですか?

タイミングが良い場合は後押しされて、タイミングが悪くてもそれは何故かを考えて、うまく利用しながら婚活の波に乗って行きましょう!